友達家族~親が子供になる~ 第七夜

このエントリーをはてなブックマークに追加
12

自分の体なのに自分の意志ではどうする事も出来ない

20代後半とはいえ、ぎっくり腰になってしまいました。
『保育園の運動会で子供をおんぶして歩いてください。』
そう言われたからお兄ちゃんをおんぶしたのですが、帰る頃になりいきなり亜脱臼ですよ。

責任を感じたのか、お兄ちゃんは私に謝り続けます。

ママ、ごめんね。
まだ痛い?

私は「大丈夫だよ!」
と、痛みをこらえながらもいうしかありませんよね。

ちょうど運動会を一緒に見に来てくれていた母に付き添われ、翌日病院に行きましたがもらったのは痛み止めとシップのみ…それ以外はどうする事も出来ないので、様子を見ることに…。

そっからが、まぁ~長く大変だったこと。

痛くて部屋の中をハイハイでしか歩けない私
ちい兄ちゃんには「ママ、赤ちゃんみたい」と笑われる始末。

トイレに行っても、ちゃんと座れない。
顔を洗おうとすると水がすべて体にかかるし…

そんな調子なので、家事もできずすべて母任せ

そんな日が3か月もかかりました。
改めて体が痛みなく動けるようになった時には、本当に健康って第一なんだと動ける喜びを感じたほどでした。

私が痛みで動けない間…
お兄ちゃんの七五三がありましたが参加できず、両親に任せっぱなし
クリスマスも痛みと戦ってたので、見かねた両親が大きなツリーを見せに外に連れて行ってくれました。

その時に父がお兄ちゃんから言われたそうです。


おじいちゃん、ママが大変だからおばあちゃんちょうだい。

せっかくキラキラした大きなツリーがあるのに楽しまないでそんなに私のことを考えてくれてたんだ。
「ママが早く治りますように…」って
ツリーに願い事を言ってる姿を見て父は涙が出そうになったよ、と話してくれました。

よっぽど子供心ながら自分のせいで私が痛がってると思ったんでしょうね。
…いや、実際はそうだったのですが、それでもそんなに自分を責めなくてもいいのにって思いました。

自分の体は痛い思いをしましたが、この事をきっかけに子供に目を向けるようになったのかもしれません。

子供は愛情の塊です。
どんな母親のことでも好きでいてくれる、とっても尊い存在なんだと改めて思った出来事でした。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出⑥(ラスト)

フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出⑤

4度目の受験に失敗した男が、脇道を猛進して彫刻家になり、20年後に悟ったこと。”人生はこれで〇〇〇〇。”

母を憎み子供の頃から自殺未遂を繰り返す鬱病の私が赦しの機会を得、一生モノと思った鬱病を克服。母を愛し尊敬できるようになるまでの話

「お腹の子は、無脳児でした。」最終話 ~妊娠498日の約束~

大切な人を大切にする唯一の法則

ちょうど1年前に余命12ヶ月宣告を受けた話。粗筋

俺が詐欺師に騙された話…しかも海外で(後編)

俺が財閥の家庭教師だったときの話(終)

バカ女子高生だった私が、東大に受かった次の日、「バカだと思ってた」と言われた話。

17年前に語られていた楽天の成長プランと競争戦略。三木谷会長インタビュー。(その2)

”たった2つの感情”で引きこもりのキモオタ童貞が、日本でトップの難関大学、東京大学に合格。さらにカワイイ彼女まで作ることができた話

霊視で前世は〇〇な人と言われ、ネットで探してみたら実在しててギョっとした話

離婚前に駆け落ちしちゃった☆テヘペロ 完結編

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

月見里 悠季さんの他のストーリー

  • 友達家族~親が子供になる~ 第五夜 

  • 月見里 悠季さんの読んでよかったストーリー

  • 年収3億円の美人女子大生メンターの教え