【第43話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと4話~

▲他41件のストーリー
【第43話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと4話~
▼他3件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
304

冤罪だ、こんなもの冤罪だ。


どこにぶつけたらよいかわからぬ怒りがこみ上げ、どこからこんなことになってしまったのか、夜な夜な考えた。


何がいけなかったのか、どうするべきだったのか、いつになっても考えはまとまらない。


虐待しているという事実があるのであれば、それを証明することはできるだろう。でも、していない物をしていないと証明するのは、非常に難しい。


口で説明しても、それはあくまでも僕が言っている独り言の言い訳に過ぎない。


月に2回は調停という名目で裁判所に呼び出され、ことの顛末を繰り返し説明する。


調停前の待合室窓から見える景色は、色付いた銀杏から、雪景色に変わった。


季節が移り変わっても、僕の濡れ衣は一向に晴らされることは無く、下の子も帰ってくる気配すら見せなかった。


どうやらこちらも話が複雑になりすぎて、出口を見失ったらしい。


僕が何を言おうが「元奥様の言い分はそのようなものではありません、意見の食い違いがありあます」


となり


「あなたが虐待をしていないということであれば、それ相応の証拠になるものを提出してください」


と言われる始末。


はなから、僕の言うことなど信用していないかのような言い草に頭に来た。


「証拠、証拠って言いますねどね、母親側の言い分にもそれなりの説得力のある証拠が出されているんですか?」


「それは出されていません」


「だったら、なぜあちらの言い分を正しいようない方をするのでしょうか、間違いなく、説得力のある証拠など向こうは出せませんよ、一緒に暮らしたことなどないんですから。養育費などのお金ももらったことないし、この10年、会ったこともありません」


「ここは話し合いの場ですから、双方の言い分をお聞きしないといけないわけで・・・」


埒のあかない押し問答が続き、僕はこう切り出した。


「それなら、もうこの際子供に聞いてください、どこに住みたいのか、本人に聞いてください」


「わかりました、元奥様が了承されたら、後日お子さんにお越しいただき、事情を聞きたいを思います」


「ぜひそうしてください、それまでに僕は下の子を虐待していないという物的証拠を提出します、その代わり、向こうにもそれなりの説得力のある証拠を提出させてください」


一体何を争っているのか、誰のために争っているのか、果たしてこれが誰かの利益になっているのか、甚だ疑問だった。


母親側に、僕が下の子を虐待しているという客観的かつ説得力のある証拠など、あろうはずがない。


離婚調停の時もそうだったのだが、そうは言ってもこの手の争い事は、女が有利だ。


母性優先、母親と一緒に暮らす方が子供の利益であるという考え方は、この国には根強い。


何が男女平等だよ、こっちは1円ももらわずに子供たち育ててるんだ、ご飯など父子家庭になってからすぐに食べさせることなど出来ないほどの状態だったわけで、それでも何とか子供たちだけにはと、自分の食費を削ってでもご飯を食べさせてきた。


そんなどん底の暮らしの時に、養育費なりなんなり、そんなに子供がかわいそうだというのなら出せばよかったではないか。


たった一人で子供を育てるのに、男も女もありはしない。


男だって、出来ないものは出来ない。たった一人で、いったいこれ以上何ができるというのか。


どうしろというのか、どうすれば良かったというのか。




こんな大変な思いをして子供たちを育ててきたのに、10年ほったらかしの母親から虐待で争いを仕掛けられる。


挙句の果てには、母性優先で圧倒的不利のアウェー状態で話し合いの席につかなければならない。


虐待していない証拠だと?


上等だよ、くそったれ。


こうなったら、この争いには絶対勝つ。


下の子の為ではない、自分自身の、父子家庭のプライドにかけて、この勝負は負けるわけにはいかないと思った。


こうなると何のために争っているのかよくわからなかったけど、この勝負に負けるということが自分自身納得が出来なかった。


僕が調停に提出した証拠は、自分で書いていたブログの全ページのコピー。


毎日作った食事とその時の出来事や感情をアップしていたし、下の子が家出をした経緯に関しても書き記していた。夏休みからの勉強のごたごたから晩御飯を食べられなくなっていくまでのいきさつも、書き記していた。


