水泳で日本一になったが五輪に行けなかった男が水泳の情報サイトを始めた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

去年の8月にスタートした個人ブログだったはずの「swim media」。実は当初、自分がやっているとも言っておらず、サイト上にも記載していませんでした。



よほど情報が足りなかったのか、Facebookで非常にたくさんシェアして頂けて、PVも順調に伸びてきています。


もともと何となく感じていましたが、何よりも凄いのがマスターズスイマーの方々の熱血っぷり。

SNSでガンガン来る訳ですよ、質問が



でもその分、自分が役に立てているなぁと感じれて。

だからこそ楽しい、嬉しい。


そんなこんなで最近は現役時代の先輩や友人や後輩、その他色んな方に声かけてもらってお会いする機会が増えてきました。


大抵聞かれるのが、


熱血先輩
ネタ考えるの大変じゃない?
とてもきれいな先輩
記事書くの面倒なんじゃないの?
とにかくあかるい同期
儲からないっしょ?なんでやってんの?

まぁね、ぶっちゃけ大変ですよ

毎日3記事(時折さぼっているw)ですから。好きじゃなきゃやってられません。笑


とはいいつつ実は僕の中では熱い想いがあって、最初は恥ずかしくて言ってませんでした。

とある時にお酒が進んでしまい、つい語っていたら


カメラな先輩
それ!絶対みんなに話したほうが良い!!

と。そんなこんなで、書くことになったのが、このStory。

スイムメディアをかきながら、空いた時間を使ってつらつらと書いていきたいと思います。


swim mediaの原点


何でswim mediaを立ち上げたのか。

それを説明するには、自分の2つの体験を語らなければなりません。


1.後輩の苦しみ


自分が大学3年生の頃、当時高校生だった自分の後輩が大学に進学し水泳を続けるかどうかで悩んでいました

その理由は、「お金」。



彼には母親しかいませんでした。言わずもがな、彼は裕福な家庭ではありませんでした。

大学の水泳選手というと、週に10回も練習すると言う狂った連中です。


月月火火水木木金金土


学校に行く前に泳ぎ、学校に行き(真面目な生徒はw)、帰ってきてからまた泳ぐ。

そんな毎日。


当然のことながらバイトなんて出来る訳もありません。

長期の休みは合宿か遠征でどこかに行っています。


彼は、センスがある素晴らしい選手でした。


そんな選手が「お金」の問題で水泳を続けるかを悩んでいるんです。

学費だけでなく、普段の生活費や水泳の強化費なども多額にかかります。


自分には、何もサポートが出来ない。

とてももどかしい気持ちになったのを今でも覚えています。


結果として彼は水泳を続ける決断をする事ができました。

が、このとき自分はスポーツ業界の現状に対して、物凄く憤りを感じました。




2.熱心すぎるマスターズスイマー

マスターズスイマーの方々の大半は非常に研究熱心です。

それはもうアスリートも見習った方が良いのではないかという位。


映像も見るし、本も読むし、レッスンにも出る。

けれどもどこでどう間違ったのか、誤った練習をしているスイマーがいます。


とあるとき、私はいつも通りプールで泳いでいました。

ターンをするときに横を見るとコースロープを持って沈んだままこちら側を見ているおばさまが一人。


何回か泳いでいても、ずーっとこちらを見ている。

途中休憩をしていると、すすっと近付いてきて声がかかってきます。


熱血おばさま
ちょっと、泳ぎを見て欲しいんだけれども・・・
(いやだなぁ・・・と思いつつ)
良いですよー

もう練習の大半が終わっていたので、快く引き受けると、おばさまがバタフライを泳ぎだします。

詳細は割愛しますが、とにかくパワフル。失礼ながら無駄にパワフル!


全身をのけぞらせて、くの字になりと、バッタンバッタン!


これを見て思ったことは、「いつか怪我するなぁ・・・」と。



とはいえ、いきなりあったおばさまにいきなりそんな事を言えるほど心臓に毛は生えていないので、さし障りの無いコメントをしました。


パワフルな泳ぎですね!!どこかで習ったんですか?
熱血おばさま
(自信満々に)
コーチに教わっているの!とにかくうねりが重要だといわれて練習しているのよ!どうかしら!?

