女友達は、自分のパートナー以上のスペックの男性は決して紹介をしない

このエントリーをはてなブックマークに追加

 婚活を最初に始める時、ほとんどの人が考えるのは、「どこで婚活を始めるのか」ということである。結婚相談所を使うのか、インターネット婚活をするのか。それとも2013年頃から急速に人気が高まったSNSの出会い系アプリを使うのか。お見合いパーティに行っていきなり出会うのか。

 しかし、本当は「どこで」よりも考えなければいけないことがある。それは、「どのぐらいの頻度で」出会うのかということだ。ここで、注意をしなければいけないのは、「どういう人と出会うのか」ということは後で考えるということだ。何故かと言うと、どういう人という条件は、出会っていくうちにほとんどの人が変わる。

 だから、まずたくさんの人にどうやって出会うのかを考え、それらの出会いの中で、自分が結婚で譲れない条件を発見するのが一番効率的な婚活方法なのだ。

  

 私の場合は、再び独身となった2008年7月からひよこさんと出会う2009年9月までの1年ちょっとが婚活期間となる。この間に出会った男性の数は11名だ。そのうちの3名と2ヶ月から3ヶ月お付き合いをしているので、実質の婚活は6ヶ月ぐらいだ。


 6ヶ月で11名にあっているので、一ヶ月に2人ぐらいのペースで会っていた計算になる。正直、これぐらいのペースが一番婚活疲れをしない。


 会って断ったり断られたりした後、次の週はリフレッシュする。元気になってまた次の週に出会う。私にとって、自分を追い込みそうになったら休み、だらけそうになったら会うというちょうどよいペースだった。

 

 出会い方は2通りだ。1つは、男性から直接声をかけられること。特に、私の場合はSNSやブログで書いたものを読んだ男性からのアプローチが多かった。自分のことを開示するということは、それだけで出会いの機会を作る。最終的には、この出会い方で結婚をした。

 もう1つは、友達の紹介。私は初めての友達の紹介で友達を失ってしまった。その痛い教訓を元にして、友達の紹介を受ける時のルールを自分で作った。


1. 友達の紹介はどんなに悪条件でも受ける

2. 相手が断わるまで、自分は断らない。


どちらも、友達のメンツをつぶさないようにするため、「贅沢なやつだ」と思われないようにするためだ。


読者の方
ええっ、そんなことして自分はその気がないのに相手が夢中になったらどうするの?


と思われるかもしれない。


でも、現実問題そんなことは起こらないだろうと私は踏んだ。

まず、バツイチで会社経営をしていて言いたいことをハッキリ言うような女をそんな簡単に男性は好きにならない。


結婚前の26歳の時ならば、自分で言うのもなんだけれども、愛想が良くすこしおとなしい可愛らしい女性だった。ところが4年半の年月で、自分で事業をする楽しみを覚え、気も強くなり、30歳も超えて可愛い感じではなく、いかつい大阪のおばちゃん化してしまった。ダイエットしたとは言え、26歳当時より5キロは増えたまんまだし。


案の定、私が断らなくても、男性のほうから断ってきた。可愛げのない仕事が大好きな気の強いバツイチ30女とは無理!というのがおおかたの男性の意見だった。


しかし、あるひとつの疑問がわいた。

私に男性を紹介してくれる友人は、しっかりとした職場で務めるOLさんたちだった。だとすれば、職場にも独身の同僚がいるはずだ。


しかし、彼女が紹介してくれるのは、職場の会社員ではない。同じ職場は職場でも、派遣社員、契約社員、中にはハローワーク通いの人たちもいた。

私は、自分が仕事で稼ぐ自信があったので、男性の年収は全く問わなかった。

男性が稼がないことに不安がないと言えばそれは嘘になる。


しかし、男性に稼ぎがないよりも、自分がやりたい仕事ややりたいことができなくなる不自由のほうが嫌だった。やりたいことが出来ないぐらいならば無職の男性と結婚して、家のことをやってもらうのでもいいかと思っていた。


だから、

無職でも、ハゲでも、デブでも私は会います!


