ビキニラインのレーザー脱毛

このエントリーをはてなブックマークに追加
19

Grouponで格安のMedical Spaを発見



私は、もともと毛深いです。子供を出産してずいぶんムダ毛が抜け落ちましたが、若い頃は腕の毛でありんこが多数作れるほどでした。



脇のムダ毛は、学生の頃、針でやる永久脱毛でもうなくなっています。足の毛は、かみそりでそっています。腕の毛は、出産したらほとんど抜け落ちたから放置。



問題は、ビキニラインっていうか、下の毛です。100%放置。いばれることじゃないけど、タッチせずにここまで来ました。別の意味ですごい。


同じアメリカに暮らす他の日本人女性の中には、産婦人科の先生にちょっと処理してね、と言われた人もいるそうですが、私の医者は日系人だからなのか、特になにも言われることなく、ここまで放置していました。



でも、ひょんなことからGrouponで近所のメディカルスパでのレーザー脱毛を発見。しかも、それほど高くないじゃん。


6回コースを申し込みました。これで300ドルしなかった、と思う。



電話で予約。


全部剃ってきてね、と言う。へ??自分で、ですか?剃ったことなんてないんですけど。


とにかく、がんばって剃ってきて、と明るく言われて、しばし考える。


夫に「剃ってくれる?」と言ったら(変なプレーではございません)、思いがけず「やだ」との回答。


予約は1ヶ月先でしたが、一度試しておこう、と次のシャワーのときに剃ってみましたよ。うわー。大変だ~。切り傷とか出血とかはありませんでしたが、あんまり楽じゃなかった(汗)しかも、結構伸びてくるじゃん。


そして本番。6回コースの1回目です。

ちゃんと剃って、最初に問診表で自分の健康状態などを回答。その後、個室へ。

じゃ、下全部脱いで。この紙を(産婦人科検診のときに使うのと同じただの紙)巻いてもいいけど、まかなくてもいい。目を保護するめがねをかけて、横になってください。


私は、VOI全部いっちゃうことにしました。夫には「なぜ?」と聞かれましたが、うーん、特に理由なんてないよ。どんなもんか試してみたかったんだよ。


さて、横になります。最初は仰向けで、足を閉じた状態。Vの部分にレーザーでばちばちと光を当てていきます。レーザーは、黒い色の部分にのみ反応するとのこと。白い肌に当ててもぜんぜん痛くないけど、毛があって黒いぽちぽちがあるところには果敢に反応します。IPLフォトフェイシャルも同じスパで受けているので、どちらが痛いかと聞いたら、担当者が「私はうそは言わない。レーザーのほうが断然痛いです」という。

はい、痛かったです。


声が出るほど。


そして、Iゾーン。これは・・・死んだかえるのように、片方の脚をだら~んと横に倒します。結構恥ずかしい格好です。


最後に、極めつけは、Oゾーン。横になったまま、体育座りをしろ、という・・・お尻の穴が丸見えの状態です・・・きゃ~。


全部で10分とかかりません。痛いのは、本当に痛い。痛みに強いと思っていたのに痛い。ただ、アロエを塗らなくちゃいけないとか、氷で冷やさなくちゃいけない、とかそういうのは不要でした。脱毛したところを日光に当ててはいけない、と最初に注意されていましたが、こんな部位、もともと日光に当てる予定なんてありません。


2週間くらいすると、毛がはらはらと落ちてくるけれど、他の毛を抜いちゃだめ、と言われました。


そして、その予言どおり、2週間たつ頃まではなぜか毛はゆっくりとだけれど伸び続け、その後、本当にはらはらと、下着についたり石鹸についたりする形でなくなっていきました。


明らかに光が聞かなかった部分と、次のサイクルで新しく生えてきた毛を次回処理することになります。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satokoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(2)

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

初めての海外旅行13

自分らしくを大切にする人生 その8 ~ガラクタ整理で人生が好転。体調を崩し、JICAを辞め、将来の展望が持てない不安な時期から、一転、ガラクタ整理師となり、本を3冊出版することに。~

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

人生は学歴で決まる【4】

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 最終話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 第三話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの一年間 第二回

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

不動産投資をやると決めた(5)とにかくやってみて分かったこと

なぜ中学3年間保健委員を貫き通したのか?真田孔明の赤裸々な過去を暴露

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchiさんの他のストーリー

  • アメリカ大学院全額免除で留学、雇用で永住権取得。カリフォルニアで公務員。だめんずと結婚してかなりかわいそうな生活を送っている筋肉女子の話。

  • Nishiguchiさんの読んでよかったストーリー

  • 【第三話】『さよなら…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