私たちはどんなふうにも生きられる。無計画に世界を旅した私のはちゃめちゃ冒険記。バンコク編#2

このエントリーをはてなブックマークに追加
38

【バンコク1日目(2)】バックパッカーが集うカオサンロードに到着


バンコクのスワンナプーム空港から、バンコクの中心部にあるバックパッカーの聖地といわれるカオサンロードへ向かう途中のこと。




空港からカオサンロードまではバスを1度乗り換えなければいけない。乗り換えのために降りたバス停で、「60番」のバスを待っていたのだけど、待てど暮らせど来ない。私以外の待ち人たちが、ひとり、またひとりといなくなるにつれて「本当にこのバス停で合っているのかな。大丈夫かな…」と不安になり、まわりをキョロキョロ見渡した。


ふと道路に目を戻すと、60番のバスが走り去っていった!





超ぼーぜんとした。さっきまで穴があくほど車線をみつめていたのに、ほんのちょっと見逃した隙にわたしが求める「60番」のバスが行ってしまったのだ。というか、バスは勝手には止まってくれないらしい。バス停に誰かがいるからといって、ぼけーっと立ったままでは決して止まってくれない。


タイのバス停は、あまりにも多くのバスが発着するため、バス停にいる人が、どのバスを待っているのか運転手にはわからない。タクシーを呼び止める感じで手をあげてアピールしないと止まってくれないのだ。それは後からタイ在住の日本人に聞いたのだけど、そんなの知らないわたしは超呆然とするばかりだった。


タイは日本みたいに甘くないぞ…。確かに同じ停留所で待っていた人たちはみな次から次へと来る行き先の違うバス、ロットトゥーという乗り合いワゴンに乗るときに手をあげて”乗りますよ”アピールをしていた。




ずっとその場にいても仕方ないので、バスが走り去った方向へ歩いて行くことにした。通りすがりのおばちゃんに次のバス停のありかを聞きながら5分ほど歩くと、バス待ちっぽい人がたくさんいる場所をに到着した。

優しそうなお姉さんをチョイスして「ここに60番のバスは止まりますか?」と聞くと、「Yes止まるよ」と言ってくれたので安心して待つことができた。10分ほどして60番のバスがやってきた。お姉さんが「ほら、あれよ」と教えてくれ、その優しさに感謝しながら今度はちゃんと手を上げてバスを止めて乗り込んだ。




Google mapでは40分くらいの距離だったのだけど、バンコクのあまりの車の多さで2時間以上もバスに揺られることになった。わたしは人間観察が大好きなので、バンコク住人を観察するのに忙しくてあまり苦痛に感じなかった。バスに乗って降りて行く人たちは、一体どんな仕事をして、毎日どんなことを考えて暮らしているのだろう?と考えるのがおもしろくて仕方がない。





そんなこんなで、やっと目的地であるカオサンロードにたどり着いた。




カオサンロードは、「いかにもバックパッカーが集まる場所」という感じで、猥雑としていた。あちこちの露店やバイクタクシーから声をかけられる。歩いているのはほとんど欧米のバックパッカー。アジア人は(働いている人以外で)ほとんど見かけなかった。


カオサンの隣、「ソイ・ランブントリ」という通りは、喧騒を残しつつも少し落ち着いていて、すごくよかった。カオサンよりもわたしはこっちの方が好き。結構長いので、端まで歩くと汗だくだくになった。




ということで、ビール!





大を頼んだら80バーツ(約295円)だった。ビールが歩き疲れたわたしの体を癒して……


くれない!全然!噂通りめちゃくちゃぬるい!


これどうにかならないのか〜タイの冷蔵庫よ、頑張っておくれ〜。





あまりの暑さに動きたくなくてしばらくビール飲みながらゆっくりしていた。5月は暑期で、ふだんのタイは「あっちい(暑い)」のだけど、5月のタイは「くっそあっちい」らしい。わざわざくっそあっちい時期にきてしまったことを少しだけ後悔した。


わたしが動きたくない理由はそれだけでなはい。バックパック預ける場所がなく、重い荷物を背負って歩かなければならないからだ。この暑さで背中に重い荷物があるというのは本当に地獄。汗が滝のように流れる。




タイ初日の今日、日本からタイに仕事で来ているけんさんのご自宅に泊めてもらうため、20時に合流することになっていた。それまで荷物の預け先がなく、わたしは泣く泣く重たいバックパックを背負って、くっそあっちいバンコクを歩き回らなければならなかった。





もう耐えられない!と、巨大なショッピングモールへ行くことに決めた。モールなら、冷房が効いていて快適に過ごせるだろう。ということで移動することに決めたのだけど、ビールをがんがん飲んだせいか(結局大ビン2本飲んだ)猛烈にトイレに行きたくなった。トイレがありそうなカフェに入り、「トイレOK?」 とたずねると、「20バーツね」と言われた。え〜っ!お金取るの!?