まず思った事は、顔が近い


あ、関係ないですね。

うねりというレベルを超えています。バッタンバッタンですよ。水しぶきも凄いし。


コーチがいるのではということで、あまり強くは言わなかったものの、20分ほど簡単な指導をしていきました。


そのコーチについて聞いてみると、どうやらジムにいる方のよう。

残念ながらジムにいる方で泳ぎが綺麗な方ってなかなかいないんですよね。


何故なら水泳選手では無かったから

指導と泳ぐ能力はイコールではありませんが、多くの方が指導経験豊富という訳ではないので当然あまり指導が出来ない訳ではないです。


まぁ大多数とは言いませんが、おそらくこのバタフライを教えていると言う事は、水泳や身体の構造についてしっかりと理解していないということがわかります。


あのままの泳ぎだったら腰を痛めるんだろうなぁ思いました。とまぁ、その後お会いしていないので、怪我をしたのかどうかは分かりません。怪我されてないことを祈るばかりですが。



少し長くなりましたが、原点としてはこの二つになります。


・「水泳選手がお金を稼げない事」

・「マスターズスイマーが間違った練習をしていること」


五輪に行けなくて・・・


そんな思いを持っていたものの、自分自身もアスリートでしたから特に活動も出来ず、水泳を続けていました。

自分のアスリートとしての最後レースとなったロンドンオリンピック選考会



結果は6位。オリンピック出場の夢はかなう事がありませんでした。

この時、自分は悲しかったのですが、泣きませんでした。


悲しいんです。けれども涙が出てこない。

あー、頑張ったけどやりきったなー

こんな感じ。


色んな人から優しい声をかけてもらっていたのですが、その中でとある友人が電話をしてきてくれて、その中で

友人
泣いたっていいんだよ!悔しいなら!
俺らの前で無理なんかしないでいいんだよ!!(怒)
いや、悔しいけど涙とか出ないんだよー。
喪失感っていうのかな・・・うん。


というやり取りに。何でか知らないけれども相手がヒートアップ!!

友人
いやいや、泣かないなんておかしいだろ!
何十年もやってきて、お前、変だぞ!!


と。

何で頑張ったのに怒られるんだと思いますよね。


僕もヒートアップしてきて、

俺だってコーチや家族をオリンピックに連れていきたかったよ!!!

と叫び・・・たかったんですが叫べませんでした。




何故なら途中で号泣したから


実際には、

俺だって、コーぢぁが★※■□▼※※・・・・

こんな感じ。


その瞬間、自分が自分になにが起きているか分からないんですよね。

今まで全く泣いていなかったのに急に涙が出る。


水泳は自分の為にやっていたと思っていた。結果を出す事が喜びだと、自分がオリンピックに行ける事が喜びだと思っていました。


自己中だと思っていたし、それでこそ個人競技だと思っていました。


けれども、涙が出たのは、コーチや家族を連れていきたかったという感情があふれ出た時でした。

電話を切って、落ち着いて考えてみると、実は自分の幸せって、自分が何かを努力した結果、誰かが喜んでくれる幸せになってくれることが幸せなんだと気がついたのです。


物凄い衝撃でした。



自分が捉えていた自分というものが崩れてしまうような感覚。

正直な所、受け入れたくないという感情も渦巻いていました。


この時に全てを受け入れられた訳ではないですが、自分の幸せとは、自分がどう結果を出したかではなく、他人が喜んでくれる事が幸せなんだと言う事に気がつく事ができました。


