フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第2話

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第2話
▼他27件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
731

思えば  あの日が全ての始まりだった。



平和で穏やかで  少しだけ退屈な日々を重ねている

こういうのを幸せっていうんだろうか

そもそも幸せって何を基準に言うんだろ


そういえば   あの頃だって あった

過酷な運命を呪うばかりだったというのに

ほんのひと時だけ……

身体中で幸せをかみしめてたっけ



私の昔話に少しだけ付き合って頂きたい。




あの日が私の運命を大きく変えるとは

知る由もなかった。

当時 大学2年生だった。

私は夜の雨の中を駆け足で走っていた。

充電の切れた携帯電話を握りしめたまま

駅前の電話ボックスに飛び込んだ。

息を切らしながら財布からコインを取り出し入れる。

5コールめであの聞き慣れた不機嫌な声が流れてきた。

「…はい」

「あ、ワタシ。桃子」

「何だよう。今頃」


「タッくんごめんね、ホントに。携帯死んじゃってさ。バイト勝手に延長させられるし」


「……」


「待ったよね、ホントにごめん」


「充電しとけって言ったろ、マジでお前って学習能力ゼロな」


何も返す言葉がなかった。

もういいわと言ってプツンと電話が切れた。

私は肩を落とし電話ボックスを出て

乗ってきたばかりのバスに再び乗りこんだ。

ダメかもしれない、フラれる…    だろうな、きっと。

私は窓を叩きつける雨粒を見ながら思った。

タッくんこと川越拓也は今年の春、合コンで知り合った。

彼から誘われ何度か会ううちにそういう関係になった。

大学も割と近く、互いの学食で一緒に食事したりもした。

学費も偏差値も超高いS大学に通う彼だが、

なぜか、信じられないほど物覚えが悪かった。

いつもクールなイケメンを気取り、鏡の前に立つとしばらくは動かない彼が

両親からもタッくんと呼ばれていると共通の友達から聞いた。

でも彼はS大学ということで女子らの中で競争率が結構高かったそうだ。

性格も気分屋で自己中な時が多いが

根は正直で真っ直ぐなところもあるので嫌いになれないのだった。

はあ……

私はため息をついて時計を見た。

もうすぐ夜9時半。

お腹が空いた。近所のスーパーに寄って帰ろう。

閉店間際だからきっとお弁当も半額になってるはずだ。

その時

不吉な予感がした。

何だろ?  今の感じ。

そうだ…  鞄だ。たった今、鞄に手を入れた時の違和感だ。

私はもう1度、鞄のに手を突っ込み、今度は顔を近づけて中を覗き込んだ。

ない……

嘘……

何度見ても入ってなかった。

携帯と財布

目の前が真っ暗になった。

財布には、ATMで下ろしたばかりの実家の母からの仕送りがそのまま入ってる。

シングルマザーの母が生活を切り詰めてパート増やして工面しているのを知っている。

 どうしよう…

どこだ?  どこに置き忘れたんだ?     盗まれた!?    バカな!!!

ダメダメダメダメ!  ……落ち着いて   最後に見たのは…

思い出そうと懸命にパニック真っ只中の頭を振った。

脳裏に先ほどの電話ボックスが浮かび上がった。

そうだ…!

あそこだ……

そうだ…わかった! 電話する時 慌ててたから

お金を取り出した後、無意識に電話機の上に置いたんだ、間違いない!

携帯もその上に置いたはず。

私は次のバス停で降り、再びバスを待った。

バスはすぐには来なかった。

歯がゆさに地団駄を踏みたくなるのを堪えながら待った。

止まったバスに再び乗車する。

嫌な予感は  収まらなかった。

駅前のバス停に戻った時、財布と携帯電話を置き忘れてから

すでに1時間近く経っていた。


バスを降り電話ボックスへと全力疾走した。

電話ボックスが遠くに見えてくる。

私は目を疑った  いや  予感はしていた。

その通りだった。

遠目でもわかる。

そこには私の大切な 落し物は  なかった。


嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘!