でももう我慢できないし………ええい仕方ない!はい、20バーツ!まさかトイレにお金を取られるとは思ってもみなかった。そんなところもおもしろいぞ、タイ。




※これはカオサンでのことで、バンコクのいたるところでトイレにお金を取られるわけではないと思う。




で、カオサンからショッピングモールへは5キロほどあるので、トゥクトゥクのおっちゃんに連れて行ってもらうことにした。初めてのトゥクトゥク!初めての値段交渉!



わたし
このセントラルパークプラザってところに行きたいんだけど…
おっちゃん
ショッピングするところね?
わたし
うん、そう!いくら?
おっちゃん
250バーツね。
わたし
(高いか安いかわからんけどとりあえず)え〜高いよ!
おっちゃん
じゃあ150バーツね。
わたし
(これまた一気に下がったな!150ってことは500円ちょっと?5キロで500円は安いよねえ。よし、決めた)オッケー!


交渉成立、おっちゃんは走り出した。



まだタイの金銭感覚がなかったので、「このおっちゃんは、こんなに暑いなか、500円でこの距離を走るのか。すごいな」と感心していたのだけど、たぶん5キロ150バーツって相当高い!(と、金銭感覚が少しつき始めた後日に思った)


くそ〜。あのときのわたしの感心を返せ!まあだけどおっちゃんの懐を潤すことでおっちゃんと、おっちゃんの家族と、ひいてはバンコクの経済に貢献したということで納得しておこう。





こんな感じでまだまだ続く。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

バックパッカーで知らない人はいないと言われるカオサンロードからのリポート、ユカリさんの心の声まで聞こえてきて良かったです。

Takagi Yukari

毎日が冒険。ブログにもいろいろ書いています。http://takagiyukari.officialblog.jp/

Takagi Yukariさんが次に書こうと思っていること

|

のタグがついたストーリー

人とは違う!PAR的マニアック旅行提案#2

屋久島へ自分探しに旅立った男の話~第二話 屋久島上陸~

心友 【その六・19歳の秋田旅】

【ヒッチハイク】東京 少しでも 運んで下さい

屋久島へ自分探しに旅立った男の話~第一話 屋久島への旅路の前に~

私たちはどんなふうにも生きられる。無計画に世界を旅した私のはちゃめちゃ冒険記。クアラルンプール編#2

私たちはどんなふうにも生きられる。無計画に世界を旅した私のはちゃめちゃ冒険記。バンコク編#4

私たちはどんなふうにも生きられる。無計画に世界を旅した私のはちゃめちゃ冒険記。バンコク編#2

【STORY2】「僕の中の『絶対』」~地球髪切屋~世界一周後、世界でたった一つの「鏡にない美容室」を作ろうとする変わった美容師の話。

世界一周後、世界でたった一つの「鏡のない美容室」を作ろうとする変わった美容師の話。【STORY1】「世界一周、それが僕の夢だった」

ブラジルにバスで入国したら、知らずのうちに不法入国になっていた話。その1

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の八

妊娠8ヶ月の妊婦が東京に一人旅して、見知らぬ外国人と朝の4時から築地へ寿司を食べに行ったお話。最終話

妊娠8ヶ月の妊婦が東京に一人旅して、見知らぬ外国人と朝の4時から築地へ寿司を食べに行ったお話。4話

妊娠8ヶ月の妊婦が東京に一人旅して、見知らぬ外国人と朝の4時から築地へ寿司を食べに行ったお話。2話

Takagi Yukari

毎日が冒険。ブログにもいろいろ書いています。http://takagiyukari.officialblog.jp/

Takagi Yukari

毎日が冒険。ブログにもいろいろ書いています。http://takagiyukari.officialblog.jp/

Takagiさんの他のストーリー

  • 私たちはどんなふうにも生きられる。無計画に世界を旅した私のはちゃめちゃ冒険記。バンコク編#3

  • Takagiさんの読んでよかったストーリー

  • 無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