これが客観的な証拠と言えるのかどうかは分からなかったけど、父子家庭になってから残していたものは、これしかない。




その年の年越しは、初めて一人で迎えた。


下の子は相変わらず家には戻ってきていなかったし、上の子は友達と年越しをするような年齢になっていて、大みそかは早々に出かけてしまっていた。


毎年年末になると何かが起こり、無事年が越せるのかと不安になる。


それでもいつも3人で肩寄せ合って過ごす日々が支えになっていたのに、いつの間にかたった一人で年を越す日が来てしまった。


一人になると特にやるここともなく、テレビを見てもつまらない。


毎年鶏ガラで出汁まで取って作っていたお手製の年越しそばも、今年は誰もおいしいと言ってはくれない。


来年こそは良い年になりますようにと、願わずにはいられなかった。


年が明けても不毛な話し合いは続いていて、子供たちは2人とも進級し、高校3年生と中学3年生になっていた。


中学校のすぐ近くに自宅があるために、仕事が休みの時や夕方に、中学校近くで下の子を見かけることがしばしばあった。


髪は金髪に染め上げて、近所のヨークベニマルのベンチで仲間と煙草をふかしている。


耳にピアスなど開けて、学校近くまでは来ていても学校へは行っていない様子だった。


たまに顔を合わせても、声をかけるどころか目も合わせなかった。


今は何を言っても聞く耳を持たないだろうし、それなりに今の暮らしにも不満があるに違いない。



調停に提出したブログのコピーは、だからと言って何か展開が変わったかと言えばそんなことはなく、母親側から証拠の提出もされぬまま、下の子は裁判所に呼び出され事情聴取されたようだった。


裁判所から「お子さんのお話をお聞きして、そのお話の内容を記録しています。ご覧になれますので、ご覧になる場合は裁判所までお越しください」


と言っていたけど、バカバカしいので読む気にもなれなかった。


誰かと争うということは、それだけで相当の体力を消耗する。4カ月以上続くこの状態に、ストレスは極限状態で、落ち着くことのない心理状態が長引けば、やがてそれは不眠となり、疲れが取れない体を引きずって仕事に行く。


上の子のお弁当作りは毎日で、朝からまったっく気分がすぐれない。


絶えずイライラしていた。


いつになったら終わるのか分からぬ争いごとに巻き込まれ、だいぶ前から上の子の生活状況を全く把握できていない。生きてはいるようだったけど、顔を合わせることは週に2,3度となっていた。


下の子は進級してからというもの、学校側からの連絡は一切なく、新しくなった担任の先生からも、その後の様子とかでさえ一切の連絡がない。


そういえば、毎月引き落とされていた給食費が、去年の年末から引き落とされれることがなくなっていた。一体どういうことなのか分からなかったけど、中学2年生だったころ担任だった先生には、


「こういうことになって、下の子は出ていきましたけど、要は、嫌なことから逃げているにすぎません、今は何を言っても聞く耳を持たないでしょうけど、母親のところで長く暮らすというのは現実味がありません。いままで子供たちの面倒など見ていないのですから。何かあったら必ず僕のところに連絡してください、どういう状況なのか把握しないといけませんので」


と申し伝えてあったから、なにかあったら連絡が来るのだろうと、考えていた。


それにしても、新しく担任になった先生からも何の連絡もないというのは、いささか気になるけど、毎日忙しすぎてそんなことをいちいち考えている余裕が無かった。


連絡がないのは良い知らせと、勝手に解釈した。


調停前の待合室の窓からは、雪景色から新緑へと変わってゆき、かれこれもう半年もこんなことをしていることになる。


そろそろ調停も時間切れの様相を呈してきて、次回は裁判官から審判がありますということになり、4月最後の金曜日、世の中がゴールデンウィークに浮足立つころに、審判が下されるということになった。


