発達障害の息子と育児ノイローゼの嫁から家族の本当の幸せを教えてもらった話 第6回

このエントリーをはてなブックマークに追加
134


このお話(全5回)を書いてからおよそ1年

長男が入退院して1年が経ちました。


入院してからおよそ半年後

無事長男は退院をすることができました

今回はその1年、2016年とそして今のことを書いていこうと思います。


そもそも書くことを再開するきっかけとなったのは

妻の一言でした

あのSTORYの続き書いてくれないの?
書いていたこと知っていたんだ。。。
うん、よく書けてたと思うよ
だからこそ続きが読みたい

っていうか近所のママ友にこの話読んで感動した!とか言われたしさ〜

自分の備忘録として書き始めたこのSTORYも

気がつけばたくさんの方々に読んでいただきました

妻がSNSを始めたこともあって一読者となってくれていたのです


今でこそ長男の発達障害のことを客観的に

書くことができますが、それは去年一昨年と家庭環境がドン底

の時には考えられないこと

まさに


喉元過ぎれば熱さ忘れる


とはよく言うもので辛かった現実はこうやって書き記しておかないと

あっさりと忘れてしまうものなのです

今だって育児が辛くて一家心中してしまう悲しいニュースは

後を絶たないですし、その家族が我が家であってもおかしくない

それくらい我が家は壊れかけていました。


2016年2月某日

長男の入院の日がやってきました。


2月は長男の誕生月、9歳を目前にして

長男は入院することになったのです

発達障害によって昼夜が逆転してしまった長男

体力もついてきたことから家で暴れたり

時には暴力を振るうようになっていました

育児の自信も完全に失ってしまった妻も限界

入院は我が家の最終手段でもあったのです。


私たちを苦しめた長男の言動

しかし入院当日、長男との別れは私たちにとって

相当辛いものでした

その時に我が子への愛情を再確認できたのです


憎いのは長男自身ではなく

彼の発達障害の症状だということ


本来、家族とは同じ屋根の下で暮らすもの

それをある意味放棄せざるを得なかったことは

親失格なのではないか


私以上に妻は自分自身を責めていたのではないか

と思います




長男の9歳誕生日当日

平日だったその日は仕事を終わらせ

病院に向かいました

誕生日おめでとう!
でも誕生日が病院でごめんな
長男
うん、寂しいけど がんばるよ
だからパパ泣かないで、、、
一緒にお祝いできなくてごめんな
ごめんな
ごめんな、、、
長男
パパが泣いたらボクも悲しくなっちゃうよ
長男

