治験8週目。これで終了です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
9

先週木曜日、仕事帰りにBioscreenに寄りました。

いつも通り、メークを落とし、Cetaphilで洗顔し、まずはアンケートに答えます。その間に、この8週間使った基礎化粧品を返却。

次に、これまたいつも通りに正面からと左右からのアフター写真を撮影。

その後、いつも通り、皮膚の表面の組織をちょっと取るためなのか、べたべたしたものを頬に塗られ、乾いたらはがされて保管。

さらに、これもいつも通り、目の横やほうれい線の辺りに器械を当てられて、写真じゃないけど映像を取られて、保管して、これまたおしまい。

最後に、165ドルをいただきました。

いつも通り、と言っても、この作業をしたのは最初と、6週目と今回の8週目だけです。自力では買えない基礎化粧品を8週間がっつり使えて、165ドルいただけるなんて、本当に楽なバイトです。

他の治験者は黒人さんが多く、とにかくどいつもこいつも遅刻してくる。しかも、一日に何人もNo show。受付エリアの会話筒抜けなので、全部聞こえてますw


私は、やっぱり日本人。ちゃんと時間より少し早く到着し、やるべきことをさっさとこなしました。


他の治験者は、帰る際に「次の治験はいつ?」とおねだりしても答えがもらえなかったり、「30日たったら電話して」とつれなくされていましたが、私はこちらから聞かなくても「またやってね。15日たったら電話してください」と声がかかりました。なんだ、まじめにやってると良いことってたまにはあるんだね。


今回はResurfacing padsとSunscreenでしたが、他にもたとえば男性でもできるアレルギーテスト、とか、女性に人気のメーク用品、とかの治験もあるんだそうです。これは、時間が許せばまた是非やりたいです。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satokoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(2)

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

初めての海外旅行13

自分らしくを大切にする人生 その8 ~ガラクタ整理で人生が好転。体調を崩し、JICAを辞め、将来の展望が持てない不安な時期から、一転、ガラクタ整理師となり、本を3冊出版することに。~

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

人生は学歴で決まる【4】

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 最終話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 第三話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの一年間 第二回

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

不動産投資をやると決めた(5)とにかくやってみて分かったこと

なぜ中学3年間保健委員を貫き通したのか?真田孔明の赤裸々な過去を暴露

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchiさんの他のストーリー

  • 夫、いまだに無職&鬱

  • Nishiguchiさんの読んでよかったストーリー

  • 【第42話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと5話~