提出された資料と今までの話し合いの記録は、すべて裁判官に渡していますので必ずお越しくださいと、最後に調停員はそんなことを言った。


これで終わりか、長かったけど、負けたら何にもならない。


負けるということは親権者の変更の決定であり、母親側の言い分が認められるということ。


万が一でもそんなことがあったら、これ以上の屈辱はない。


虐待などしていないのだし、昨日今日現れたような母親に好き勝手されてたまるかという気持ちもあった。


こうなったら、最後の手段だ。


あまり気は進まないけど、もうこれしかない。


アホ面して暴れまわる下の子に分からせるための、とっておきの最終兵器。




最後の調停まで数日となり、いつものように近所のヨークベニマルに買い物に行くと、駐車場の隅で学ランを来た中学生が数人固まって煙草を吸っている。


よく見るとその一角に下の子がいるではないか。


「あの野郎、またこんなところでぐずぐずしやがって、甘ったれがよ」


僕の中に怒りという怒りがふつふつとがこみあげてきて、今だ、今しかない、まずはあいつときっちりケリつけてやるという思いが猛烈に湧き上がってきた。


それでなくても、散々言いたいことをガンマンしている。


元はと言えば、僕と下の子の揉め事だ。


他人に口を挟まれる筋合いも無いわけだし、嫌なことがあったらこそこそ逃げ回るという腐った性根を叩き直さねばならない。


最後の審判を前に直接下の子と対峙して、男同士ケリをつけようじゃないかと思った。


そう思うか走り出すが早いか、僕はたむろする中学生の集団を蹴散らし、くわえているたばこを片っ端から引っぺがし、


「おいこらクソガキども、ケガしたくなかったら下がってろ」


そう言って、その集団からふてくされた表情の下の子を見つけると、学ランの襟首を力いっぱい捻じりあげ、金髪に染め上げた髪の毛を鷲掴みにし、引きずり倒した。


「てめえ、いつになったら目覚ますんだ、甘ったれが」


体の大きさなどさほど変わらなくなった下の子の襟首を両腕でつかみ、力の限り何度も何度も揺さぶった。


「話があんだよ、顔貸せ」


初めは勢いよく抵抗を見せた下の子も、僕のあまりの迫力に冷静さを取り戻したようだった。


すっかり風貌が変わってしまった下の子は、敵意に満ちた目で僕を見ている。


何がこの子をそうさせたのだろうか。


自宅から数分のところにある、毎日来るヨークベニマルの駐車場で、学ランを着た中学生を大の大人が引きずりまわしている。周りのことまで気を配る余裕は無かったけど、相当引いていたに違いない。


とりあえずベンチに座らせ、下の子と久しぶりに向き合った。


しばらくぶり向き合う下の子は、体が一回り大きくなったような感じがして、すっかり子供のころの面影はなかったけど、やっぱり僕は、この子のことが大好きなんだなと、そんな気がするのだった。


たった一人で10年間、成長を見届けてきた。


良いことも悪いことも、悩んでは苦しんで、怒っては褒めて、泣いては笑って。


ほんの半年だったけど、別々に暮らしているときは居心地が悪くて、片時も頭から離れることは無く、体の一部がなくなってしまったような喪失感。


こうして向き合ってみると、懐かしくて可愛くて、揉めても悩んでも忙しくても、文句を言いながらでも、止めたいと思っても、うまくいかなくても憎たらしくても、こうして一緒にいれることが、僕にとっては幸せなことだったんだなと、激怒する頭の中におかしな感情がこみあげてくるのだった。


生きて帰ってくれば、それでいい。


色々あるけど、生きていればそのうちいいことあるし、さんざん揉めたけど分かり合えないとは思っていないし、また一緒に暮らせるのではないかと、そんなことを考えた。


そのためには、こうなってしまった以上はっきりさせなければならないことが僕達にはある。


それを下の子に伝えて、そのあとの身の振り方は彼自身に任せよう。


生き方を強制することは、僕の本意ではない。


母親と暮らしたいということが、彼の素直な感情であり願いなのであれば、それは尊重しよう。


その代わり、新たな道を選ぶのであれば、それなりに筋を通して、感謝の気持ちを持って新しい道を歩まなければならない。


それが出来なければ、何をやってもどこに行っても同じことだ。


理解できるかできないかは分からないけど、今下の子に伝えなければならないことは伝えなければならない。


男である以上、こそこそせずに、堂々と自分の選んだ道を胸を張って生きてほしかった。


そのためなら僕は喜んで身を引こうと、覚悟した。


久しぶりに下の子と本気でぶつかって、面と向かって対峙して、なぜかすがすがしい気分だった。


負けるということは、母親の主張が認められるということではなく、親権が母親に移動するということでもなくて、下の子が幸せではなくなるということなのだ。


幸せな人生を、生まれてきてよかったと思えるような人生を、僕は彼に与えてあげなければならない義務と責任がある。


下の子が、心から幸せだと思っているのなら、母親と暮らすことが彼の幸せであるに違いない。そうではなくてこういうことになっているのであれば、助けなければならないだろう。


こうなったら、男同士腹割って語るしか、もはや方法はない。


良いことばかりで、嫌なことから目を背けたら幸せにはなれるはずもなく、時に大人になるということは、とてつもなく残酷だ。


ベンチに腰を下ろした下の子に、僕はこう告げた。


「なんで俺がお前たち引き取って育ててるか、知ってるか」


13歳になった下の子に、こんなことを話す日が来るとは思っていなかった。




~最終話まであと4話~

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

明日の タケシさんが次に書こうと思っていること

|

過去の想い出のタグがついたストーリー

物に魂が宿ります「お気に入りのお弁当箱との別れ」

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(4)危機感2 仕事がつまらない

立ち直った26歳③

♪あるがままって難しい?でも…

流川は天狗?? 真正〇茎でもいいじゃないか!

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

立ち直った26歳②

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その2~リバウンドは突然に

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その1~ブクブク・ポッチャリ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。序章

明日の タケシさんの他のストーリー

  • 【第3話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

  • 明日の タケシさんの読んでよかったストーリー

  • 【最終話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。