英語の仕事をするという目標を10年かけて叶えた私が、英語で仕事をしたいと考えているあなたへ伝えたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうして英語で仕事をしたいと思い始めたのか、今ではほんとうによくわからない。なんとなく興味があった外国文化のおしゃれな感じを、将来の日常生活に取り入れたいというようなぼんやりとした想いがあったのは事実だと思う。さほど努力をしなくても、英語の成績だけはわりよよかったこともあり、流れで英語英文学科のある大学へ入学して、卒業した。

当時は、英語英文科を卒業したし、語学留学の経験もあるから、せっかく学んだことを仕事で活かせなければ、それはこれまでの歩みの正しい結果ではないと考えていた。元来、まじめな性格。手相にもそう出ている(らしい)。

というのは表向きの話。ただ単に私は、平凡さを捨て、自由でおしゃれなキャリアウーマンになりたかったのであった。地味な制服を着て自宅と会社の往復、結婚したら家族のためにキッチンと居間の往復、そんな人生はつまらなくて価値がないと思った。だから唯一、ほんの少しだけ、人よりも優れている(と自分が思い込んでいる)英語の能力を活かす仕事に就ければ、キラキラと活躍し続けることができるはずだと確信するようになった。実におめでたい。

私は、英語に関連する仕事を求めて、20代を派遣社員として模索した。派遣社員なので、立場的に補助的な仕事しか与えられず、本当にやりたい仕事に人生を捧げられていないという不完全燃焼感がずっとあった。しかし実際は、派遣社員だからとかそういう理由ではない。オフィスワークの経験値や能力が圧倒的に不足しているがゆえ、高度で複雑な仕事を任されなかっただけだった。それもそのはず、エクセルの勉強でもすればいいのに、いまだ英語や英会話の勉強を場違いにも続けている始末だった。

とうぜん収入も伸びなかった。新卒で企業に入社した友達たちが少しずつステップアップしていくのを横目に、焦りを感じていた。

(自分に合った仕事さえ見つかればブレイクできるはずなのに…)

そんなことを悶々と考えてしまい、ひとりで勝手に悩んでいた。

大学職員として留学生や国際交流に携わる仕事をしていたこともある。将来留学したいという学生にアドバイスをしたり、海外提携大学とのコーディネート業務をしたりと、一年ほどそこで楽しく過ごしたけれど、本来イメージしていたやりたい仕事は、「外国人と一緒にチームで仕事をし、大きなプロジェクトを動かす」といったような仕事。そんなことが自分にできるはずだと信じていたのは、本当に無知がゆえ。これだと思う求人があれば華やかな履歴書を書いて面接を受け、ことごとく落ちていたのに、その理由が自分の魅了性のなさにあるとは気がつかず、経験不足や適性不足なのだと置き換えて納得していた。人は、自分の見たいものだけを見るというけれど、まさにそのとおり。他人からみれば、ずい分と「こじらせている」面倒な子に見えたに違いない。

とある地元企業の面接では、面接官に、

「あなたはすでに英語の仕事に就いているんでしょ?だったらどうしてうちにきたいの?その仕事を続ければいいんじゃないの?あなたは、正社員になりたいだけなんじゃないの?」と、志望動機の甘さを指摘されたりした。おっしゃる通りです。

そもそも仕事をするってことの意味を全然わかっていなかった。プライドの高い私は、英語の仕事を「賢く、有能な人にしかできない」要するに「かっこいい」仕事だと位置づけ、それこそが自分に向いた仕事だから優秀にこなせるはずと思いたかっただけで、仕事を通して自分が何を貢献したり実現したりしたいのかを全く考えていなかった。変なプライドを捨て、素直に謙虚な気持ちで面接を受ければ、若さとまじめさが評価されて、妥当な能力の一般事務職に落ち着いていたのではないかな、とも思う。

それでも私の勘違いは続くことになった。それは、働きだして数年目を迎える友人たちが女子会で一斉に「仕事を辞めたい。結婚したい。」と言い出したからだ。今にして思うと、彼女たちは王道の生き方を選択した結果、まっとうな女の一生というものにいち早く乗っただけにすぎない。それを私はやっぱり自分の都合の良いように解釈した。

(いくら良いお給料の正社員でも、好きな仕事をしなければ意味がないんだ!)

