恋愛したくないなんて嘘。今の時代恋愛のリスクがすごいのよ。仕方ないわ。第1回

▲他3件のストーリー
恋愛したくないなんて嘘。今の時代恋愛のリスクがすごいのよ。仕方ないわ。第1回
▼他14件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年から急に増えてきたお客様からのリクエストがある。

それは、

お客様
本名をふせてお見合いをお願いできませんでしょうか

である。


心の声
はぁ?何を言ってるの?お見合いはお互いの情報交換が前提で始まるでしょっ!名乗らないでするなんてあり得ないっ!!


と断っていた。

しかし、ある時私のこの回答に対して食い下がる女性が現れたのだ。


20代後半の小柄で清楚な雰囲気の女性だった。

本名を出すと、男性が出会う前に困ったことをしてきます。


なに?出会う前に困ったことって…????


うちの結婚相談所では通常連絡先の交換は行わない。日時と場所をこちらで調整をして双方にそれぞれ連絡をするという形をとっている。

つまり、待合せをしている段階では、お互いの連絡先は知らないはずだ。一体そんな男性が何をしてくると言うのだ。

出会う前に何かするってどういうことなんでしょうか?
Facebookの友達申請をしてくるんです。


あー!!!そうかっ!!!男性がお相手の名前をFacebookの中で検索しているのだ。そこで女性を見つけて、友達申請をしているということかっ!!



たいていの人はFacebookを友達限定公開にしている。これは、Facebookフレンドになった人だけしか基本的にはFacebookを見られない設定である。彼女も友達限定公開だ。つまり相手の友達申請を受けるということは、自分のFacebookを見てもいいと言っていることを意味する。逆に、Facebook申請は、「お見合い前に君のFacebookをのぞかせてくれないかな?」という意味になる。

その男性の姿勢に抵抗があるというのだ。


それに、Facebookフレンドになってしまうと、『◯◯さんと友達になりました』と私のFacebookフレンドに伝わってしまう場合があります。『あれ、新しい男なのかな?』なんて思われるのはさらに嫌です。


なるほど、Facebookの友達申請って、友達限定公開で使っている人にとってはものすごく重たい選択を迫られるということなのか!婚活の情報が簡単に漏れてしまう危険性もあるのだ。

8月10日に出版が決まりました「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(大西明美著、かんき出版)

Amazonでのページも出来まして、いよいよ船出ですm(_ _)mm(_ _)m

http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

ただのフェイスブック友達申請をそんなに深刻に考える人が多いのですね。でも、婚活を秘密にしたい人にとっては、他にばらしたくない訳で。う~ん。私はオープンに明るく婚活するのが一番な気がします。”現在旦那募集中で~す。”みたいな。

そうなんですよねー。一般公開設定の私には、なかなか衝撃的なエピソードです。続きが4回までありますが、どうぞまた続けて読んでくださると嬉しいです。ダンナ募集中いいですねっ★

結婚という目的を達成する為には、余計な見栄やプライドは不要ですよね。結婚を望んでいることを周りにアピールすることで、出会いの確率は格段にアップするでしょう。知り合いのおばちゃんが誰か紹介してくれるかもしれないし。周囲の男性も誘いやすいと思います。続編を待っています。

ああ、確率論!!!そうなんです。婚活は全然恥ずかしいことではないですから。まさに仰るとおりで、結婚に本気っ!っていうことが周りに伝わるだけで、今まで無関心だった男性が意識してくれたりなどというチャンスもあるんですよねー!!

たくさんの方に読んでもらえてとても嬉しいです。これからも楽しい記事を書けるように頑張りますので、よろしくお願いします。

大西 明美

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。著書は「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(かんき出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973 公式サイト http://akemiohnishi.ciao.jp/ 過去20年で延

大西 明美さんが次に書こうと思っていること

|

婚活のタグがついたストーリー

最愛の人を見つけた人。その確率の72億分の1を信じて、イギリスで婚活をしている話

お見合いパーティは入口3秒で結果が決まっている件 2

中国大陸で知ったことは、自分が何も失いたくないと思うときには、好きな人と結婚は出来ないということ。後半

親と同居している女性たちが知らない間に高望みをしているのは何故か。後半

親と同居している女性たちが知らない間に高望みをしているのは何故か。

どうして帰国子女の婚活が難しくなってしまうのか。(特にアラフォー帰国子女の婚活・・・) 後半

どうして帰国子女の婚活が難しくなってしまうのか。(特にアラフォー帰国子女の婚活・・・)

バリバリ働いて結婚する女と結婚しない女のちがい

「あなたといても、ドキドキ出来ない、安心してしまう、マンネリっぽくて嫌」と二人の人にふられたことがあるのですが、この女心は何なんでしょう。一人は1年以上交際した人で当時20代半ば、もう一人は5年以上交際した当時40代前半のシングルマザーです。ご教授&解説願えれば・・・・→お答えします。(お客様からのリクエストです★)

送ったらうざいメッセージ、うざくないメッセージ 後編

送ったらうざいメッセージ、うざくないメッセージ

割り勘をやめさせる女は、手土産の極意とタイミングを知っている 後編

割り勘をやめさせる女は、手土産の極意とタイミングを知っている

話題が全部尋問。自分の条件に合うのか取り調べするんじゃないっ!ー出会いの機会大損害の巻ー

自己嫌悪の女には悪い男しか近寄らない。

大西 明美

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。著書は「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(かんき出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973 公式サイト http://akemiohnishi.ciao.jp/ 過去20年で延

大西 明美

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。著書は「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(かんき出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973 公式サイト http://akemiohnishi.ciao.jp/ 過去20年で延

大西 明美さんの他のストーリー

  • 結婚相談所をスタートさせて、初めて大泣きした夜 第3回

  • 大西 明美さんの読んでよかったストーリー

  • アスペルガー症候群の僕が社会に過剰適応した話7