交番で盗難届を書いている時も

何度も何度もこの言葉を頭の中で吐き続けた。

バカやろう!なんて私はバカなんだ!


交番に届けた後

私は脱力したまま足取り重く、再度バス停まできた。

でも、すぐにその場を離れた。

私にはバス代すらないのだ。

バスで30分の道のりを歩いて帰るしかない。

泣きたくなった。


駅からすぐのところにある公園のベンチに座り

私は今後のことを考えていた。

仕送りはパー

バイト代は月末にならないと入らない。

ていうかバイト先までの交通費すらない。

学校は徒歩で行けるから大丈夫。

でも、月末までどうやって過ごせばいいんだろう。

家には小銭程度しかないし、冷蔵庫の中はほぼ空っぽだ。

カップ麺の一つもない。

ない頭を振り絞って考え続けた。


明日学校で友達に借りようか。

数人のクラスメートの顔が思い浮かぶ。

でもみんな1人暮らしでお金に余裕がなさそうだ。

1人だけ例外もいるが…

由美の顔が浮かび上がる。

高飛車な薄笑いをした由美の顔が。

慌てて取り消す。嫌だ、もう施し なんて受けたくない!

お金に困っているだなんて知られたらそれこそ笑い者にするだろう。

由美じゃなくとも誰かから噂が漏れてしまうに決まってる。

そうなると誰にも助けて何て言えない。

絶望でくらくらした。

さっきまで呑気に今晩何を食べようか考えていたのが

夢のようだ。


その時ふと足元を見ると小さな雑誌が落ちている。

状態が綺麗だったので拾い上げてペラペラめくってみた。

すぐに私の視線が止まった。


《時給4500円保証❗️日払いOK❗️入店祝い金1万円❗️体験入店随時募集❗️》


私の時給のちょうど5倍だ…。しかし日払いOKてホントなの?

この駅の裏にある繁華街ら辺にあるらしい。

私は迷いなく雑誌を手に立ち上がった。


この手の店がどんなものかは想像がつく。

この時給を見れば一目瞭然。

酒をつぎ、お世辞を言うだけじゃ済まされないだろう。

もちろん触られたり…するんだろうな

私は顔を強張らせながら  それでも足を止めなかった。

躊躇するとか冷静にとかいう頭がどこかへ飛んでいた。


店は裏通りにあった。

ラーメン屋の脇の細い路地の奥

歩いていても気がつかないような場所だった。

でも黒服の男が男性客を送り出しているのを見てすぐわかった。

客は赤ら顔でスケベったらしい顔だった。

黒服の男は、道脇で迷子のようにモジモジしている私にすぐ気がつき声をかけてきた。

私が面接に来たことを言うと

ものすごく愛想の良い顔になって店の中へと通してくれた。


店内はかすかなBGMが流れ、カビとタバコと香水の匂いが充満していた。

寒いくらいクーラーの効いた狭い部屋の古びたソファに座らされた。

しばらく待つと  太った小柄のおじさんが入ってきた。

おじさんは   わざわざどうもね  と言って自分を店長だと名乗った。

そして舐め回すように私を眺めながら


「いや、飛び込みでこんな可愛い子が来てくれるなんて嬉しいね〜」

と言った。

そして こういうアルバイトを今までしたことがあるか聞いてきた。

私が首を振ると


「そう〜  でもね 、すぐに慣れるから何も心配いらないよ」


とネチっこい笑みを浮かべた。銀歯がいやらしく光っている。


その他いろんな質問を受けた後、私は小部屋から出され更衣室に連れて行かれた。

制服に着替えたらまた出てこいと言われた。

おぼつかない手でロッカーを開け、服を着替える。

更衣室に入る前、ちらっとラウンジを横目で見たが

所狭しと背もたれが異様に高いソファが並んでいた。

客と女の子が2人で何やら怪しげに談笑している声が聞こえた。

でもその姿は背もたれに隠れて見えなかった。


白い衣装はピッチピチだった。

サザエさんに出てくるワカメと同じくらいパンツ丸見えミニスカだった。

でも私は、こんなもんだ  想定内だ  と呪文のように言い聞かせていた。

今夜だけだ   ここで我慢すれば1万円もらえるんだ。


その時、若い女性が入ってきた。

黒髪ショートヘアで何て特徴もない平凡な顔立ちの子だった。

え!?こんな普通の子がいるの?