そんな私を変えるきっかけになった、こんな出来事があった。とあるエネルギー系会社でのこと。

「このデータ、マクロで処理してもらえますか?」

と社員さんに頼まれた。この人は現場の仕事が多いので、オフィス内でもたいてい作業着を着ている。40代の男性だ。

「マクロ…?できません。やり方を教えていただけますか。」

と私は言った。こんな会社(←失礼)で能力発揮のステージが準備されていない状態でも、できないことを教えてもうらう姿勢は大事だと思っていた。

社員さんはものすごく怪訝な顔をして言った。

「あなた事務員さんですよね。事務員のエキスパートとして雇われているんですよね。でもできないって…。だったらいいです。自分でやりますので。」

どうして教えてくれないのだろう、バカにされたと思い、悲しくなり私は家に帰ってちょっと泣いた。

悲しい理由は明白だった。やりたくない仕事だからといって、向上心を捨て、わからなければ教えてもらおうなんて甘すぎるのだ。私の同級生たちも含め、職場ではみんな、やりたい仕事だけをやりたいなんてふざけた夢を語る時間なんかない。みんな、プロフェッショナルの現場で、そこにある以上は誰かがやらなくてはならない仕事に、真摯に向き合っている。

やればその人に信頼と学びがついてくる。この出来事は、私がその成長のチャンスを失ったというだけの話だし、私がそれを乗り越えていかない限りは、おめでたい少女が痛いおばさんになっていくだけという話なのだ。

このようにして20代の私は、少しずついろいろなことを理解していった。

2008年に結婚した私は、その翌年夫が広島に転勤になりそうだという話を受け、思い立って仕事を辞めた。製造業の大手会社で、社員の方々のちょっとしたプレゼン資料などの翻訳をお手伝いするような事務職だった。私にとっては3回目の転職先、残業なし、休みたいときに休め、日々ゆるい翻訳をするだけで月20万円ほどのお給料がもらえるなんて、悪くない話ではないか…と思いきやもちろんいまだ私は納得していなかった。ある意味では、この無職期間、いったん自分の限界を受け入れた時期ともいえるかもしれない。30歳になっていた。

ただ、おそらく結婚の幸福感も後押ししたのだろう、広島で再生できるだろうという思いもあった。広島は外国人の人口も多いし、国際的な街だから、英語の仕事の求人も多くあるのではないかと思った。そういえば私は大器晩成型なのだ。手相にそう書いてある(らしい)。

引っ越しまでの数か月、みっちり英語の勉強をして、英検準1級とTOEIC925点、そして小学校英語指導者資格を取得した。子どもに英語を教えることはあまりピンとこなかったけれど、短期間で比較的簡単にとれる資格なのでとっておいた。

いま、振り返って思うと、要するに私は英語が「趣味」なのかもしれない。趣味でやめておけばよかったのに、変にプライドを持って続けてしまったがために、どうにかしてそれを稼ぎに変えなくては、すべて人生のほかのこともひっくるめて「無駄な経験になるかもしれない」という呪縛となってしまったパターン。もしかしたら私のように、英語をはじめとした語学系だけではなく、ほかのジャンルでも同じ呪縛にとらわれてしまっている人がたくさんいるのかもしれないなと思ったりする。

優しい性格の夫は、そんな私を見ても特に意見することもなく、やりたいことをやってるみたいだしいっか、ぐらいに思ってたのかな。感謝。

TOEICに関しては自分でも信じられないくらい没頭できた。スコアが安定して900点を超えるようになると、リスニングは毎回「満点」だった。良いスコアをとることは、意識の高い社会人になりすますひとつの手段でもあり、自己満足の世界に浸れる慰めでもあった。30歳にもなって学生時代の評価基準で生きているなんて、すごくはずかしいことなのに、私はそれを無理やり向上心と呼んで正当化していた。

だってとにかく今は充電期間。引っ越し先で必ず良いことがあるはずと信じてせっせと勉学に励んだ。

(ちなみに、TOEICの勉強法やテクニックは、また別の機会で詳しく書きたいと思っています。)

そして、2009年、結婚1年目にして、いざ広島へ。

結論から言うと、方向性は間違っていなかった。派遣会社に登録してすぐに仕事のオファーが来た。外国人が従業員の半数以上を占める、公教育や企業の外国語学習事業に関わる企業だ。紹介予定派遣というシステムで、半年後には正社員になれるという話だった。

履歴書の語学関係の資格や、これまでの職歴が、広島支店の管理職の目にふれ、派遣会社の担当者の方にも「ぴったりのお仕事ですね。」と言われた。とんとん拍子に話が進んだ。

ついに来た!

採用が決まったときは本当にうれしかった!

