パーカーを恨んだ話

内弁慶を炸裂させていた小学校5年生ぐらいの僕は、同居している祖母にキレながら訴えた。
「パーカーがほしい!」
同級生が着ているフード付き(当時は「フード」という言葉を知らないので、「帽子」と呼んでいた)の服が欲しくて仕方がないから買ってきて欲しいとせがんだ。
普段は服がほしいなんてまったく言わない僕も第二次性徴の時期にさしかかり、そういう事を考えたようだ。
家は貧乏だったから、そんなに自由になるお金は無い。困ったねぇと笑うおばあさんはその場では首を縦に振らなかったけど、一週間ほど経ったある日、ニコニコしながらデパートの袋を差し出してきた。
パーカーだった。深く濃い青に白いヒモのパーカー。
すごくすごく喜んで、毎日着た。今はどこに行ったかわからないけど、当時は本当にうれしかった。そのパーカーを着ている時の自分はモテていると錯覚してしまうほど、心底惚れ込んでいた。
この話が切なくなるのは、後日そのパーカーが3万5千円もしたという話を聞いた後だった。おばあさんはパーカーなるものがそもそもわからなかったから、デパートの店員の勧めるがままに、高価なパーカーを買ってきていたのだった。
店員を恨んだし、パーカーを恨んだ。どうして僕の周りでは貧乏風がいつも吹いているのだろう?僕は自分自身の運命のようなものを恨んだ。
けれど、無知によって高価な商品を掴まされてしまったおばあさんのことは、まったく恨んでいない。おばあさんの周りに吹いている貧乏風はパーカーのフードですくい集めて、すべて僕が引き受けようと考えている。
読んでよかった
このストーリーをブログ等で紹介する

玉樹 真一郎

任天堂を退社して独立、青森県八戸市にUターン「わかる事務所」を設立。企画コンサルティング・アプリ開発・執筆などしてます。ハード・ソフト・サービスにこだわらない企画・開発の経験を生かして、地域と世界の役に立てたらなーって思ってます。

玉樹 真一郎さんが次に書こうと思っていること

|

キイタハナシのタグがついたストーリー

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

IT企業が総出で本気で、一人の女性の誕生日を祝ったらこうなった

人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ⑦ 【最終回】

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった話⑤(番外編)

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話④

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話③

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話②

今まで出会った本当に怖い女の人の話

ものわすれた話

覚悟を決めて行動し始めた途端。 あなたの成功ストーリーは動き始める。

【3】痛みと温度が同居した日 ~決意の瞬間~

【1】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに~

【2】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに想像した世界~

iPhoneアプリ作成講座受講記録 5回目 やっとブラウザが完成!

玉樹 真一郎

任天堂を退社して独立、青森県八戸市にUターン「わかる事務所」を設立。企画コンサルティング・アプリ開発・執筆などしてます。ハード・ソフト・サービスにこだわらない企画・開発の経験を生かして、地域と世界の役に立てたらなーって思ってます。

玉樹 真一郎

任天堂を退社して独立、青森県八戸市にUターン「わかる事務所」を設立。企画コンサルティング・アプリ開発・執筆などしてます。ハード・ソフト・サービスにこだわらない企画・開発の経験を生かして、地域と世界の役に立てたらなーって思ってます。

玉樹 真一郎さんの他のストーリー

  • 世界一運動神経が悪いウンコの踏み方の話

  • 玉樹 真一郎さんの読んでよかったストーリー

  • STORYS.JPの中心には、いつも人がいる。