夢は火星へ! 序章 大いなる夢

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙への夢は正にロマン。もし実現できるなら?


「宇宙へ行きたい!」が小さいころからの夢。誰もが抱く宇宙への想いですね

宇宙飛行士やロケット開発者など、色々なカタチの宇宙への切符。

しっかり学び、企業や研究を経て夢を追いかけつづける。

これが宇宙への夢を追いかける本筋だと思います。



「宇宙関連の事は未経験です」

過去も今も宇宙関連の事はしていません。

大学も日本大学で商学部、専攻は商業学科

学生時代から食品小売で仕事をし続けた

完全なる商人です。


「火星なんて本来遠い存在」

火星でお店を作るなら話はつながるかもですが。。。

もうお気づきかと思います

私自身が行くのではありません。

私が信じた「ある技術」を火星に持っていきたい。になります。

「ある技術」についてですが今お話しすると

前後関係の繋がりないのでストーリーに沿って登場します。


「夢を実現する度に夢は更に大きく・・」

私は料理が趣味で食品も大好きです。

最初の夢は「料理人になりたい」(幼稚園~小学生)

セカンドドリーム「いつか世界の食材を扱う仕事がしたい!」(高校生)

サードドリーム「海外駐在したい、そこで食文化を継承したい」(大学生)

ファイナルドリーム「火星へ」(今)


宇宙へと飛び出した夢

なぜ、そんな壮大な夢になってしまったのか?


この物語は

ある少年が抱いた平凡な夢から

運命の糸を手繰り寄せるように実現していき

最後は途方もない夢になるまでの軌跡。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Ryusuke Nishi

夢は火星へ そうなった物語

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(2)

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

32歳で「ものかき」として生きていくと決めた。会社を辞め、東京を離れ、33歳になった僕は今、こんな風に生きています。

初めての海外旅行13

《5話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

自分らしくを大切にする人生 その13 ~カミングアウトの決裂から10年以上、ある朝母がLGBTを兄に語り始める~

自分らしくを大切にする人生 その8 ~ガラクタ整理で人生が好転。体調を崩し、JICAを辞め、将来の展望が持てない不安な時期から、一転、ガラクタ整理師となり、本を3冊出版することに。~

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 最終話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 第三話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの一年間 第二回

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間

『1級身体障害者』が『自殺』をする為に全国を旅した話

不動産投資をやると決めた(5)とにかくやってみて分かったこと

Ryusuke Nishi

夢は火星へ そうなった物語

Ryusuke Nishi

夢は火星へ そうなった物語

Ryusukeさんの他のストーリー

  • 夢は火星へ 1章 夢の始まり

  • Ryusukeさんの読んでよかったストーリー

  • 30歳過ぎて「入社2日目」の他社のフレッシュマンと一緒にビジネスマナー講習に参加した話