夢は火星へ! 序章 大いなる夢

宇宙への夢は正にロマン。もし実現できるなら?


「宇宙へ行きたい!」が小さいころからの夢。誰もが抱く宇宙への想いですね

宇宙飛行士やロケット開発者など、色々なカタチの宇宙への切符。

しっかり学び、企業や研究を経て夢を追いかけつづける。

これが宇宙への夢を追いかける本筋だと思います。



「宇宙関連の事は未経験です」

過去も今も宇宙関連の事はしていません。

大学も日本大学で商学部、専攻は商業学科

学生時代から食品小売で仕事をし続けた

完全なる商人です。


「火星なんて本来遠い存在」

火星でお店を作るなら話はつながるかもですが。。。

もうお気づきかと思います

私自身が行くのではありません。

私が信じた「ある技術」を火星に持っていきたい。になります。

「ある技術」についてですが今お話しすると

前後関係の繋がりないのでストーリーに沿って登場します。


「夢を実現する度に夢は更に大きく・・」

私は料理が趣味で食品も大好きです。

最初の夢は「料理人になりたい」(幼稚園~小学生)

セカンドドリーム「いつか世界の食材を扱う仕事がしたい!」(高校生)

サードドリーム「海外駐在したい、そこで食文化を継承したい」(大学生)

ファイナルドリーム「火星へ」(今)


宇宙へと飛び出した夢

なぜ、そんな壮大な夢になってしまったのか?


この物語は

ある少年が抱いた平凡な夢から

運命の糸を手繰り寄せるように実現していき

最後は途方もない夢になるまでの軌跡。



読んでよかった
このストーリーをブログ等で紹介する

Ryusuke Nishi

夢は火星へ そうなった物語

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私が本を出版するまでの流れ……企画の立て方と執筆の進め方について……

40歳独女。会社を辞めて女一人 大型バイクで旅に出たら...

 文部科学省選定ドラマ「愛を乞うひと」を観て感じたこと

障害があっても好きな事で生きていけるって証明したい!画家本人がファンを募るという前代未聞のファンクラブを開設してみた

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

これがおれの2年だ!! 偏差値40高校出身のぼくがスタンフォードとUCバークレー大生限定のハッカソンに無理矢理参加して2位に入賞した話

息子が20万人に一人と言われる難病と闘った話。たった9か月間の3人家族だった。

女子大生が新卒でデリヘルのスタッフになった話(前編)

大卒1年のサラリーマンが100万円で飲食店を起業した秘話

もしもパソコンを触ったことがない文系大学新入生がシリコンバレーに初海外一人旅をしたら........

生涯にただ一度のプラトニック・ラブは、カーキ色の風に乗って瞬く間に通り過ぎていった

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

計画的ひきこもり。「先生。ちょっと夏の間だけ学校休みます。」ひきこもっていたら友達100人できました。

4浪して獣医学科に入った私がなぜ生協で営業の仕事をしトップをとっていたかの話

ここが変だよ日本企業

Ryusuke Nishi

夢は火星へ そうなった物語

Ryusuke Nishi

夢は火星へ そうなった物語

Ryusukeさんの他のストーリー

  • 夢は火星へ! 序章 大いなる夢

  • Ryusukeさんの読んでよかったストーリー

  • 食文化が違うエストニア人に唯一馬鹿受けした日本食、それは「◯◯○」(エストニアどうでしょう⑲)