地元でみちみちと地味にここまで頑張ってきた(と自分では思っている)努力が、やっと報われたような気がした。ドーナツをかじりながら外国人スタッフが部屋に入ってきて「Welcome to Hiroshima!」と私の顔を見て言った。私はこの会社の一員になった。

あとからわかったことだけれど、このとき会社は大変な状況だった。営業から経理までなんでもこなす女性社員が、体を壊してぱったりと会社に来なくなり、そのまま退職してしまったらしい。そんなポジションの後任に入るわけだから、引継ぎなんかも全くない。仕事を覚えるのはほんとうに大変だった。

しかも、私にとって初めての「外国人と一緒に仕事をする」という環境。これまで、わりと安定している地元企業で、年功序列・終身雇用の文化の中、ぬくぬくと派遣社員を続けていた私には、何もかもが衝撃だった。「業務マニュアルとか別にないから、自分で考えて最適なやり方で自由にやってね。」という方針。初日から日本語と英語が飛び交う中、即戦力が発揮できなければ居場所はない。中でも一番衝撃だったのは、自分自身のことだ。何が衝撃だったかというと、

「英語が使えない」。

…そう、外国人メンバーが何を言っているのかわからなかったのだ!ネイティブの外国人から電話もじゃんじゃんかかってくる。欧米諸国だけではなく、アジア、南アメリカなど、英語公用語圏出身のメンバーもたくさんいた。名前すら聞き取れない。

そういえば、よく、

「TOEICリスニング満点なんてすごいですね。映画とか、字幕なしで見るんですか!?」

と人から聞かれるたびに、ええとかまあとかごまかしていいたのだけれど、実は私、字幕なしの映画鑑賞では、ほとんどせりふを理解できたためしがないのが事実。TOEICリスニング満点。本当です。

周りのメンバーは素晴らしかった。出身国など関係なしに、てきぱきと仕事を進め、ときにはジョークをとばしながら、チームワークで大きなプロジェクトをどんどん成功させていく。聞けば、特に語学系の難しい資格を持っているわけではない。

「高校のとき、英検2級をとったかなー。でも僕、勉強キライだから。」

「オーストラリアを放浪して英語が話せるようになった。」

「趣味でラテンダンスを習っているときに出会った外国人と結婚したから、家では英語。」

彼らは魅力的な人たちだった。彼らが内側に秘めた思想やユーモアといったものが、色彩豊かなコミュニケーションとして溢れ返っている職場だった。文脈や背景をダイナミックに共有するそのチームワークにおいて、文法や発音なんか誰も気に留めてもいなかった。

私はまったくペースについていけていなかった。外国人メンバーから何かをとっさに尋ねられたとき、

(どう答えていいのだろう!?)

と、必ずといっていいほど固まるのがおちだった。

私はこれまで10年間、せっせと「学習」にいそしむ中で、ものすごく大切なことを見落としていた。英語は「コミュニケーション」のツールなのだということを。辞書によると「コミュニケーション」とは、

「互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと。」

とある。今さらすぎるこのタイミングで、やっと私は本質を理解した。これまでの自分の歩んできた道が立体的に立ち上がり、見せることのないその背面を、はじめて私に見せつけたような気がした。

コミュニケーションとは、自己と他者、相互をつなげる行為。伝えたり、伝えられたりすることで、お互いに反響し合う。新しい価値観や、モノ、コトすべての創造がそこから始まる。

外国語は、話したい相手に伝えたいことがなければ、持っていたって何の意味もないただの「知識」にすぎない。携帯電話が、話したい相手や伝えたい内容がなければ全く意味がないただの「モノ」であるように。

なんということでしょう。私は、10年間かけて、持っているそこそこイケてる携帯電話がとにかく最高にかっこよく見えるよう、大事に磨いていただけなのだった。そしてまた、私自身は、海外生活やコミュニケーション経験がほとんどない状態で、ただクイズ感覚のみでTOEICのデータを丸呑みしていくとこんな人間ができますよという悲しい標本になっていた。テキスト通りの会話は、テストにしか出てこない。クライアントのアポを取り付けるのは、ダイアローグのように簡単なことではない。プロジェクトの一面が成功したからといって、国籍や文化の違う社内の全員が手放しで喜んでくれるわけじゃない。誰かの役に立つような仕事を成し遂げ、共感や信頼といったかけがえのない財産を得るためには、知恵や意地、本当の社会を生き抜くタフな力が必要なのだ。

現在、私は、この会社に入って7年目になろうとしている。この会社で走り続けた30代。社員の英語能力向上や異文化理解についてクライアントからご相談を受け、それに対する提案をさせていただくようにもなった。

