夫、いまだに無職&鬱

このエントリーをはてなブックマークに追加
143

週3回のグループセラピー、週一回のセラピー、そしてクラス


夫は、私が精神科に連れて行った翌週から週3回のグループセラピーと、週一回のセラピーに通い始めました。

2週間後くらいから、鬱のお薬も飲み始めました。

徐々にグループセラピーが週2回になり、そして週1回になり、最後には2015年末にグループセラピーを卒業してセラピストとのセッションだけになり、今に至っています。

すぐにパニックになり、すぐに切れ、大げさに騒ぐ・・・というのはぜんぜん変わっていません。私は、正直薬が合っていないのでは、とまで思っています。

そして・・・今でも無職w

前よりは、就職活動をして、面接にも行っています。でも、面接でもおそらくとんちんかんな受け答えをしているのでしょう、いまだ決まらず。面接に行って、この資格があればね、と言われたことを真に受けて、週に一度大学でクラスをとっています。まじですか?

その間、私は家計を一気に引き受け、姑が2015年10月に家を売って引っ越してきて、扶養家族がもう一人増えました。ただ、お姑さんは家賃を入れてくれているので、ものすごく助かっています。

去年の半ばに夫がまたクレジットカードの借金を溜め込んでいることが判明。タバコすわない、お酒飲まない、ギャンブルしないのに、何に使っているのか本当に不明。それも私が最初の5000ドル返し、後の1万ドルは今年の11月までに完済の予定。姑からの家賃はすべてそれにぶちこんでいます。

Disability Insuranceは、今年7月くらいまでいけるはず、なのでそれまでに夫が就職してくれないと、まじでやばい。振り込まれる傷病保険、住宅ローン、お金に関することはいまや私がすべてやっています。

2015年は、本当に大変な幕開けで、もうお金にこんなに困ったのは生まれて初めて、と思いました。2016年になってもそれは変わりません。夫からはクレジットカードを取り上げ、投資物件を管理している会社との連絡も私がするようになり、そしてなにより、私は2015年1月から、週7日働くようになりました。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satokoさんが次に書こうと思っていること

|

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchiさんの他のストーリー

  • 夏から週5でジム

  • Nishiguchiさんの読んでよかったストーリー

  • ブラック会社の最高経営責任者になった 37回目