【第38話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

▲他37件のストーリー
【第38話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
▼他8件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
351

その日、僕達は東京にいた。


看護師になるために学校に行っていた彼女の、看護師国家試験の発表を見に行ったのだ。


厚生労働省で国試の発表を見て、合格して無事40歳で看護師になった彼女と靖国神社に立ち寄った。


平成25年3月25日、靖国神社の標本木に開花宣言が出された直後で、テレビカメラも数台来ていた。


僕達は記念にとその標本木の前で写真を撮り、電車に乗って茨城に戻ったその足で、市役所に寄って婚姻届けを出した。


「桜が咲いたから」


そんなきっかけで、僕は結婚し、ある日突然に父子家庭生活が終わった。


子供たち以外の誰かと一緒に暮らすということが本当に久しぶりだったので、初めのうちは楽しく生活していた。子供達も何となくこの変化を受け入れたような感じでいた。多分、僕に合わせたのだと思うけど、それなりに家族のような暮らしを初めは送っていた。


お互い子連れということもありうまくいかない部分も多々あったのだが、それはそのうち気にならなくなるものだと思っていて、あまり深くは考えないようにしていた。


高校2年生と中学2年生になっていた子供たちは、それぞれの生活スタイルを持っていたために、家族団らんのようなものには特に交わりを持つことも無く、晩御飯が終われば2階の自室に戻る生活。


子供たちの晩御飯やその他家事に関しては、分担してやった。


分担といっても、彼女は忙しい看護師の仕事で手一杯な部分もあり、引き続きご飯を作ったりは僕の仕事だった。僕の仕事と言うよりも、ここまで子供たちを一人で育ててきて、今更誰かに「じゃあ、あとはお願いしますね」と言うわけにもいかず、やはり自分で負うべき責任の範囲内なのだろうと考えていた。


毎日のお弁当も相変わらず作ったし、家事もやった。


結婚してそれなりに楽になるのかと思っていたが、僕の性格も手伝ってあまり変化はなかった。


いまさら劇的に生活を変化させることなど、そうたやすくはない。


それでも、家に話し相手がいて毎日くだらないことでもおしゃべりする時間と相手がいれば、気がまぎれるのだった。


思春期真っただ中と言うこともあり、子供たちとの時間は一人の時よりも随分短くなってしまったような気がした。僕に話し相手が出来た分、その時間を子供たちと接することに使えなくなってしまったことで、接点は減っていった。


今まで10年近く、3人で肩寄せ合って暮らしてきたのだから、子供たちにとってはその生活がすべてであったわけで、やはりそう簡単には受け入れがたいものがあったに違いない。


もう、そろそろそれぞれの人生を歩むべき時期に差し掛かっているのだと思っていたし、子供達にもだんだんと生活に慣れてもらい、そのうち自立していってもらえればよいと考えていた。


週末になれば子供たちは母親のところに泊まりに行ったり、友達と遊んでそのまま友人宅に泊まったりしながら、上の子はバイトバイトで、あまり顔を合わせることも少なくなっていた。


下の子に関しては、そんな生活の中でもお兄ちゃんの受験で苦労したから、早いタイミングで勉強を教えて高校受験に備えようと考えていた。


全く勉強に関心を見せなかった下の子も、やるとなったら本気を出してくれるに違いないと、そう信じていた。


特に理由はない。そうであるに違いないと、勝手に思っていただけだ。


毎日の雑務をこなしながら、晩御飯の後などに一緒に勉強する時間を作った。


初めから長い時間は難しかったので、30分とか、40分とか時間を見つけ勉強を教えてみた。


何せ、今まで勉強などしたことは無い。


本屋で参考書や問題集の類を買い込み、塾に行かせてあげられない分の埋め合わせをしなければと思ったし、上の子の時の経験もある、コツもつかんでいた。


受験勉強など、始めるに早いにこしたことはない。


中学生の勉強など誰だってやればできるわけで、上の子も何とか1年間で形になったわけだし、まだ2年ある下の子に関しては、ここから何とかしなければと思っていた。


そのために力を貸せるなら、貸してあげたいと思った。


成績は底辺の底辺で、さらには勉強に関する興味はゼロ。


忙しい合間を縫って勉強を教えていたのだが、いつまでたってもやる気のかけらも見られなかった。


結婚し奥さんとなった彼女には小学生の女の子がいて、とても頭の良いかわいい子だった。勉強が好きでいつも勉強をしていたから、下の子も一緒に勉強をやってくれないかと思っていたけど、継続することがなかなかできなかった。


