13年間続けたバイオリンを辞めた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオリンを初めて触ったのは6歳の時だった。

どうして習い始めたのかは正直覚えていない。
でも母が言うには、どうやら私は隣に済んでいた3つ上のお姉ちゃんに憧れてバイオリンを始めたらしい。
「お姉ちゃんみたいなの弾きたい!」と母に向かって言ったそうだ。

母がピアノの講師だったということもあり、私は「ピアノもしっかりと練習する」という条件付きでバイオリンを習い始めた。
レッスンは週に1回。隣のお姉ちゃんと同じ先生に習った。
「もーちゃん天才だね」
そんなことを普通に言ってくるような、優しい先生だった。
恥ずかしがりやな私は、そう言われるたびにいつも黙りこくっていたのを今でも覚えている。
(天才じゃない…)
と、いつもしかめっ面をしていた私はきっとあまり可愛くない子供だったと思う。
それでも先生はいつも笑いながら「もーちゃん音綺麗だね」と褒めてくれた。

正直、13年間私は熱心な生徒ではなかった。

練習は週に1〜2回、レッスンの直前にやるぐらいだったし、クラシック音楽よりもずっとJ-POPの方が好きだった。
変な話だが、小さい頃からの母の音楽の影響で瞬間的な譜読み能力と絶対音感は無駄にあったため、練習不足はそこまで大きな問題ではなかったのだ。
いつもいつもある程度それっぽく弾けていた。
もちろん先生もそれには当たり前のように気づいていた訳だが、中学生になっても高校生になっても、「もーちゃんはやっぱり天才だね」と笑っていた。
そしてそんな先生につられるように家族も「やっぱりともちゃんは天才だね」と私のことを褒めちぎっていた。
結局、私は最後まで素直に「ありがとう」と言わなかったと思う。

高3の夏、私はバイオリンを辞めることを決意した。

高校生になった時から漠然と考えていた「辞める」という選択肢。
理由は3つ程あったが、家族や先生、友達には「来年から大学生になって忙しくなるから」という理由しか伝えなかった。
いわゆる対外的な理由というやつだ。
そんな理由、本当は後付けでしかなかった。

13年間言われ続けたことば。

私がバイオリンを辞めた本当の理由。
それはある2人に13年間言われ続けてきた言葉がきっかけだった。

1人は先生…  「もーちゃんは天才だね」

小さい頃からこのことばがひどく嫌いだった。
なぜって、私は天才じゃないから。
週1〜2回の練習で大した努力もせずに、いかにもそれっぽく弾いてしまう私のどこが天才なのか。
しかももっとたちが悪かったのが、先生がからかいではなくわりと本気でこのことばを言っていたということだ。
高校生になる頃には「ともちゃんプロ目指しなよ」とまで言い出していた。
なるわけがないし、なれるわけがない。
言われるたびに、自分の「努力が出来ない性格」を突きつけられているようで、すごく嫌だった。
なんとなく出来てしまうような子は一見多彩に見えるかもしれないが、よく見れば抜きに出て誇れるものを持っていなかったりするのだ。
少なくとも私はそういう子だったから、そう、つまり私はバイオリンを辞めることでこのことばから逃げたのだ。

もう1人はおばあちゃん… 「辞めないよね、もったいないもの」

このことばに最初に違和感を抱き始めたのは高校に入学した頃のことだったと思う。
「”もったいない”って…何が??」
という疑問が頭にこびりついて離れなくなってしまったのだ。
バイオリンに限らず、ピアノでも公文でも弓でも、会う大人たちは皆私に「もったいないから続けなさい」と言ってきた。
正直意味が分からなかった。
自分が心から好きでいないものを続けることに意義などあるのだろうか。
積み重ねてきた年月はそんなに「もったいない」のだろうか。
辞めた瞬間、その年月はどこかへ消え去ってしまうものなのだろうか。
私には全く分からなかったし、家族にもその問いを執拗に投げかけることをしなかった。
なぜなら問いかけたところでいつも決まって「だってもう10年以上やってるんだよ?」としか返ってこなかったからだ。
私が聞きたいのはそんなことばじゃなかった。

自分がやりたいことを続けられる人になりたい…!

