Ozoneができるまでとこれから。フェスで未来をデザインする仕事。

このエントリーをはてなブックマークに追加
10

これまでのストーリー




私は恐らく生きていて、恐らく死ぬ

この一瞬にも及ばないような命はどう使えば後悔しないだろうか、、

そんなことを考えては、やめ考えては、やめる、そんな風に生きてきました。


進学してからも、どうせ死んだら何もなくなる人生だと、生き急ぐように遊ぶ日々も

忘却しきれない何かがあり、どこか空虚でした。


教育という領域に出会ったのは学生時代、テニスコーチのバイトを始めたときでした。

子供たちに教えるメニューなど自由につくらせていただいてとても恵まれた環境でした。


そして、その延長線上から脳科学や心理学を学ぶ機会が増え、覚えた知識を次の週のレッスンに反映して検証することが楽しかったし、それもよって子ども達が自由に楽しんで、確かにそれぞれ個性を成長させていってる姿を見守ることが、生きがいにも思えました。これはとても重要な体験で、自分は誰かの自由を保障していたいんだと思いました。


それだけ自分は身の回りの不自由さにいつも違和感を持っていました。

例えば就活や進学。

そこは正しさらしきものが蔓延する世界でした。

正しさとは他者の幸福を目的とした大局的な考慮がなされている思考のことをいい、正しさらしきものとはそれを前提とした雰囲気のことという認識です。

思考してから社会にでるまでのアウトプットに、思考を伴わない”正しさらしきもの”が

本質的な感情や、表現を抑制している様子が目に見えていて、何かそれがとてももったいなく感じていました。


それからは、そんな自分の生き方を「自由を保障する空間デザイン」と名付け

ワークショップや、学校づくり、コンサル、リバ邸というシェアハウス、自然の中での学びの場や、Silent itというサービスなど、思いのままに自由が生まれる場を立ち上げて行きました。


