アメリカ大学院全額免除で留学、雇用で永住権取得。カリフォルニアで公務員。だめんずと結婚してかなりかわいそうな生活を送っている筋肉女子の話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

在米20年超えました~。

ついこの間のように感じますが、約20年前、当時新卒で就職した企業を辞め、ペンシルバニアの片田舎の大学院に留学してからずっとアメリカに住んでいます。

思えばずっと楽なほう、おいしいほうに転がって生きてきました。そして今、結構な試練にさらされています。まだ問題は解決しておらず現在進行中・・・ですが、ここまでの経緯を記録したいと思います。

バブル期に大学生だった私は、バブルが終わる直前にほいほいと就職。今みたいに、エントリーシートとか、すばらしい志望動機を用意しなくてもOKだった時代。内定した学生を拘束するために旅行に連れて行ってくれたような時代です。私も連れて行かれましたよ、大磯ロングビーチとか(笑)

入社してすぐに、「あ、無理」と気づきます。同期の数は70人くらいだったでしょうか、皆さん超一流大学出身者です。女子は4名。私もそこそこの大学を出たとは思いますが、東大とか京大とか一ツ橋とかにはやっぱり気後れする。会社のヒエラルキーで一番下、ということをすぐに実感させられます。

さらに、私は適性がなかった。会社はぜんぜん悪くないです。ひたすら、私に適性がなかった。もうだめだ~と思っている時に、アメリカの大学院に通いながら、現地の学校で日本語を教えるプログラムを発見します。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

自慢かよ。つまんね

コメントありがとうございます。この後読んでいくと、自慢じゃないのが分かってもらえるかも。人生で起きることって、過去の間違った判断とか、適当に下した決断とかの結果なんだな、若いころがんばらないとだめだな、っていう反省ですw

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satokoさんが次に書こうと思っていること

|

アメリカ留学のタグがついたストーリー

第0章 はじめに ■■★■■ 定員割れ高校で偏差値45以下の私が、17歳の高校1年留学で人生が変わり、10年後にニューヨークでバリバリキャリアウーマンで働いている話。

第1章 留学したい。(当時15歳) ■■★■■ 定員割れ高校で偏差値45以下の私が、17歳の高校1年留学で人生が変わり、10年後にニューヨークでバリバリキャリアウーマンで働いている話。

OPT、H-1bそして雇用ベースの永住権まで

アメリカ大学院全額免除で留学、雇用で永住権取得。カリフォルニアで公務員。だめんずと結婚してかなりかわいそうな生活を送っている筋肉女子の話。

学生に戻って、また社会人に戻るまで。

「人生のPlan B」って、何だろう?

偏差値39の女生徒が、半年後アメリカの大学生になるまでの道のり

日本の高校の数学で0点を取っていた私がアメリカのテキサス州に一年間留学した話【その0 留学するまで】

日本の高校の数学で0点を取っていた私がアメリカのテキサス州に一年間留学した話【その1留学始まり始まり〜】

会社員だった私が突然会社を辞めて、ただゴルフがしたい一心で渡米してプロゴルファーを目指した話 -① 宣言

大学新入生がシリコンバレーで『日本を救う起業家No1』メルカリ社長とのランチを1秒で断った1年後Progateで再会した話(番外編)

波乱万丈のアメリカ5年間生活を振り返る。

今思い出した。初海外はNYだった。

成績オール1の落ちこぼれが、たった3ヶ月で英語を話せるようになるまでの物語 第3話

成績オール1の落ちこぼれが、たった3ヶ月で英語をネイティブのように話せるようになった物語 完結編

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchiさんの他のストーリー

  • 一気に開いた日本へのドア

  • Nishiguchiさんの読んでよかったストーリー

  • 【第41話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと6話~