子供たちはそれぞれ楽しいことを見つけ、毎日をただダラダラと過ごした。


少なくとも、父親の僕にはそう映っていた。


結婚して1年が過ぎたけど、彼女は3交代勤務の看護師業務。


あまりの激務により、家にも戻れないような生活になっていて、そのほとんどを彼女は実家で過ごすようになった。実家の方が仕事場に近いということもあったし、常に家を空けているので、自分の子供をおじいちゃんおばあちゃんに面倒を見てもらっていたということもある。


世の中これが普通なのかもしれない。


結婚して1年で別居婚のような形に収まると、なんだか結婚する前より余計に寂しくなり、虚しくなったのだった。


父子家庭でも別居婚でも、さして変わりはない。


子供たちも大きくなって、顔を合わせる機会も減ってゆき、思春期ということも相まって、反抗的な態度をとることは常だった。その寂しさや不都合を紛らわすために結婚という選択をしてみたけれど、あっという間にそのすべてを失ってしまった。


家族とはいえ、今までやってきたそれぞれの生活スタイルは交わることがなく、もともとの生活スタイルを崩すのが難しかったからなのか、結局は別々に暮らす時間の方が長くなっていった。


お互いの子育てに対する考え方や価値観、今後の展望や身内の希望や思惑など、だんだん食い違いやすれ違う部分だけが浮き彫りになり、ことあるごとに喧嘩をし揉めるようになっていくお決まりのパターン。


考えてみれば、子供たちに家族みたいなものを味合わせてあげたかったわけで、僕にとってもこれから先子供たちが大きくなり年を取った後に一緒に歩んでいけるようなパートナーが欲しかったのだ。


一人ぼっちは孤独だった。


彼女の方は一人親といっても実家には両親がいてそこで暮らしていたわけだから、いままで暮らしてきた時間やそこに携わる人々のそれぞれのスタンスは、すでに他人が入り込む余地などなく、一人娘を大人3人で育てるという生活スタイルで成り立っていただけに、結婚して別の枠に収まるということに対しての不都合が多くなっていったに違いなかった。


ましてや、入ってみた別枠の家族は想定の範疇を超えた父子家庭。なじめるわけもない。


僕達だって筋金入りの生活スタイルは今更で、崩しようにも崩せない。


今までが今までだった分、ここに至るまでを理解してもらうことはやはり難しかった。


誰かと一緒に暮らしてみて初めて、自分たちの置かれている環境の異常さを、身に染みて思い知らされたのだった。


子連れで再婚するだけでも障害が多いものなのだろうけど、それをはるかに上回る障害があった。


父子家庭として過ごした今までの生活や、子供達との距離感、接し方、そのすべてが彼女の理解を超えていたに違いない。


理解しようと努力してくれていたことは知っているし、それはありがたいことではあったけど、理解しようと努力すればするほど、深みにはまるのもやむなしといったところ。


子供を育てるとか、どうやって接するとか、親としての責任とか、立場とか、考え方とかやるべきこととかの前に、僕達は生きなければならなかった。




そもそも、価値観の入り口が違うのだ。


価値観のずれは解消の糸口が見つからず、やがてお互いの考え方や意見を押し付け合うだけになり、理解されない現実はとめどない平行線の末に、ついに交わることはない。


時たま家に戻ってくる彼女と家族のようなまねごとをして暮らしていたけど、これは、家族なのだろうかという疑問は拭いきれなかった。


価値観のずれは、やがてお互いの感情に溝を作っていった。


上の子はすっかりアルバイト暮らしも板につき、自分でお金を稼いで好きなことをやって暮らしていた。家に戻る機会が少なくなって、バイトが終わり明け方まで遊び歩いて帰宅し、そのまま学校に向かうような生活。


