僕は東京のIT会社で働く普通...普通の会社員。


毎日、早く起きて、遅くまで働く。いたって普通の会社員だ。


学生時代は小説や映画で描かれる素晴らしい恋愛なんてしたことはなかった。 

休日の街を歩けば、カップルとすれ違うたびに「俺にはあんな青春なんてなかったな..」なんて思いながらいつも僻んでいた。


だけど自分に素敵な出会いが訪れるなんて、その頃には全く想像していなかった。


仕事を辞めて、応募したリゾートバイトで、僕は人生が変わる経験をすることとなる。


それは僕に遅れてきた青春だった。


※本編で使用されている写真はすべてイメージです。

また実体験に元にストーリーを作成しておりますが、登場人物、地名、建造物等などは全て創作です。

フィクションとしてお楽しみください。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

前田 啓太郎

元ブラック企業会社員。会社を辞めて、逃げるように応募したリゾートバイトで青春を謳歌する。現在『リゾートバイト~ひと夏の恋はいきなりやってきた~』を書いています。

前田 啓太郎さんが次に書こうと思っていること

|

前田 啓太郎

元ブラック企業会社員。会社を辞めて、逃げるように応募したリゾートバイトで青春を謳歌する。現在『リゾートバイト~ひと夏の恋はいきなりやってきた~』を書いています。

前田 啓太郎

元ブラック企業会社員。会社を辞めて、逃げるように応募したリゾートバイトで青春を謳歌する。現在『リゾートバイト~ひと夏の恋はいきなりやってきた~』を書いています。

前田 啓太郎さんの他のストーリー

  • 【第6話】カレーライス

  • 前田 啓太郎さんの読んでよかったストーリー

  • 【第9話】人生いろいろ