教育に携わると「あるべき未来」を考えてしまいます。

人間社会で普遍性を定義するにはあまりに多様であるので

人類としての観点に辿り着きました。
そこで在るべき姿は種の存続と未来の選択肢の保障に思えました。


要は未来に渡って人類に多様な選択肢を残すための

環境保全であり、生物多様性の保護であり、世界平和です。


そんなこと、どこか分かってはいたけれど、口に出すにはあまりに壮大で

その言葉が表現するにはあまりに小さい自分だから、恥ずかしくもありました。

けど、ただ今、今、今、今を楽しむだけでは満たされない何かを満たすには

ここから逃げちゃいけないんだと思いました。


現代の環境問題や社会問題は現代人だけが産み出したものではなく

これまで積み重ねられてきた生活や文化の結果です。


逆に言えばいま山でキャンプができるのも、海水浴ができるのも

、今ある選択肢の数は、これまでの人類のおかげです。


持続可能な社会をつくるということは

自分の子どもの子どもの子どもの子どもの子ども

恐らく見ることはできないけれど、想像すれば確かに愛おしく思える。

その存在を愛し行動するということです。


もしそんな感情が一人一人に備わっているとしたら

私たちは同じ未来を目指せるはずです。


Ozoneはそんな感情を大切にして

未来の自由を保障するために存在していきます。


ただ

「環境保全」だ「世界平和」だといって

広まらないのは、自分も結構な若者なのでよくわかります。


革命には数が必要なことを歴史は語っています。

ムーブメントを起こす必要があります。そのためには

「絶体絶命の危機を共有する」ことあるいは「楽しい遊びである」こと

そのどちらかが、あるいはそのどちらも必要です。

そしてムーブメントに火をつけるには強力なフォロワーが必要です。


私たちは不安を煽るアジテーションではなく、一方的に詰め込む教育でもなく

理想を集合させるエンターテイメント、”フェス”を共につくるフォロワーとして

大切なこの課題をすべての人に伝えることを諦めません。


いま、時代がものの価値からこころの価値へシフトしていき

消費の対象が体験へと移り変わっています。

フェスにおいても年々動員数、開催数は増加し

エンターテイメントが生む体験価値には強い波及力が確認できます。


一方で「楽しかった」だけで終わってしまうと

つまりはユーザーとしての参加で終わってしまうと

それはこれまでの消費と結局は変わらなくなってしまいます。

体験価値は、自分がクリエーターになれるというところに本質があります。


エンターテイメントの波及力を通した危機の共有と

自らがクリエーターとなり発信、循環していけるシステム


それが今後私たちが生み出していく

ソーシャルフェスという概念です。


そもそもフェスはソーシャルデザインを孕んだものですが

分かりやすくするために名前をつけました。


これは教育とエンターテイメントの

グラデーションとなる役割を持っています。


具体的に言うと

Sustainable deveropment goalsという

持続可能な開発のために必要な17のゴールを

フェス、エンターテイメントという形で開発、運用していきます。




例えば

サイレントフェスではターゲット10

「不平等の緩和」にコミットしています。


サイレントフェスの本質はヘッドホンをつけている人同士の

奇妙な一体感と非言語コミュニケーションの促進によるコミュニティデザインに

あるのですが、それを学校や芸術館、森やオフィスなど多様な場で多様な人々を、ファシリテーションの技術も使いながら、非言語の疎通を加速していくことからボーダーなき一体感を感じることが目的にあります。


またチケットのシステムとしてライブストックという制度を導入し、これは参加するためのチケットを他のだれかのためにストックしておけるサービスです。

そしてそのチケットがだれかによって3回使われるごとに、カンボジアやインドで売られてしまう少女の保護活動にチケットの料金分が寄付されるという仕組みです。


また進行中のものでいうと9月4日にターゲット12「つくる責任、つかう責任」を目的としたMud Land Fesというフェスを開催予定です。

これは有機野菜の流通をするベジリンクというサービスと共催で、有機農法だけで育てられた畑で、泥にまみれた音楽フェスを開催します。未来に渡って安全な食べ物を生み続ける土壌には、それだけで価値があるとして、このフェスでは通貨を泥団子にします。有機野菜を消費することは、ただ美味しくて安全なだけでなくて、未来の子どもの遊び場を保障することにもなるというメッセージを伝えます。


また今年3月に開催したQuantumというフェスでは次世代の電磁力発電を使いターゲット7の「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」を目指し、それぞれ心臓の音をキャプチャーして音にするライブ”ハートライブ”もターゲット3のもと進行中です。