私は信じられなかった。

こういう場所は 赤毛や金髪のギャルと決まっているのに。

ショートの子が背中を向けている私に声をかけてきた。

「今日初めてなんだってね。店長が言ってた」


「はい」


「緊張してるでしょ。大丈夫だよ。みんなそうだから。でも慣れちゃえば全然平気になるよ」


私が顔を強張らせたまま引きつった笑顔で頷くと

ドアが開き、また2人の女の子たちが入ってきた。

彼女たちも拍子抜けするほど普通の若い娘だった。

ほぼすっぴん顏で、ジーパンにTシャツ姿。

彼女たちも私が初めてと知ると

「慣れちゃえば何てことないよ〜」と笑った。


ドアの向こうでノックとともに

「新人さん、そろそろいいですかあ〜」

という声がした。

私が出て行こうとする時、3人のうち1人が

「終わったら消毒忘れないでね」

と言っていたのが気になったが

私は構わず、軽薄そうな瘦せぎすの黒服の後に続いた。

黒服の男はラウンジの片隅で小声で言った。


「んじゃ、まあ  ひと通りわかってるとは思うけど、とにかく君のすることは

   お客様を喜ばすことね。失礼のないように」


「はい…」


「ま、キミ可愛いから頑張りしだいでそこそこは稼げるよ」


「あのう…」


「喜ばすって口で喜ばせばいいんでしょうか」


「んー…ま、そういうことも含めね!ぶっちゃけ気持ちよくさせりゃいいんだよね」


「でも、私 口下手な方で」


「大丈夫、上手だとか下手とか気にしないって。

   案外、下手な方が 慣れてない感じで初初しく感じるもんだって」


「でも話が続かなかったらどうすればいいですか?」


「は? とにかく口が自信ないなら手でやってあげればいいじゃん。それで満足する人もいるよ」


「???手で?」


「そう手で!」


どうやら話がかみ合っていないようだった。

その瞬間、私は自分が何か勘違いしていることに気がついた。

でももう遅かった。


「はい、じゃコレね。さ〜行ってみようかー」


まるで曲のスタートを促すDJのような軽い口調で黒服は言った。

その手にはおしぼりが握られていた。


震える手でおしぼりが受け取る私。


バカだ、何が全ては想定内だ。

無知すぎたんだ。

でも今はわかる。怖いくらいわかる。

これから始める行為の全容が私は理解できた。


おしぼりと一緒に渡された伝票に6番という数字がある。

6番席のまでの距離が少しづつ縮まっていく。

手の届く距離まで近づくと背もたれに垂れてタバコを吸う男の

禿げ上がったバーコード頭がもろに見えてきた。

青ざめた顔でしばらく見下ろしていた。


行って  という黒服の男の囁く声がした。

私は凍りついたように動かない体で何とか口元だけ動かした。


「失礼します」


蚊の鳴くような声でいうのが精一杯だ。

オヤジが振り返った。

だらしなくたるんだ浅黒い顔で二ヒヒと笑った。


「きたね、待ってたよ。新人さんだってね」


まだ少し離れているというのに吐く息が臭いのが分かった。

ほらほら、ここにかけなさいよ

と男が言うより早く

私はその場から逃げた。


更衣室に駆け込み

衣装を脱ぎ捨て

服を着ると風のように走った。

女の子たちの、あーらという視線や

黒服と店長の声にも反応せずは走った。


店の外へ出ても走り続けた。


走って走って、息ができないくらい苦しくなってスピードを落とした。

我に返ったように周りを見渡して見るとそこは線路沿いだった。

私は紅潮した顔で前を見ながら、歩き続けた。

このまま家まで帰ろうと思った。


帰宅したのは深夜12時過ぎ

厚底サンダルだったので足が棒のように感覚がなくなっていた。


アパートの部屋に入ると、ベッドにドサッと倒れこんだ。


身体中疲れて痛い。身も心もクタクタだ。

傷を負った野良犬のような気持ちだった。


そのまま寝てしまったようだ。

起きると深夜3時近い時刻だった。

激しい空腹を感じたので戸棚の中にあった煎餅と水道水を飲んだ。


そして再び冷静さを取り戻した私は