僕は相変わらずお弁当を作り、リビングに朝ごはんと一緒にお弁当を置いて仕事に出かけた。


学校に行っているのか行っていないのか分からない上の子に、お弁当をせっせと作るのはなんだか虚しかったけど止めるわけにはいかなかった。お弁当作りはコツをつかみ、腕は格段に上がった。冷凍食品やレトルトの類を使うことなく、見栄えのするお弁当を作れるようになっていた。


アルバイトはしていたが、遊ぶ機会が増えるたびに金がなくなり、しまいには僕に借金をする生活となる。


必ず返済することを条件に、僕は上の子に金を貸し続けた。


金を稼ぐということと、それらをどうやって使うのかということ。どの程度使ったら金がなくなるのか、金がなくなったらどうなるのか、金を借りるみじめさや、それをきちんと返済する責任、そういったものを通じて、大人になっていってもらえればそれでいいと思っていた。


子供達にはお金ではさんざん苦労させた。毎日食うにも困るような生活を強いて、ようやく自分で稼いだ金で好きなものを食べ、好きなことが出来るようになったのだ。


多少のことは目をつぶってやりたかったし、子供たちが大きくなったおかげで、僕も人並みに働けるようになりこうして仕事をし、それなりの収入を得ることが出来ている。


良いか悪いかは別にして、子供たちの成長の一環として、一過程として、あえて経験させてあげるべき事柄もある。




でもこれは、あくまでも表向きの理由。




本当は違う。本当は、そういうことではない。




上の子にお金を貸す本当の理由は、そういうことではない。


子供たちにお金を貸してあげられる自分が、うれしかったのだ。


そうしてあげられる自分が、ただただうれしかったのだ。


好きな物一つ買ってやれず、やりたいと思うことをさせてあげられず、好きなものをお腹いっぱい食べさせてあげることすら出来なかった。


子供たちにとって満足のいく幼少時代ではなかっただろう。生きるためだけにすべてを犠牲にしなければいけないことを余儀なくされた子供たちにとって、親に借金して遊び歩くことなど大した問題ではない。それよりも、良いか悪いかは別にして子供たちの願いを叶えてあげられる自分が、うれしかったのだ。


ようやく親らしいことが出来る自分が、うれしかった。


今までの苦労を思うと信じられないほどの進歩であり、結果はどうであれ、ここまで来れたことに多少なりとも満足感を感じていた。屈折していることは理解していたけど、上の子にお金を貸すという行為を通じて、独りよがりの満足感を得ていたのだ。


車もテレビも食べるものも無い生活から脱却し、子供たちにお金を貸している。独りよがりの満足感の果てに何があるのかはよくわからなかったけど、これを一つのステップアップとして大切なものを学んでくれるのではないのだろうか。


そう思うことで、この満足感を勝手に肯定していたのだ。


お金を使うことの喜びを知った上の子の借金は膨れ上がり、遊ぶ金欲しさに借りた総額は5万円以上にもなっていたけど、月々微かではあったが返済は滞りなく続けてくれていた。


それでいいと思った。


お金など、返ってこなくてもいい。


僕も相変わらず生活は楽ではなく、自分の為に使えるお金は微々たるものだったけど、なんとかやりくりしてお金を貸し続けた。いつか必ず思うものがあるはずだし、僕なりの罪滅ぼしの気持も無いわけではない。




奥さんには、伝わらなかった。




表向きの理由でしか説明することのできぬ、入り組んだ事情がある。


本当の部分を口で説明できない上に、過ぎてしまった時間が複雑すぎて、今更筋道立てて一から話をすることは不可能だった。


この感情を伝えようと努力はしたが、どう考えてもすべてを伝えることはできいないような気がして、そのうち自分の感情の段取りさえもつけることが難しくなり、すべてが面倒になった。


