人生

このストーリーは永田 拓也さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

永田 拓也

大学1年生の19歳です。 常に何かを考えて、毎日必死で生きています。 また、3月にパパになります。

永田 拓也さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

元偏差値38の就活全敗が世界8位の大学院に留学して感じたこと。そして伝えたいこと。

散々おごってもらった友達に「お返し」をした時に言われた言葉がシビれた話。

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート15【最終話】

これまでの人生で貧乏揺すりが1番激しい先生が当時小学4年生の僕をおんぶして助けてくれた話

第9話 コップの水はどれくらい入っている?【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

第8話 人生を変えた1つの質問【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

休学の負の部分を知った話

4歳の頃のある夜に『6つの輝く光』と遭遇してしまったショックで『地球のために何かしたい!』と動き始めた人生。その光の正体と、地球を癒す活動の日々。

第3話 絶対見てはいけないもの。【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

「黒い下着」はセクシーか。誰も知らない実際のこと。

まだ一回も婦人科検診を受けたことがない20代女性がいたら是非読んで欲しい、卵巣手術した時のお話。

「時間を持つ生き方」ゲーム会社で4年働いた後、23歳で大学生になった

[ビリギャル]学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話

永田 拓也

大学1年生の19歳です。 常に何かを考えて、毎日必死で生きています。 また、3月にパパになります。

永田 拓也

大学1年生の19歳です。 常に何かを考えて、毎日必死で生きています。 また、3月にパパになります。

永田 拓也さんの他のストーリー

  • 学生パパ

  • 永田 拓也さんの読んでよかったストーリー

  • 小中高いずれも不登校を経験しつつも大学入学して元気にすごしてる躁鬱系女子の転換期の話