友達家族~親が子供になる~ 第六夜

このエントリーをはてなブックマークに追加
15

心は体に影響する

私は昔からコツコツと働くことは好きなんです。

学生時代はたくさんの種類のバイトをしました。
工場などで物を作ったり、ガラス清掃などコツコツと同じことを繰り返すのも苦になりません。
接客業も好きでウエイトレスや販売員など人に喜んでもらえることがとっても嬉しかったんです。

昔は祖母の家がお店をしてたので、私も店番などして接客するのが好きでした♪
ドアが開く音がすると飛んでいくくらい、道端であっても遠くから名前を呼んじゃう位、お客さんや人をもてなしたり、喜ばせたりするのが好きだったようで、元気と笑顔が私の取柄でした。

だけどすっかり人間嫌いになっていた私が、昔と同じ様に接客業に戻って仕事をしても中々上手くいきません。

その当時の私はすっかり心を閉ざしてしまい、自分の友達とも連絡取らなくなってたのに、全く知らない他人に心からの笑顔が向けられる訳がないんです。

今ならそう思えますが、その頃はそんな事には全く気付かずにただただ与えられた仕事をこなす為に商品を売っていました。

こんな状態じゃ誰だって私から商品を買おうとしませんよね…
だから案の定なかなか買ってもらえずにいろんな失敗をしながら試行錯誤していました。

それなのに、ここは私とは合わないんじゃないか…
そう思ってはやめて、別の仕事を探してもやっぱり目に付くのは接客業
少しずつ自分自身の合う仕事を見つけて自信を取り戻していこうとしていました。

そんな風に自分に必死だったから、子供たちのことにはなかなか目が行き届いていませんでした。

この頃、子供たちはまだ保育園時代
子供たちは勝手に2人で遊ぶように言って、私はいつも仕事のことやこれからの自分のこと、自分が成長していくためのことばかり考えていました。

だからこの頃は余り子供たちの記憶がないほどです。

夜、布団を2人で寝かせ始めたのもこの頃

「ママは一緒に寝ないの?」

そう言って寂しそうにしてたのに、無理やり2人で寝かしてました。

まだまだ本当は甘えたい時期だったのに、今思えば可哀想なことをしました。
それでも2人で寄り添い、先に死んでしまう親の私としては、ひとりで生きられるように早く育てたくっちゃと必死だった気がします。

だからこそ、仕事もちゃんと身に着けて、もっと稼ぎたい!もっと出来るようになりたい!
そういった思いが強かったような気がします。

だけど自分の心をだまそうとしていた私は自分の体に悩まされることになります。

それは病気です。
自分が思うように体が動けなくなってしまったんです。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(1)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

私が今死んでない理由

【母の日を前に】母の日が母の命日。15年の歳月に想う4つのこと

僕は車椅子に乗っている。ただ、それだけのこと。~幸せになるための〇〇~

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

②『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その2(シングルから再婚へ)

①『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その1(シングルになった経緯)

50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。そのゼロ回

殺したいほど憎かった酒乱の親父が言っていた「〇〇になるなよ」という言葉が生きる力になっている話

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

インドに一人旅しても価値観が変わらなかった話

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

飲食業勤め最後の一年。

月見里 悠季さんの他のストーリー

  • 友達家族~親が子供になる~ 第七夜

  • 月見里 悠季さんの読んでよかったストーリー

  • 年収3億円の美人女子大生メンターの教え