私は結局、高校を卒業すると同時にバイオリンを辞めた。
先生は少しだけ寂しそうな顔をしながら「またいつでもおいでね」と言ってくれた。
あれからちょうど1年程経ったが、あのとき下した「バイオリンを辞める」という決断を後悔したことはない。
バイオリンの練習、レッスンに当てていた時間分、今の私は少しだけ自由になった。
そして幸運なことに、この1年たらずで「映像」や「手紙」という本当に好きなものに出逢うことができた。
これが私にとっての本当に好きなものか確証はないし、もしかしたら5年やそこらで違うものを好きになってしまうかもしれない。
それでも、今の私は自分の好きなことを好きなだけやっているし、自分の力不足を痛感して「悔しさ」だって確かに感じてる。
バイオリンをやっていた13年間でほとんど感じることのできなかったものをこの経った1年で少しばかりでも得ることができたのだ。

これからどうなっていくのかなんて分からないし、まだ自分が一生かけて好きでいられるものはこれだという自信も根拠もない。
でも、なんとなく、なんとなくだが、このまま進んでいけば、私が小さい頃からずっと憧れていた「本当に好きなものを本気で続けていける人」になれる気がしているのだ。
さて、それは10年後なのか、はたまた50年後なのか。
なんだかちょっとだけ楽しみだ。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

すごい面白かったです。私もゆっくり探して行きたいです。

溝部さん
ありがとうございます。お恥ずかしい限りですが、そう言っていただけると嬉しいです。

泣きました。

いつかバイオリンに助けられますよ。

私はバイオリンを演奏できること、楽器を演奏できることが素晴らしいことだと思っていたので…私はあなたの才能が羨ましいです。

特別な努力をしなくても楽器を演奏できることが、あなたの特別な才能であったのですが…その重大さや凄さにあなたが気が付いていないことが私には驚きで…あなたは自分の特別な才能に自分で蓋をしてしまっていて…私は悲しいと思ってしまいました。

「誰かのために演奏すること」や「聴いてくれる人が涙を流して感動してくれるような、聴いただけで幸せになれるような美しい楽器の音色」の大切さに、あなたに気が付いてもらいたいと思いました。

あなたのバイオリンの音色が綺麗だと、先生が褒めていたそうですが…美しい楽器の音色を聴いて、悩み苦しんでいた人が、死にかけていた心が、生きる勇気が湧いて来たり…心が癒されたり…。

楽器を演奏するということ、演奏できるということは、
「誰かの命を助ける力がある」のです。

あなたのバイオリンの音色も…「誰かを幸せにする力」がある音色だったのでしょう…。

バイオリンの練習を続けてきた13年間を振り返って
あなた自身が、「バイオリンを続ける意味を見いだせなかったこと」で あなた自身が悩み、苦しみ、あなたは、「バイオリンを辞める」という決断に至って…。

「好きなことを本気で続けていける人」になりたいと思っていること、 今のあなたの思いはとても大切な思いです。

今のあなたには、私の言葉は届かないかもしれませんが…。

どうか、「楽器を演奏できる人」は、「人の心を、命を救う力」がある「素晴らしい人」であるということを…。

どうか 忘れないでいてください。

自分自身が人から褒められるとやる気が出る、割と単純な子供だった事もあり、今でも子供は褒めて伸ばすのが一番だと思っています。ただ、褒め方については慎重に考えるべきなのかもしれないと思いました。子供時代の習い事は、ある程度の年齢(中学生くらい)になったら、継続するか辞めるかは子供に選択させるべきですね。

廣川 ともよ

慶應義塾SFC4年。 写真と文章を書くのが趣味。時々ブログも書いてます。http://tomoyo1994.blogspot.jp

廣川 ともよさんが次に書こうと思っていること

|

廣川 ともよ

慶應義塾SFC4年。 写真と文章を書くのが趣味。時々ブログも書いてます。http://tomoyo1994.blogspot.jp

廣川 ともよ

慶應義塾SFC4年。 写真と文章を書くのが趣味。時々ブログも書いてます。http://tomoyo1994.blogspot.jp

廣川 ともよさんの他のストーリー

  • 私が自分の左手を好きになった話。

  • 廣川 ともよさんの読んでよかったストーリー

  • 3.11 in London