【読書の夏。現実逃避の夏】

高3の夏休み。周りの95%、いや99%以上はおそらく夏期講習に行っていたのではないでしょうか。そんな中で私が取った選択肢は…親に頭を下げることでした。


「今から勉強してもどうせ間に合わない。だからこの夏は好きに過ごすわ。というわけで浪人させてください。」

いやぁ…これがもし自分に子供がいてこんな発言をしたらどう対処していたのだろうと(笑)どれだけ甘え根性の子供なのかと我ながら恥ずかしくなります。穴があったら入りたい…


でも、母親は何も言わなかったです。少なくとも小言を言われた記憶はありません。父親は元々教育に関心ゼロですので論外です。


さて、そうと決まったらどう夏休みを満喫するか?とはいえ遊び相手は誰もいません。皆お勉強中ですから。そこで友達として「本」を引っ張り出しました。読書の夏です。


漫画好きではありましたが、積極的に読書をするタイプではなかった自分。ただ、母親が本好きということもあり家には司馬遼太郎と松本清張の文庫本が大量にありました。

自分
これを片っ端から読んでみるか!

半分は現実逃避です。しかし、本気で読書をしてみようと思ったのも事実です。自宅で読書はもちろんですが、時には自転車を漕いで海へ行き、日差しを浴びながらの読書などもしていました。


読みだすと止まらないのが本です。あの夏だけで何十冊読んだのだろうと。人生で一番本に触れた時期だったと思います。


一見受験勉強とは無関係な現実逃避の読書。しかし、何が受験に役立つかはわかったものではありません。最近よく耳にする「偏差値○○から奇跡の…」というような、メイクミラクルのお話には全くつながりませんが、後々活きてきたことだけは間違いありません。





読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

らいなぁ / Hiroyuki Yamaguchi

人生横浜育ちの専業主夫兼たまーに物書き https://www.facebook.com/LINER0905/ ☆ベイスターズ/プロレス/相撲/どうでしょう藩士/深夜アニメ/酒/煙草etc イラスト:つばめとさくらhttp://www.tsubametosaku

らいなぁ / Hiroyuki Yamaguchiさんが次に書こうと思っていること

|

自分が考える事・自分についてのタグがついたストーリー

口下手で八方美人だった私が、「思いを伝える力」をつけるまで その8

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その7

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その6

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その5

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その4

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その3

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その2

口下手で八方美人だった私が、「思いを伝える力」をつけるまで その1

バチェラージャパンVol.1終了。

"ローストビーフ油そば"からみる「表面心理」と「深層心理」

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

らいなぁ / Hiroyuki Yamaguchi

人生横浜育ちの専業主夫兼たまーに物書き https://www.facebook.com/LINER0905/ ☆ベイスターズ/プロレス/相撲/どうでしょう藩士/深夜アニメ/酒/煙草etc イラスト:つばめとさくらhttp://www.tsubametosaku

らいなぁ / Hiroyuki Yamaguchi

人生横浜育ちの専業主夫兼たまーに物書き https://www.facebook.com/LINER0905/ ☆ベイスターズ/プロレス/相撲/どうでしょう藩士/深夜アニメ/酒/煙草etc イラスト:つばめとさくらhttp://www.tsubametosaku

らいなぁさんの他のストーリー

  • FURIKAERI episode 00 ~はじめに~

  • らいなぁさんの読んでよかったストーリー

  • 【第31話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。