ソーシャルフェスのポイントは

我々だけで開発運用するのではなく

誰でも参画可能なプラットフォームとして機能するところにあります。


ソーシャルフェス終了後は、アフターパーティーならぬアフターワークショップを設け、それを「セカイ会議」と名付けました。

セカイ会議では体験したコンテンツのブラッシュアップ及び、新たなコンテンツ開発をパーティーのようなワークショップで体験していきます。


また


企業向けには2C企業のブランディングに合わせたSDGsを選択し

企業のリソースを使ったソーシャルフェス開発を共にしていきます。

フェス開催はそのプロセス自体に、未来の学習必要性が高いスキルが詰まっており

それを体系化していくことで、フェス開発に伴うプロセス自体を

新卒研修や、教育機関でのアクティブラーニング

地域のコミュニティデザインとしても導入していきます。


2Cではサロンを展開します。これを「セカイ会議プレミアサロン」として

SDGsの知見を深めつつ、エデュテイメント開発のプロセスを学び実用化していく

サロンです。


それぞれ完成したコンテンツは、プレイベントを開催し

審査を通過するとOzoneでパッケージ化し

イベント会社、広告代理店やB2C企業に向けコンテンツ提供をしていき

運用を代行すると同時に、収益の一部を企画チームにバックしていく仕組みです。


Ozoneはこのような仕組みを「フェス」と「メディア」2つの媒体と


「サロン」と「クリエーターコミュニティ」2つのコミュニティを持ち

「エンターテイメント」「エデュケーション」「アート」の領域を交えて協働していきます。

この多様なステークホルダーの横断的なコミュニティ運用で

リゾーム型の価値創造をしていきます。


ざっくりですが、これが我々の行く末です。

今年はソーシャルフェスコンテンツの開発及びオウンドメディアの製作に

重点を置き、来年から「サイレントフェス」に次ぐ第2弾のパッケージをリリース予定です。

その後は、企業研修,地方創生に対応したプログラムの開発や、プロダクト、アプリの開発も行なっていきます。

2020年にはエコビレッジといわれるヒューマンスケールを基準とした村で

自然と調和し、エネルギーや作物など持続可能な方法を用いて共同生活していきます。


こんな未来に向けて皆さんに今お願いしたいことは3つあります。

1つは「うちのオフィスに遊びに来ませんか?」
綱島に構えることになりました、いつ遊びにいらしていただいても大丈夫ですが
来月30日には例のセカイ会議を行います。良かったらどんなものか体験しにきてください。


2つめ「ソーシャルフェス開発を一緒にしませんか?」御社のブランディングに沿ったSDGsを選んでいただき、御社のリソースを活用しながらフェスとしてエンタメ化し、PRコンテンツとして共に開発していきます。ぜひぜひお声がけくださいませ。


3つめ、「経営変わってください」お金を扱うことが苦手ですw

我々を生かす経営者募集ですw


私たちは教育とエンターテイメントの境目を限りなく0にします。

これまで同じコミュニティ内でグルグル循環させていたサイクルからは抜け出し

だれも見捨てないコンテンツを開発、検証していきます。

その可能性がフェスにはあると思っています。

フェスは、みんなが理想を持ち寄り表現する場です。


2030年まで続くこの取り組みです。

無責任かもですが、これは直接SDGsを解決することにはならないでしょう。

ただしその担い手を増やしていくことをしていきます。


世の中の希望の数を増やしていくこと。


それがこれからの私の命の使い方です。


ただ、こんなに成功が保証されてない

よくわからないビジネスモデルで

地球が、世界平和だと、眉間にしわ寄せて頑張らなくてもいいことは

よくわかってます。


結局この世に本当に重要な問題なんてなにもなくて

もしあるとしてもそれは、それを感じる自分の中にしかない


世界は自分で自分は世界で

地に足つけて結婚して子供をつくって愛する人のために

小さな幸せを与え続けることが

きっと一番いいのだろうと思ってます。


まだいまなら引き返すことも間に合いますけど

ここにもいる

かっこいい大人たちが今も尚、前を歩き続けてくれていて

その背中が見える限りは、理想に背かないで

そっちを追っていきたいと思ってしまうんです。


それがまた、自分もそうだったように

誰かにとっての希望になると信じているから

動けるうちは貪欲に理想を追い求めたいと思います。


ありがとうございました。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

雨宮 優

音楽と持続可能な地球のための学びを合わせた 未来のエンターテイメントコンテンツ 「ソーシャルフェス™」の開発運用をする Ozone合同会社のプロデューサー。

|

人生のタグがついたストーリー

CRAZYなBACKBONEでCRAZYに生きる。

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第42回)

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第41回)

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第40回)

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第27回)

入社して3週間で社長をディスったらクビになりましたvol.1

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第26回)

働き方

ブル中野の「しくじり先生」っぷりを見て感じたこと

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第10回)

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第9回)

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第8回)

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー エピローグ ~ウツが教えてくれたこと~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part6 ~『今』は高くジャンプする為に沈んでるだけ~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part2 ~嘘つき自分を演じたバツ~

雨宮 優

音楽と持続可能な地球のための学びを合わせた 未来のエンターテイメントコンテンツ 「ソーシャルフェス™」の開発運用をする Ozone合同会社のプロデューサー。

雨宮 優

音楽と持続可能な地球のための学びを合わせた 未来のエンターテイメントコンテンツ 「ソーシャルフェス™」の開発運用をする Ozone合同会社のプロデューサー。

雨宮 優さんの他のストーリー

  • 学校設立を目指した学生が、DJになって野外フェスをつくるに至った話

  • 雨宮 優さんの読んでよかったストーリー

  • 女の子の可愛いは、女の子にしか作れない。私がカメラマンになった理由