彼女にふられて西日本を縦断した話

このエントリーをはてなブックマークに追加
別れは突然に、、



大学生の私は、当時付き合っていた彼女にふられ、食事も喉を通らないほど落ち込んでいた。



ポジティブだけが取り柄の自分がこんなに落ち込む事に驚いた。



当時はその彼女がそれだけ、好きだった。




しかし、失恋は、時に大きな挑戦心を生み出す。





もやもやとした気持ち、
ふられた彼女を、見返したいと言う気持ちから、何か大きなことにチャレンジしようと考えた。




そこで私は、大学の仲のいい2人の友達をカフェに呼び出し。
こう告げた。


西日本縦断しよう。チャリで。


その2人はあっさり承諾してくれた。
なんて、バカなんだ。



その翌週大阪からチャリを、フェリーに乗せ一路大分へ。


ここから、8日約800キロのチャリ旅が始まった。


旅の様子はダイジェストの写真でお伝えしよう。




1日目小倉 旅のスタート、ワクワクして爆速。すごく楽しかった。
2日目下関 安部総理と友達のおじいちゃんと、出会う。3日目 岩国   メンタル的に限界を迎えそうになる。毎日100キロはかなりキツイ。4日目厳島神社 広島はすごく走りやすい。このころから、心のモヤモヤは消え始め、無心になっていく。5日目原爆ドーム前 広島に祈りを捧げる。6日目呉 だんだん三人ともたくましくなってきた。しかし広島は広い。

7日目倉敷 この写真を、撮る時かなり注目を、浴びた。最終日 大阪城 台風と戦いながら、
ついに800キロの旅の終焉を、迎える。達成感は意外にも、無かった。


達成感は、もっとあると思っていたが終わってみるとあっけなかった。
しかし、旅を終えた、我々三人は
確実に成長していた。
この旅を境に大きく飛躍する事となる。






1人は、ボクシングを大学から始め、試合でも負けが続いていた状態から、いきなり日本一に。




1人は、当時通っていた大学をやめ、受験をし直し大阪大学に合格。




1人は、TOEICを二ヶ月で600点から850点に、そして一部上場の大手企業に就職。






私が彼女に振られて始まったこの旅が
3人の人生の大きな分岐点となった。






是非皆さんも、モヤモヤする気持ちがあれば。それを起爆剤にして、バカなことに挑戦して欲しい。きっと今より素晴らしい人生が待っている。









失恋は人生の起爆剤。
人生大いに楽しんで下さい!



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

とにかく写真が最高でした。愛すべき3人のバカ者に乾杯!

ありがとうございます!

|

若槻 健人さんの他のストーリー

  • 週末〜海での過ごし方〜

  • 若槻 健人さんの読んでよかったストーリー

  • 彼女にふられて西日本を縦断した話