「TOEICのスコアは悪くないのに、全く話せない。」

「新入社員のモチベーションを高めたい。」

「日本人メンバーが、会議で存在感を発揮できない。」

「実務能力も語学能力も高い社員が、海外赴任で鬱病になった…。」

彼らの話をしっかりと聞き、よいものを、外国人チームと一緒に、全力で創り上げるために、信念をもって私は伝える。

「英語が正確であることより、異文化を生き抜く心と、交流する知恵をもつことが大切です。」

そして最近私はよく考えるようになった。「仕事をするって、どういう意味なんだろう」と。それは20代の頃には全く気がついていなかった問題提示だ。仕事を通じて何を実現し、誰に貢献し、その足跡をどこに残したいのか。

この答えは今も模索中だけれども、自分視点においては、ひとつだけいえることがある。結局は、学びであろうと仕事であろうと遊びであろうと、それらはすべて自分が「どういう人間になるのか」を決定する一つの要素であって、ゴールではないということ。

もちろん好きで得意であることがあるならばそれを続ければいいし、運よくそれを活かした仕事に就くことができれば、さらなる高みを目指していけばいい。でもそこで満足して、歩みを止めてしまうことはとても危険だ。

なぜならあらゆる物事には背面があり、多くの場合、その背面に、自分に大きな成長をもたらす啓示が書かれているからだ。50代、60代、その先になっても、人生は続く。会社員として期待されるという大前提がなくなるときがくる。そのとき私は「どういう人間になるのか?」きっと、手相にはそこまで書かれていない。それは自分が決めることだ。

最後に、英語で仕事をしたいと考えているあなたへ。

その語学力を、何のために使いたいですか?

何を実現したいですか?

どんな人間になりたいですか?

ぜひ、わたしにも教えてください。

「…英語の成績よくないけど、世界を体験してみたい。」

全然、大丈夫!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

当方 海外駐在です。大学1年から目指し10年かけて、叶えています。本文、共感致しました。
数年前から英語'も'駆使して、ビジネスパーソンとして、どう生き残るか(本当ー、に世の中厳しいので。)、に関心が変わっており、青くさい大学生の頃よりは少しは進歩したかな、と思っています。

コメント、本当にありがとうございます!
「共感」がこんなにうれしいとは。自分の想いをここに刻んでよかったと、しみじみ感じています。仰るとおり、過去と今では、同じように英語に関わっていても、立ち位置が違い、視界も異なるものだと思います。海外駐在のお仕事という夢を叶えられて、きっと今、次のステージに立たれていることと思います。ますますのご活躍をお祈りいたします。ぜひ、いつか、ストーリー、聞かせていただきたいです。

Hiranishi Mai

岡山市出身。2歳年下の妹ががんになりました。 二人三脚でストーリーを書き上げると決めました。 https://rebooorn.amebaownd.com

Hiranishi Maiさんが次に書こうと思っていること

|

人生が変わったキッカケのタグがついたストーリー

第165章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

怒れる者よ、しばし歌うのを止めて……

【5話/薄れる冒険者としての自我】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

4度目の受験に失敗した男が、脇道を猛進して彫刻家になり、20年後に悟ったこと。”人生はこれで〇〇〇〇”

第164章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

4月から無職になる。「疲れた」という、とてもシンプルな選択肢。

第163章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

これから仮面浪人を考えている方へ(突貫版)

第5話 メキシカンおばちゃんと愛を探す!【小児科ナースが天国に行った子どもたちと地球2周半、涙の奥に見えたとんでもなく輝く世界*(人生観が変わるお話)】

聞こえないブロガーが50円ブログを起業しました。

第162章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

 ~ホームシック。~

5人の大学生がシェアリングエコノミー(共有経済)について株式論文を執筆し、敢闘賞を受賞した話。

【1話/今の佐藤さん】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

Hiranishi Mai

岡山市出身。2歳年下の妹ががんになりました。 二人三脚でストーリーを書き上げると決めました。 https://rebooorn.amebaownd.com

Hiranishi Mai

岡山市出身。2歳年下の妹ががんになりました。 二人三脚でストーリーを書き上げると決めました。 https://rebooorn.amebaownd.com

Hiranishiさんの他のストーリー

  • 【10月1日ピンクリボン】がんになった妹とわたしが、初めて一緒に取り組んだ再生のストーリー

  • Hiranishiさんの読んでよかったストーリー

  • 「たった1つの天職」探しをやめて気づいた大切なこと/肩書きの数だけ、未来が拓ける/スラッシュに生きる