結婚してすぐに、夫のクレジットカードの借金が明るみに出ました。


このだめんず日系人とは、あまり交際期間がないまま結婚しました。これまで私が追いかける恋愛ばかり、しかも全員「君には僕は必要ないよね」と捨てられるパターンに疲弊していたんです。このだめんず日系人だけは、永住権に関しても「えー僕を使って!」「僕は、○○のファンクラブ会長(会員は彼だけ・・・)!」と、まーそれはそれは猛烈に、執拗に、私を追いかけてきたのです。執拗に追いかける、という点では今も変わらないかも(汗)。結婚して14年たちますが、今でも蹴っても蹴っても付いてくる子犬のようです。ま実際はただのおじさんなんだけどね。


結婚してすぐに、クレジットカードの借金が600万円くらいあることが明るみに。


ま、まじですか~!?


でも、独身があまりにも長かった私。財力はあります。一括で返し、クレジットカード会社よりも低い利率できっちり返していただきました。


前回の恋愛を参考に、私はこの男には尽くさないことに決めていました。大学時代5年付き合った彼も、前回4年同棲したハンガリー人も、私、尽くしたよね、で、失敗したよね?


というわけで、結婚14年ずっと女王様として君臨してきました。誤解がないように言い訳しますが、家事はちゃんとやってきました。

尽くさないけれど、家庭の出費はほぼ私が全部出していました。

じゃ、夫の給料はどこにいっていたか、って??

やつ(やつ呼ばわり)の提案で、結婚3年後くらいに他州に7件投資物件を買っていたんですよ~。そのやりくりは夫がやっていました。

結婚した翌年、さらにその3年後に子供が生まれます。上が男の子、下が女の子。どちらも結構小ぶりな、二人とも身長と体重がまったく同じ大きさで生まれてきました。


上の子は、生まれたときからやばかった。すぐになかないで、NICUに速攻連れて行かれてたからねぇ。結局通算おおげさでなく1000回以上吐くような子で、固形物が食べられるようになったのも、歩くようになったのも、生後23ヶ月たってから、です。


下の子は、生まれる前からやばかった。上の子とは違い、おなかの中でちゃんと動く子でした。上の子は、胎動ゼロ!!動かないやつだったのです。元気なのは分かったけど・・・生まれる前の超音波検査で、「水腎症です」と言われていました。医者からは、50%の確率で生まれてくるときに治ってるから、という話だったので、思い込みの激しい私は、「治ってるほうの50%だ」と勝手に思い込んでいました。


でも、生後1日目に病室を訪れた医者の顔が険しい。


何~!?嫌な予感。

医者
悪いニュースがあります。今朝赤ちゃんの超音波検査をしたら、片側だけでなく、両側水腎症であることが判明しました。
え?それは、どういうことですか?
医者
腎臓と膀胱をつなぐ管が生まれつき細くて、尿がうまく排泄できず、腎臓に逆流して、最終的には腎不全になる病気です。
両側の腎臓がだめだと、死にますよね。
医者
極端に言えばそうですが、そうなる前に手術します。手術は簡単なものです。傷も小さく残るだけです。

がーん。

結局その後、何週間か毎に、検査に通うことになりました。

私が勤めていた当時の会社は日系の会社。

通常、産後6週間までしか権利を守られていないアメリカ社会で、マタニティー3ヶ月、育休4ヶ月、合計7ヶ月のお休みをくれた会社に感謝です。日本と異なり、アメリカではいつから産休に入るか自分で決めることができ、私や他の同僚のように、産気づいて産むことになった日から産休に入ることも可能です。おかげで、まるまる7ヶ月子育てすることができた。

ま、二人目のときには「○○さん、これからはアメリカスタイルで、産休6週間にしましょ」と軽く言われて、「じゃ、今日でやめます、さようなら」と電話を切り、すぐに電話がかかってきて「分かった分かった7ヶ月で良いですよ」と無理やり言わせた経緯があります。後輩たち、私がここで折れていたら、あなたたちの産休は6週間になっていたのだよ、感謝しろよな~(笑)


上の子は、7ヶ月で預けて仕事に戻りました。

下の子は、どうしよう、6ヶ月たって、何度も何度も検査してもよくならないじゃん。仕事やめて、家にいたほうがいいのかな。


そして、7ヶ月直前、医者から「もう手術しましょう」と言われ、最終検査を行うことになりました。私はこのとき、すでに仕事をやめる覚悟をしていました。

でも、医者から驚きの言葉が。

医者
信じられないことですが、水腎症、両側とも痕跡がなくなっています。

おぉ~!!!こういうのを、世間では奇跡、というのだろうと思いました。

子供の問題はひとまずクリア。

しかし、会社が傾いていきます。

私の勤めていた会社は、日本で高校生にダイレクトメールを送り、説明会に誘い、留学したい人のお手伝いをするような会社でした。日本サイドには本部があって、アメリカ各地にオフィスがあり、多いときには1学年500人の新入生を送り出していたこともあります。


個人情報保護法が適用され、ダイレクトメールを送るための名簿が購入できなくなった頃から、会社の雲行きが怪しくなっていきます。

私は、古株だったこともあって、一応カリフォルニアのディレクターになっていました。ディレクターミーティングに出席すると、「あ、会社やばいの?」という瞬間があちこちに出てきます。

まず、人員削減。今まで対面で行っていたことを、外部に発注してコールセンターで対応させるようになった。そのトレーニングをさせられた。あ、これ、まずいな、と思った。

もう一つ、今まで対面で行ってきたことを、ウェブサイトでご覧ください、に変えた。ウェブサイトの内容も、お手伝いした。うわ、これ、まずいな、と思った。


ある日のディレクターミーティングで、今後の方針を話合っているときに、どこの地域の誰だか分からない、でも男性が

本物の馬鹿だな。


と、ぼそっと言った声を拾ってしまったことがあります。こ、怖いよ~!

最終的にはディレクターと数名だけを残す、という話もあり、あ、これはまずい、と思いました。

きれいごとのように聞こえるかもしれませんが、うちのオフィスの子が切られそうになったとき、彼女を残そうと思って、私が辞表を出しました。惜しまれました。でも、本音は、○○(私ね)に払っていた給料が浮いて、ほっとしていたんだと思います。代表とその奥様と電話で涙のお別れを言い、私はやめることになります。


教育関係の仕事だったので、取引先の大学がいくつか固定されています。

そこに、「これまでお世話になりました」とご挨拶をしました。

そこで、また棚からぼたもち、ひょうたんから駒、人生を変える出来事が起こります。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satokoさんが次に書こうと思っていること

|

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchiさんの他のストーリー

  • アメリカ大学院全額免除で留学、雇用で永住権取得。カリフォルニアで公務員。だめんずと結婚してかなりかわいそうな生活を送っている筋肉女子の話。

  • Nishiguchiさんの読んでよかったストーリー

  • 【第五話】『限界を探しに…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