と宣言をしていた。

中には本当に無職でハゲでデブを紹介されたこともあった。全部揃っている人を紹介してくれと言った覚えはないのに。


それにしてもちゃんとしたお勤めをしている友人たちが、職業が不安定な人しか私に紹介しないことに不自然を感じていた。


ある時、勇気を出して、友人に質問をした。

私は、男性の年収とか経歴は問わないけれども、全員職業が不安定なのはどうしてなの
お友達
えっ?明美ちゃんもしかして不満だった?
ううん、専業主婦になれっていう人じゃないからいいんだけれども。
お友達
それだったらいいじゃない。
うん、まあそうなんだけれどね。


…結局核心に触れられないままその場は終わった。

しかし、まもなく友人は、職場の人との結婚が決まり、私は結婚式の2次会に出席した。

 職場結婚のため、彼女の職場の同僚達がたくさん参加をしていた。しかも理系のため男性が圧倒的に多い。

 

うわー、こんなに同世代からちょい年上世代の男性がいっぱいいるんだー!


と心を弾ませた。

しかし、この中の人たちはみんな既婚者なのかなぁ。独身者がいたらきっと友達も紹介してくれていただろうし。でも、私はバツイチだからなぁ。友達もバツイチの私をこんな立派な職業に就いている未婚の男性に紹介しづらかったという理由もあったかもしれない。気を使わせちゃったかもしれないなぁ



と、色々思い巡らせながら、パーティは進んだ。


突然アナウンスが流れた。

2次会の司会者
独身者の方のブーケトスのコーナーです。今からお名前をお呼びする人は、前に来て、ブーケの好きなリボンを引っ張って下さい。



んんん?なになになに?独身者の公開処刑かっ。

次々と名前が呼ばれる。


みんな恥ずかしそうに、モジモジしながらリボンを手に持っている。

そして、私の名前が呼ばれた。


へっ?!あ、そうか私もバツイチだけど独身だからいいのか。


ということで、リボンを持つ。

それでは、同時に引っ張りましょう!1、2の3−!

見事に私のリボンはハズレだった。


ただ、独身だと公開処刑されて終わった。ガックシ。


トボトボ帰っていたら、同世代風の男性に声をかけられた。

2次会参加の男性
明美ちゃんって君か〜。キャラが立っていていいよねー!
はぁ?なんのことですかぁ?


話に聞くところによると、私の友達が、

親友が自分で会社をやって海外に行ったりして活躍している


と自慢していたらしい。そして私のSNSの日記なども見せていたのだという。

色々大変なことがあってもひたむきに頑張っている明美ちゃんのファンになったよ。紹介してくれって頼んだんだけれども、なかなか紹介してもらえなくてさ。
へっ?はっ???…あの、あなたは独身なんですか?
何言ってるの?独身じゃないのにどうして紹介して欲しいって言うのさ?
えっとそうですよねー。あっ、私がバツイチってご存じですか?
知ってるよ〜。バツイチってSNSの日記にも書いてるじゃん。


なになに?いったいどういうこと?!!!


そんなこんなで頭が混乱しているところに、新郎が現れた。

新郎
明美さん、今日は来てくれてありがとうございますっ。妻から面白いお話はたくさん聞いていますよ〜。
いえいえ、幸せにしてあげてくださいね〜


と新郎に話をした時、衝撃的なことを知った。


さきほど、私を紹介してほしいと言った独身男性は、新郎の上司だったことが判明したのだ。しかも、年齢は殆ど変わらないけれども、明らかに新郎よりも仕事も出来て、出世も早そうな雰囲気だった。


これですべての点と点が結びついた。

彼女は、友達(私です)が自分で会社をやって頑張っていることを自慢して日記を職場の人になんらかの機会があって見せた。そこに、自分の彼氏よりも仕事が出来る男性が「この子を紹介しろ」と言ってきた。

 しかし、友人は紹介をしなかった。自分の彼氏よりもスペックが上になるからだ。それが気に入らなかったのだっ!!!


