僕は東京のIT会社で働く普通...普通の会社員。


毎日、早く起きて、遅くまで働く。いたって普通の会社員だ。


学生時代は小説や映画で描かれる素晴らしい恋愛なんてしたことはなかった。 

休日の街を歩けば、カップルとすれ違うたびに「俺にはあんな青春なんてなかったな..」なんて思いながらいつも僻んでいた。


だけど自分に素敵な出会いが訪れるなんて、その頃には全く想像していなかった。


仕事を辞めて、応募したリゾートバイトで、僕は人生が変わる経験をすることとなる。


それは僕に遅れてきた青春だった。


※本編で使用されている写真はすべてイメージです。

また実体験に元にストーリーを作成しておりますが、登場人物、地名、建造物等などは全て創作です。

フィクションとしてお楽しみください。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

前田 啓太郎

元ブラック企業会社員。会社を辞めて、逃げるように応募したリゾートバイトで青春を謳歌する。現在『リゾートバイト~ひと夏の恋はいきなりやってきた~』を書いています。

|

仕事のタグがついたストーリー

物に魂が宿ります「お気に入りのお弁当箱との別れ」

♪あるがままって難しい?でも…

ママは強いというけど、強くならざるを得ない話。働くなら保育園(でも正社員じゃないと入るのは難しい)預かり保育のある幼稚園にいれてもママが働く大変さは変わらない。入園式では先生を待遇のいい都内に引き抜かれた園長先生が幼稚園の経営の大変さを語った話。

流川は天狗?? 真正〇茎でもいいじゃないか!

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(1)押し寄せる危機感

統合失調症との付き合い方

Episode2 新生流川! 同伴なんてへっちゃら

ベルリンで投資家を探す旅をはじめます

ヘルプを征するものがホストを征する 

~初キャバクラ~ それが営業。

おっちゃんが教えてくれたんだ^^!WEBマーケティングの大切さってやつをさ。

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<6章>

「懲役40年って、本気で言ってんの?」〜新社会人に向けて、僕なりに伝えたい本当に大事なこと。〜

入社式で社長の前で答辞を読んだら恐怖に襲われて円形脱毛症になった話

前田 啓太郎

元ブラック企業会社員。会社を辞めて、逃げるように応募したリゾートバイトで青春を謳歌する。現在『リゾートバイト~ひと夏の恋はいきなりやってきた~』を書いています。

前田 啓太郎

元ブラック企業会社員。会社を辞めて、逃げるように応募したリゾートバイトで青春を謳歌する。現在『リゾートバイト~ひと夏の恋はいきなりやってきた~』を書いています。

前田 啓太郎さんの他のストーリー

  • 【第9話】人生いろいろ

  • 前田 啓太郎さんの読んでよかったストーリー

  • 【第6話】カレーライス