やがてそれは、余計に溝が広がる結果へと繋がり、何をどう説明しても、高校生に夜な夜な遊ぶ金を貸し続けるという事実だけが独り歩きした。




分かる、気持ちは分かる。


自分でもうまく説明できないこの感情を、誰かに伝えるなんてことが、どうしてできるだろうか。


遊ぶ金には違いないのだが、成長して自分の人生を歩み始めたその第一歩なのだとしたら、それはそれでうれしかったのだけれども、どうしても伝える術はない。




奥さんとの溝が深まる出来事なら、他にもある。


下の子に至っては、家に戻らず友達の家や母親の家を泊まり歩くような生活で、そのうち学校にもあまり行かなくなっていった。


制服を着て家を出るのだが、その辺をフラフラしている。中学校は家のすぐそばなので、外で下の子を見かけてしまうのだ。特に何かやるわけでもなく、ただ毎日を不毛に消費しているように見えた。


家に戻ってきても、19時や20時になり、21時を過ぎて22時を過ぎてとなり、そのたびにまだ中学生の下の子とは衝突するようになっていった。


帰宅時間も、晩ごはん終わりに一緒に勉強しようと決めた30分でさえも守られなくなり、下の子の扱いに手を焼いていた。


それだけでも、小学生の子供を育てる母親としては、悪影響に違いない。

新しく僕の奥さんになった人からしてみれば、そう思っても仕方がない。


僕自身でさえも、散々苦労してここまでたどり着き、上の子の思春期にもほとほと手を焼き、ほんのわずかでああるがホッと一息ついたところだったので、間髪入れずの思春期やり直しには嫌気がさしていたのだ。


お兄ちゃんは高校生になり、バイトをして金を借りて夜な夜な遊びまわって、家にもろくに帰ってこない。


奥さんの連れ子の小学生の女の子は、母親側の管轄所属であり、ここの家にもほとんどいないわけだから、そもそも同じ家族であっても守るべきルールが違った。


同じことをやっても、下の子は僕に怒られるが、新しく僕の奥さんになったはずの子供は怒られることは無い。同じ家に守るべきルールが2つあり、それぞれの秩序を乱すことのできない名ばかりの家族は、子供たちの微妙なバランスも崩し始めているように思えた。


奥さん側には実家という絶対的な逃げ道があって、嫌なことや気に入らないことがあれば助けを求めればよい。おじいちゃんおばあちゃんは、いつだって味方であり、安心できる場所に違いない。


では、僕と、僕の子供たちはどうだろう。


どこに行っても逃げ場はなく、ただただあらゆる理不尽に耐えるしかない。


上の子はある程度の自由を手に入れ、お金を持って好き勝手遊びまわっていられるからまだしもだけれど、下の子に関しては逃げ場も無く、居場所も無く、打ち込むべき物も無く、中学2年生という不安定な年頃も大いに手伝って、ことあるごとに反抗的な態度をとるようになった。


自分だけがなにも許されないという現実が、我慢ならなかったのかもしれない。


そうでなくても、もうさんざん我慢はしてきたはずだ。


あまり多くを語らないタイプの子だったので、主張より回避の傾向に傾き、ある日突然新たなバランスにより支配されたわが家には、寄り付かなくなっていった。


奥さんには「子供たちがこんなに好き勝手で良いのか」と詰め寄られるけど、やっぱり一言で説明することは出来なかった。


だから僕も、下の子と同じようにいつしか口を閉ざし、内に籠るようになった。


伝えたい思いはあるけど、伝わらない。


それは、僕も子供たちも同じなのかもしれなかった。あまりにも多くのものを乗り越えすぎてしまった。


これ以上何かを乗り越えるなんてことに、ほとほと嫌気がさしているのはお互いさまで、もういい加減好き勝手にやらせてくれよと、心のどこかでは僕達3人とも違わずに考えていたのだ。


ただ、自分の置かれた立場、環境、年齢的なものに左右され、表に出てくる部分はみな違えど、突き詰めて考えれば、誰もがこんな暮らしいい加減に止めたいという感情に落ち着くような気がしていた。


