友達家族~親が子供になる~ 第七夜

11

自分の体なのに自分の意志ではどうする事も出来ない

20代後半とはいえ、ぎっくり腰になってしまいました。
『保育園の運動会で子供をおんぶして歩いてください。』
そう言われたからお兄ちゃんをおんぶしたのですが、帰る頃になりいきなり亜脱臼ですよ。

責任を感じたのか、お兄ちゃんは私に謝り続けます。

ママ、ごめんね。
まだ痛い?

私は「大丈夫だよ!」
と、痛みをこらえながらもいうしかありませんよね。

ちょうど運動会を一緒に見に来てくれていた母に付き添われ、翌日病院に行きましたがもらったのは痛み止めとシップのみ…それ以外はどうする事も出来ないので、様子を見ることに…。

そっからが、まぁ~長く大変だったこと。

痛くて部屋の中をハイハイでしか歩けない私
ちい兄ちゃんには「ママ、赤ちゃんみたい」と笑われる始末。

トイレに行っても、ちゃんと座れない。
顔を洗おうとすると水がすべて体にかかるし…

そんな調子なので、家事もできずすべて母任せ

そんな日が3か月もかかりました。
改めて体が痛みなく動けるようになった時には、本当に健康って第一なんだと動ける喜びを感じたほどでした。

私が痛みで動けない間…
お兄ちゃんの七五三がありましたが参加できず、両親に任せっぱなし
クリスマスも痛みと戦ってたので、見かねた両親が大きなツリーを見せに外に連れて行ってくれました。

その時に父がお兄ちゃんから言われたそうです。


おじいちゃん、ママが大変だからおばあちゃんちょうだい。

せっかくキラキラした大きなツリーがあるのに楽しまないでそんなに私のことを考えてくれてたんだ。
「ママが早く治りますように…」って
ツリーに願い事を言ってる姿を見て父は涙が出そうになったよ、と話してくれました。

よっぽど子供心ながら自分のせいで私が痛がってると思ったんでしょうね。
…いや、実際はそうだったのですが、それでもそんなに自分を責めなくてもいいのにって思いました。

自分の体は痛い思いをしましたが、この事をきっかけに子供に目を向けるようになったのかもしれません。

子供は愛情の塊です。
どんな母親のことでも好きでいてくれる、とっても尊い存在なんだと改めて思った出来事でした。

読んでよかった
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

40歳独女。会社を辞めて女一人 大型バイクで旅に出たら...

 文部科学省選定ドラマ「愛を乞うひと」を観て感じたこと

障害があっても好きな事で生きていけるって証明したい!画家本人がファンを募るという前代未聞のファンクラブを開設してみた

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

メンタルコントロールによって12kg痩せた記録 【part1】

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

全国でたった20人しかいない字幕翻訳者になることを決めた、12歳の私へ

「俺は早稲田、お前は獨協」そこから始まるNYの投資銀行マンへの道

大切な人を大切にする唯一の法則

息子が20万人に一人と言われる難病と闘った話。たった9か月間の3人家族だった。

女子大生が新卒でデリヘルのスタッフになった話(前編)

【色覚異常の話】周りの人達には、どうやら虹が虹色に見えるらしい。

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

偏差値30台から、4年浪人して獣医学科に入学した話 最終回 まとめと覚えるこつ

ご老人を元気づけたいと、老人福祉施設でボランティアをしたら、逆に自分の方が元気を貰った話

月見里 悠季さんの他のストーリー

  • 友達家族~親が子供になる~ 第八夜

  • 月見里 悠季さんの読んでよかったストーリー

  • 体重25キロのガイコツになって、死にかけた話(1)