結婚相談所を始めてから、女性が、自分のパートナーよりも高スペックの男性を友達に紹介をしないのは常識レベルの話であることを知った。女は自分のパートナーのスペックでも見えないところで競い合っているのだ。


だから、もし少しでもスペックの高い人と結婚したいという野心があるならば、友達の紹介だけを当てにする婚活はしてはいけない。友達のパートナーのスペック以下の男性しか紹介されないからだ。


でも、個人的にはやっぱりスペックにこだわるのは非常に馬鹿らしいことのように思う。株と同じでいつ会社が倒産するか、リストラされるか、それとも人間関係や仕事に追い詰められて病気になって倒れるかわからないからである。


むしろ、ハゲたり太ったり無職になったとしてもこの人を愛せるか、この人を支えられるのかということを考えて男性を選んだほうが、どんな困難でも2人で支えあって乗り越えられる結婚生活になる。


まあ、私は仕事がバリバリできる男性を支えるより、自分が自由に仕事が出来る方がいい。もしかしたら、友達は私のそういう気持ちを理解したからこそ、高スペックの職場の男性を敢えて紹介しなかったのかもしれない、と今でも思いたい!!女子の友情は永遠に不滅(とまではやっぱり思えないのであった。)


現在、プレジデント社で連載をしております。デキる男と結婚するために必要なことを書いております。私が現場で経験したことを凝縮して連載しておりますので、よかったらどうぞっ!

http://woman.president.jp/articles/-/735






読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

女友達の紹介は隠れた婚活あるあるですw

はじめまして。大西さんの記事、どれも大変示唆に富んでいて、面白いです。

この記事も衝撃的です。私、何度か女友達が間に入って女性の紹介を受けたことがありますが、それって、私は女友達の旦那よりレベルが低い、って思われてたってことですよね。

実際そうなのかもしれないですけど、複雑な気分ですね。ちなみに、私、まだ独身の43歳です。(笑)

大西 明美

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。著書は「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(かんき出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973 公式サイト http://akemiohnishi.ciao.jp/ 過去20年で延

大西 明美さんが次に書こうと思っていること

|

結婚コンサルタントのタグがついたストーリー

お見合いパーティは入口3秒で結果が決まっている件 2

お見合いパーティは入口3秒で結果が決まっている件

中国大陸で知ったことは、自分が何も失いたくないと思うときには、好きな人と結婚は出来ないということ。後半

中国大陸で知ったことは、自分が何も失いたくないと思うときには、好きな人と結婚は出来ないということ。

親と同居している女性たちが知らない間に高望みをしているのは何故か。後半

親と同居している女性たちが知らない間に高望みをしているのは何故か。

どうして帰国子女の婚活が難しくなってしまうのか。(特にアラフォー帰国子女の婚活・・・) 後半

どうして帰国子女の婚活が難しくなってしまうのか。(特にアラフォー帰国子女の婚活・・・)

バリバリ働いて結婚する女と結婚しない女のちがい

「あなたといても、ドキドキ出来ない、安心してしまう、マンネリっぽくて嫌」と二人の人にふられたことがあるのですが、この女心は何なんでしょう。一人は1年以上交際した人で当時20代半ば、もう一人は5年以上交際した当時40代前半のシングルマザーです。ご教授&解説願えれば・・・・→お答えします。(お客様からのリクエストです★)

送ったらうざいメッセージ、うざくないメッセージ 後編

送ったらうざいメッセージ、うざくないメッセージ

割り勘をやめさせる女は、手土産の極意とタイミングを知っている 後編

割り勘をやめさせる女は、手土産の極意とタイミングを知っている

話題が全部尋問。自分の条件に合うのか取り調べするんじゃないっ!ー出会いの機会大損害の巻ー

大西 明美

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。著書は「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(かんき出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973 公式サイト http://akemiohnishi.ciao.jp/ 過去20年で延

大西 明美

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。著書は「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(かんき出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973 公式サイト http://akemiohnishi.ciao.jp/ 過去20年で延

大西 明美さんの他のストーリー

  • 大事にされたい女の婚活が長くなるメカニズム 第3回

  • 大西 明美さんの読んでよかったストーリー

  • 送ったらうざいメッセージ、うざくないメッセージ