それが、僕にとっては結婚であり、上の子にとってはお金を借りてまでも遊びまわるということであり、下の子にとっては、逃げるということだっただけだ。


僕にはわかるけど、一緒に苦労を共にしていなかった人には理解しがたい感情なのだろう。


家族という形態を維持するためには従わなければならないことも、当然ある。世間的な、従うべき秩序でいったら、僕達の言い分は恐らく間違っている。


では、どちらの価値観が正しくて、どちらの考え方に従うのかという問題にどうしてもなる。


仮にどちらか一方の考え方に従うと決めたところで、民主主義の世の中、圧倒的多数を誇る奥さん側の意見に反旗を翻したところで、何の意味も無い。


多勢に無勢、少数派は淘汰され、少数派は善悪に関わらず、敗者となる。


常にこの手の諍いは敗戦濃厚の人生で、争うだけ無駄だ。


「なぜこの考えが分からないのか」と、奥さんの実家のご両親に詰め寄られても、この状況に至るまでの経緯は、そう簡単ではない。


分からないわけではない、一般常識に照らし合わせて理解できないほどのバカではない。


自分たちより恵まれた環境で生きてきた人たちの意見を、そうやすやすと受け入れられないほどに、歩んできた道のりが険しすぎたのだ。


僕達の感情を代弁してくれる人はこの世にいなくて、言葉の限りを尽くしてもわかりあえないのであれば、もはやこれまで。胸の奥にしまって永久に閉じ込めてしまったほうが、どれだけ楽か分からない。


今まで、ただの一度たりとも他者に伝わったためしのないどん底の父子家庭生活を、この際どれだけの言葉に代えてみても、時間の浪費と疲労以外、何も生み出しはしない。


こっちだって好きでこのような生活をしていたわけでもないし、なぜこうなってしまったのかさえ、自分でもよくわからない。


何度か話し合いを重ね、お互い歩み寄ることができないのか模索はしてみるのだが、そのたびに「考え方が理解できない」と言って物分かれになる。


毎日不毛な時間が過ぎていくだけ。


まんまと板挟みにあった形の下の子は、徐々に道を踏み外したに違いなかったけど、口を閉ざしてドロップアウトすることが、彼なりの主張のようにも思えるのだった。




誤解の無いように言っておきたいのは、下の子がここで道を踏み外したことは、誰が何といっても本人の器量の問題で、世の中やほかの誰かのせいにするつもりはない。


下の子以外に責任があるとすれば当然僕であり、それは身に染みて分かっている。


ただ、一言では言い表せない人生の積み重ねの中で、ほんの少しボタンの掛け違いが生まれてしまったことに対しての理解は、してもらえないだろうか。




永遠に続くすれ違いの平行線は、やがて大きなジレンマとなり、僕が描いた理想の結婚生活は全く違う方向へと進んでいった。


良かれと思ったことが裏目に出るなんてことは、決して今に始まったことではないけれど、こうなって欲しいと思う希望的観測が強すぎるのか、僕の性格や考え方に難があるのかは分からないけど、もういいかげん、そろそろ穏やかに暮らせないものだろうかと、だんだん誰かと関わることに嫌悪感すら覚えていた。


たった一人で生きるということは、つまり誰も助けてはくれないということであり、共感を共有する相手がいないということ。


共感を共有できない寂しさは、味わったことのあるものにしか分からぬ感情に違いなく、それを安易に誰かに求めること自体が、そもそも間違っていたのかもしれない。


誰かに頼ってはいけないと、あれほど肝に銘じていたはずなのに。


ほんのわずかな心の隙間に生まれた虚無感を自力で埋めることが出来ずに、また僕は誰かを頼りたいと思う感情を抱いてしまっていた。


自分でもあきれるくらい、何度も何度も同じことを繰り返している。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

明日の タケシさんが次に書こうと思っていること

|

明日の タケシさんの他のストーリー

  • 【第10話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

  • 明日の タケシさんの読んでよかったストーリー

  • 【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。