ベッドに座り 色々考えた。

私は間違ってはいない

あんな行為をしてまでお金をもらうなどと

思いとどまって良かったのだ。

何が慣れればなんてことないだ。

慣れちゃおしまいだっていうんだよ、全く。

どこにでもいるような顔をしているくせに、あんなところで働く女たち

それからそれを斡旋する男たち

みんなサイテーだ。

命がけで産み育ててくれた母親が知ったらどんなに嘆くか?


いや、今はそんなことはいい。

忘れよう。

明日から食料もないのにどうやって学校に通うのかを考えよう。

最近出欠に厳しくなったから、学校は休めない。

バイトはどうしよう。


今になって激しい後悔の念が押し寄せた。

財布のお金を失った大きさを思い知った。

実家の母に相談するのだけは避けたかった。

前にも言ったように、生活に困窮しているはずだし心配をかけたくない。


それから携帯電話

3年分の思い出がいっぱい詰まっている。

携帯電話の充電さえ切れてなかったら

だからってそれらが戻ってくるとは限らないけど


私はハッとした。


もしかしたら充電されているかも。

私と同じ機種を使っている人は割と多いのだ。


アパートの近くに公衆電話があった。

私は小物入れに思いついた時  小銭を入れていた。

その中から10枚ほど10円玉をかき集めた。

充電してないのだから当然 受話器からは  

電源が入っていないか電波の届かない所に……

という機会的な音声が聞こえてくるはずだった。

でも違った。

私の電話は息を吹き返していた!


3コールめで声が聞こえてきた。

若い女性の声だった。

「はい」

助かった!と私は思った。

きっと持ち主からかかってくると思って充電してくれていたのだ。


「あ、私その携帯電話の持ち主です!〇〇駅の電話ボックスに忘れてきてしまって。

  あの拾ってくださったんですか?」


「ええ、たまたま見かけたものだから。警察に届けようか迷ったんだけどね」


「感謝します。ありがとうございます!!」


「私さっきまで友達と飲んでてね。私のと同じ機種だったから充電 したの」


「あ、ありがとうございます。あのーどこに取りに行けばいいですか?」


「もう今日は遅いから明日でもいい?」


「もちろんです」


「じゃ、今からいう場所に取りにこれるかな?明日…そうね、夜7時とか空いてる?」


「はい!!」


ここから少し遠い駅名を彼女に言われた。

電車代が足りるかなあ、と頭をよぎったが

そんなことなんとでもなると思い直す。

財布が戻るのだから。

どこまでだって歩いてやるんだ


電話を切った直後、 あっと思った。

財布のこと聞きそびれた。

でも携帯電話と一緒に置いてったんだから無事なはずだよね。

電話を切った後

私は見違えるほど気持ちが明るくなった。


そして足取り軽くアパートの階段を上った。

まさか、この日を境に運命の歯車が狂ってしまうなどとは知らず

これから想像を超える事態が 私を待ち受けているなどと露にも思わず


私は安心してすぐに眠りに落ちた。


空はすでに白ばんでいた。




第2話に続く

















































読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshida Maikoさんが次に書こうと思っていること

|

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshidaさんの他のストーリー

  • フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第7話

  • Yoshidaさんの読んでよかったストーリー

  • No.1 -プロローグ-「引きこもり」にすらなれなかった僕。病んで7年治療初めて7年。いじめ、貧困、差別、母子家庭、心の病・・・。それでも僕は諦めない。