swim media誕生

僕はいわゆる意識高い系男子だったので、引退してから会社役員と会社員をやりながら、様々なことにチャレンジしてきました。

並行輸入やLINEスタンプの企画、アプリの企画からアフィリエイトなどなど。


どれもそこそこの成功はするんです。小銭を稼げるくらいまでは。間違いなく誰かの役には立てている。

けれども全く、モチベーションがあがらない


そんな期間がずっと続いたとき、参加したスポーツ関係者の交流会。「ぼーだれすぽーつ」

ここで、運命の出会いを果たします。


Sports crowdの社長、荒川君と出会います。

Sports crowdは、スポーツ横断型のWEBメディアで、荒川君は、陸上をやっていたため、陸上などを中心にトレーニング情報をまとめているサイトです。


そこでピンときた僕は、

これ、水泳版ある!?
荒川くん
いや、ないよー
じゃあ、これの水泳板やっていい!?
荒川くん
うん、いいよー
一緒にスポーツで面白いことやろー

と。心の広いお言葉を頂きました。


そこから約3日間くらい夜はひたすらにサイトをガンガン作りまくって、1個人のブログとしてスタートさせました。

これが「swim media」誕生の瞬間です。


やっぱり水泳が好きだ

swim mediaを始めてから、SNSの広がりが予想以上のスピードで広がっていきました。

いろんな人が、シェア、コメント、いいねをくださる。


当初は日々3記事を悩みながら長時間かけて書いたり、SNSのコメントがたくさんあって、返信に困ったりして、物凄い時間が取られていました。


けれども、楽しい。感謝が物凄く嬉しい。

その他のビジネスでも感謝されます、でも嬉しさが段違い。


なんでかなぁ、と思って自分を紐解いてみてわかったことがひとつ。

僕の幸せは、誰かが幸せになってこれること、といいました。けれども、これは間違いでした。


僕の幸せは、自分の近くの人が幸せになってくれること、でした。

並行輸入で、商品を届けた後に、ありがとうございますと言われるのと、スイマーに練習方法を教えた後のありがとうございますと、段違い。


まぁ、結果として、自己中でした。自分は。

どこかの世界の貧困国ではなく、とにかく、自分が大好きな水泳界の人たちのために、何が出来るかを常に考えてこれからも活動していきたいと思います!!


読んで頂きありがとうございました!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

40から水泳始め20年。。名の通ったコーチに週1教わっています。
グループレッスンで20代~60代(←私)の受講生の中で常に落ちこぼれてアップアップ。始終どこか痛く故障も度々ですが、牛歩の歩みながら上手くなってる気がして続けています。
このサイトがあるお陰で、コーチに何を言われたのか、ドーすれば克服できるか納得できるような気がしています。
大変でしょうけれどドーゾお続けくださいますように(ง •̀_•́)ง‼

小坂選手、やっぱり熱いですね!
小坂選手にとっては、妙典での私たちのようなオジサン・オバサンは面倒くさいだろうけど、小坂選手達の練習や大会などを見て(もっと前のO順子さんや亮くんたちの頃からですが)私も水泳熱が高じて、今ではプール専属の指導員として頑張ってます!オッサンも熱いんですよ(^^;)
もし可能なら、ウチのプールで【リアルswim media】をやってもらいたい位です!
これからも水泳熱、燃やし続けて下さい(^^)/

Norimiさん
コメントありがとうございます。
凄いですね、かなり練習されているんですね!
何か少しでもヒントになるようこれからも頑張っていきますので、こちらこそどうぞよろしくお願いいたします!

Takanoさん
コメントありがとうございます。
なんと!水泳の指導員!凄いですね!!そこまで熱があるとは・・・
リアルswim mediaもいつかはやりたいと思っているので、その時には是非ご協力お願いします!!

小坂 悠真

始めましてこんにちわ。 泳ぐビジネスアスリートこと小坂悠真です。 株式会社ルピナス取締役 プレゼント選びはこちら http://lupihapi.com/mall/html/ ブログやってます。 http://gift-surprise.com/ 経歴 インターハイ2連覇 国民体育大会優勝

小坂 悠真さんが次に書こうと思っていること

|

◯◯を始めたキッカケのタグがついたストーリー

流川は天狗?? 真正〇茎でもいいじゃないか!

立ち直った26歳②

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その2~リバウンドは突然に

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その1~ブクブク・ポッチャリ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。序章

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(1)押し寄せる危機感

支配人Tの本気。どんどんドンペリ♪

Episode2 新生流川! 同伴なんてへっちゃら

ベルリンで会社登記のプロセス

第167章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

疲れない身体を手に入れませんか?

小坂 悠真

始めましてこんにちわ。 泳ぐビジネスアスリートこと小坂悠真です。 株式会社ルピナス取締役 プレゼント選びはこちら http://lupihapi.com/mall/html/ ブログやってます。 http://gift-surprise.com/ 経歴 インターハイ2連覇 国民体育大会優勝

小坂 悠真

始めましてこんにちわ。 泳ぐビジネスアスリートこと小坂悠真です。 株式会社ルピナス取締役 プレゼント選びはこちら http://lupihapi.com/mall/html/ ブログやってます。 http://gift-surprise.com/ 経歴 インターハイ2連覇 国民体育大会優勝

小坂 悠真さんの他のストーリー

  • 水泳でオリンピックに行けなかったが日本一にはなれた男の話。その1