涙を堪えていたつもりが長男にはバレていました

お互い泣きながら過ごした9歳の誕生日は

忘れることのできない日となりました。


この時すでに入院から2週間近く経っていましたが

入院当初は長男も泣きながら暮らしていたそうです


入院以来、私と妻の心もポッカリ穴が空いたような

状態でした。

しかし今となっては


長男への愛情の証を知る機会として

子どもと距離を置く時間


が私たちには必要なことだったのだと思います



入院期間中、私は長男へ手紙を書くようにしました


家族皆が長男の退院を待っていること

パパの仕事のこと

ペットのこと


手紙を書くことで伝えたかった大切な想いが

言葉にできた、そんな気がします。



入院から約3ヶ月

長男は1泊2日ないしは2泊3日で

自宅への外泊が許されるようになりました。


病院へのお見舞いは親及び祖父母のみ可能で

兄弟のお見舞いは許可されませんでした


「お兄ちゃんに会いたい」


口々にそう言う兄弟にとっても

兄の存在は大きいものでした


こうして入院という


家族別々に暮らす時間


を通じて家族の絆が修復され

いい方向に深まっていったのです。



「時間」を通じてママの育児への自信も戻ってきました

長男の入院と同時進行で病院からは


ペアレント・トレーニング


の受講が始まった妻。


発達障害は成長のスピードが他の子どもよりも

異なる(”発達の特異性”と言うそうです)ので

子どもへの接し方自体を見直さないといけません


つまり長男に対しては

一般的に普通と呼ばれる次男や長女とは

根本的に育て方を変えないと親は自信を失って

しまうことになるのです




例えば長男の体調のバロメーターを知る術

として我が家には


「調子予報」


なるものが貼り出されています


・お腹が空いている

・昨日遊び過ぎて疲れが取れない

・やっていいこと/いけないこと

・がんばったこと/お手伝いすること

・今日食べたいもの


などなどバロメーターを見える化することで

家族全員が長男に対する接し方が理解できる

工夫がされています


長男の入院生活、ママの自信回復とともに

発達障害への接し方という環境が整った頃

入院から約半年という期間を経て

夏休みを前に退院することになりました




病院と学校、そして私と妻

退院に向けた3者面談が行われました


医師
彼(長男)は不思議な子ですね
どういう点ですか?
医師
空気が読めるときは異常なほど良い態度を取る一方で、真逆なときはイライラさせる天才です(笑
・・・
医師
あと一人になることが苦手かもしれませんね
だから弟や妹に無用なちょっかいをかけてしまうかもしれません
医師
兄弟を含めて家族全員で彼(長男)を見守ることが大事ですね


県の大きな病院の発達障害を専門とする医師からも

「不思議な子」と掴みどころのない評価をしている時点で

私たち親が長男を理解するのは相当難しく困難であることが分かります


発達障害の症状は十人十色、子どもそれぞれで特性が違うのです

子を育てる親の方針、兄弟といった環境もあるわけですから

発達障害の理解すべき点はまだまだあるのだと思います


少なくとも入院生活を通じて


「発達障害は親の愛情不足によってなるものではない」


発達障害の正しい理解があれば親の悩み、

苦しみは少しでも軽減できる

育て方のルールがあるし、

周囲の間違った理解によって子も親も辛い思いを

しないようになればと切に願うし、

そのための国のバックアップも早急に必要だと

考えるわけです。




退院した今でも定期的に

病院への通院は続けています

通常の生活には戻れつつも


・偏食(極度なこだわり)

・不登校(ひきこもり)

・ゲーム依存症


といった問題を抱えています


ただ入院生活での学びを通じて


我が子の成長は普通ではないスピードだけど

確実に一歩づつ前に進んでいる


それを実感しながら歩んでいます


最近はタレント栗原類さんの著書といった

発達障害の本やテレビなどメディアでも

取り上げられることで

教育現場での理解も進んでいるように思います




未来へ向かう子どものために

「育児」の大変さ、母親の抱える孤独といった


普通に育って当たり前


と思うのではなく「やりがい」を実感できるような

周りのサポートや正しい理解が進んで

いったらと切に願っています


「発達障害」「育児ノイローゼ」が

誰にも相談できない悩み事ではなく

もっと身近に共有できる出来たらいいなと思います


そのために私が出来ることは実体験を書いたり

人とお話することで


「悩みの見える化」


を推進したいと微力ながら考えています

(もし独りでお悩みならコメント等でお知らせください)


現に妻はペアレント・トレーニングの経験を

地元のコミュニティなどで話したりと

精力的に活動しています


このSTORYを通じて「発達障害」で苦しむ親子が一人でも

減ったらと思います。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

私の息子も発達障害です。
成長するにつれ悩みも変わっていき、今は就職、息子との距離の取り方など難しいです。
田舎なので、相談出来る施設も
少なく誰かに助言してもらいたいと願っていました。

坪井さんのお話、息子の小学校の頃を思い出し、胸がぎゅうっと
しました。

坪井 雄弘

育児のことや家族のこと、旅のことやソーシャルメディアのことを書いていこうと思います。 楽しんでもらえたら嬉しいです。

坪井 雄弘さんが次に書こうと思っていること

|

発達障害のタグがついたストーリー

坪井 雄弘

育児のことや家族のこと、旅のことやソーシャルメディアのことを書いていこうと思います。 楽しんでもらえたら嬉しいです。

坪井 雄弘

育児のことや家族のこと、旅のことやソーシャルメディアのことを書いていこうと思います。 楽しんでもらえたら嬉しいです。

坪井 雄弘さんの他のストーリー

  • 気仙沼に旅するきっかけになった一言 第3回(最終回)

  • 坪井 雄弘さんの読んでよかったストーリー

  • 鬱病の心に響いた、たったひとつの言葉