嫌いだった自分探しの旅 第4話 社会人になって

このエントリーをはてなブックマークに追加
81

その後就職し、社会人になってからも、自分探しの旅を始めたおかげで旅は続けています。

海外を旅したことはもともとほとんどなかったのですが、今年はゴールデンウィークにキューバに行き、未だ残る社会主義を肌で感じてきました。


途中どうしても宿がとれなかったので、近くにあったマンションに飛び込んで、知らない人の家に泊めてもらったのですが、そこで出会った方はキューバで長く軍人をされた方で、まったく違う生き方に非常に刺激を受けました。


昨年と今年は、世界で一番クレイジーだと言われている、アメリカの砂漠で1週間行われているアートフェス「バーニングマン」に参加してきました。

東京都と同じくらいの大きさの砂漠のど真ん中で7万人がみんなクレイジーな格好をしてクレイジーな行動を取る中で、アメリカのとにかく人生をなんとしてでも楽しもうという価値観を見てきました。

バーニングマンでは、4階建ての櫓を砂漠のど真ん中に建てているクールガイと出会いました。

彼は普段はGoogleで働く凄腕エンジニアらしいのですが、砂漠では櫓の最上階にハンモックをつけてゆっくり寝ていました。

なんでこんなの作ったの?
クールガイ
君さ、高い場所で寝るって、楽しいと思わない?
たしかに楽しいとは思うけど


クールガイ
じゃあなぜ君はやらないんだい?



がつん、とやられた気分でした。


自分は真剣に人生を楽しむために努力してるだろうか、もっと人生を楽しめないだろうか?そんなことをとても考えさせられ、

この歳になっても、まだまだ知りたいことはたくさんあるなぁと実感しています。


「自分探しの旅」とは本質的に、「非日常を通じて、自分の生き方を振り返る」なんだと考えています。


そう考えると、別に遠出するだけが旅でもないです。ある意味、「普段買わない雑誌を買う」そんな体験からでも、非日常を通じて自分の生き方を考えさせられるポイントはあるかもしれません。


どんな形でも良いので、明日からでも非日常を体験してみませんでしょうか。

「一歩踏み出す勇気」は人生に刺激と、自分の生き方の糧になる経験を与えてくれることでしょう。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

自分探しのつもりはなかったけど、昔から旅が好きで、今や日本や世界のいろんな方の、いろんな旅をサポートする仕事についてます。そしてお休みには旅にでちゃいます。自分を見つめるのに、仕事の旅も、自分の旅も、良いもんだなーと思います。その理由のひとつに、自分探し(見直し)もあるんだな、と読んで気づきました♪すてきな旅記録を読めて良かったです。

Since I was student in Public High School at the Centre of Tokyo, Chiyoda-ku where I was born in 1950 after WarII, I used to travel many provinces in Japan by Train and since 1971 to Studied England Birmingham at Leeds University with Mousely International College and France, Monaco, Spain, Germany, Sweden... Except for South America, Russia until now, Travels gave me the positive life in future at endless. Where I must die ?? under God ^__^ I am pure Japanese. My father was Army Doctor during WarII for Indonesia, Singapore, Malaysia, Thailand, Myanmar, India to fight against UK Army. Maybe, I have Travel DNA from Father. Now, I am a special alternative Dr. Scientist in WHO medical Society for global healing mission. God used to guide my missionary life step by step by Travel Spirits. Therefore, I can not stay to live in Japan of too small world. Satoru Mimura (Tory nick name)

井原 真吾

人生楽しくなってまいりました。 IT系のお仕事。大企業ながら、オフショアシステム開発拠点の立ち上げから、フロントエンドの開発、サーバーの保守、飛び込み営業、コールセンター立ち上げ、プロモーション、アライアンスなどなど、たくさんの仕事をやらせていただきました。現在はToB系のデータ分析ディレクション

井原 真吾さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

第二回:沖縄の人(沖縄に移住するおはなし)

あなたの人生は誰のもの?(2)~病気になってごめんなさい~

占いを実行して、占いの意味を知る 【そして、多くの人へ】

占いを実行して、占いの意味を知る 【出会い】

カースト制度とその内側

アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話

『0点なんて最高じゃん!』何でも遊びにすることで、高3の半年で偏差値が31から75まで上がってしまった話 ~顔が輝かないようでは実力は発揮できないよ~

入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

インドに一人旅しても価値観が変わらなかった話

17年前にタイムトリップ。社員7名だった楽天の三木谷会長は当時、何を語っていたのか。(その1)

とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。(終章)

一回り年下のアメリカ人と、電撃国際結婚しちゃいました。

ここが変だよ日本企業

手が届きそうな範疇内で、一番苦手そうなデザインをやってみようと思ったわけ

井原 真吾

人生楽しくなってまいりました。 IT系のお仕事。大企業ながら、オフショアシステム開発拠点の立ち上げから、フロントエンドの開発、サーバーの保守、飛び込み営業、コールセンター立ち上げ、プロモーション、アライアンスなどなど、たくさんの仕事をやらせていただきました。現在はToB系のデータ分析ディレクション

井原 真吾

人生楽しくなってまいりました。 IT系のお仕事。大企業ながら、オフショアシステム開発拠点の立ち上げから、フロントエンドの開発、サーバーの保守、飛び込み営業、コールセンター立ち上げ、プロモーション、アライアンスなどなど、たくさんの仕事をやらせていただきました。現在はToB系のデータ分析ディレクション

井原 真吾さんの他のストーリー

  • 嫌いだった自分探しの旅 第4話 社会人になって