「もうライターを続けられない」と思ったときが、新しいスタートだった

このエントリーをはてなブックマークに追加
26

ライターを続けられない。もうダメだ。




そう思ったことがある。




執筆作業がいやだったのではなく、クライアントからの支払いが遅れ、生活費に困るような状態になったとき。




クライアントが資金繰りに困っているとか、何らかの事情があることを誠心誠意説明してくれた、ということがあったなら、おそらく私も納得できたのだけれど、


「忘れてました」


「支払日を勘違いしてました」


「支払いが遅れると伝えたつもりでした」


などの返答が返ってきたとき、まるで自分の価値が切り下げられたような気分になった。




こちらは生活の糧を得るため、真剣に仕事をしているのに、クライアントにとっては簡単に忘れられ、勘違いされる存在なのだと、自分が惨めになった。




そんな時、いきつけの美容院の店長さんから


「Web集客ってどうやったらいいでしょう?」


と相談を受けた。


「僕らはパソコンとか得意じゃないから、あんまり難しいことをやると、疲れてしまって……」


初めは深刻な相談ではなく、髪を切る間の雑談という感じだった。




しかし、別業種を対象とした記事とはいえ、Web集客のノウハウについて長く執筆してきた私は、つい熱弁をふるってしまった。




私の下手な説明に、店長さんはじっくりと話に付き合ってくれ、帰りには、お礼のサシェまでいただいたのだ。




同じころ、長くお世話になっている工務店の棟梁から


「ホームページを作りたいんだけど、何から手を付ければいいのやら」


と相談を受けた。


Web集客を強力に進めたいというよりも、お客様から「連絡先とかがインターネットで確認できる方が安心」という要望があるとのことだった。




こんな私に相談をしてくれる人がいる、と思うと嬉しかった。




1人の相談に乗るとまた1人ご縁をいただき、いろいろな業種の経営者の方から、ホームページやブログ、SNSを使っての集客戦略のご相談を受けるようになった。


たった一人のために、分析レポートを作成し、現状打破の方法を考えることは、大勢の読者に向けて原稿を書くのとは勝手が違った。それでも分析レポートを書いているとワクワクと楽しくなった。




同時に、私は経営者なんだから、新しい仕事を自由に始めてもよいのだ、ということをWeb集客の仕事が思い出させてくれた。


ライターとしてダメでも、人生全部がダメになったわけじゃないんだ。

そう思うと、気が楽になった。

気が楽になると、不思議にライターとしての仕事も、再びスムーズに回るようになったのだ。


ライターの仕事は好きだ。

それ以外にも、自分にできる仕事を、作り出していきたいと思う。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

河野 陽炎

大阪郊外在住。農家をリノベーションした物件を自宅兼オフィスとする。フリーランス・コラムニストとして、終業時間の早さNo.1 自己研鑽にかける時間の長さNo.1 挫折からの復活率100%を目指す。 http://www.ican.zaq.ne.jp/kagerou/ ライターになりたい人に届けるメー

|

起業のタグがついたストーリー

河野 陽炎

大阪郊外在住。農家をリノベーションした物件を自宅兼オフィスとする。フリーランス・コラムニストとして、終業時間の早さNo.1 自己研鑽にかける時間の長さNo.1 挫折からの復活率100%を目指す。 http://www.ican.zaq.ne.jp/kagerou/ ライターになりたい人に届けるメー

河野 陽炎

大阪郊外在住。農家をリノベーションした物件を自宅兼オフィスとする。フリーランス・コラムニストとして、終業時間の早さNo.1 自己研鑽にかける時間の長さNo.1 挫折からの復活率100%を目指す。 http://www.ican.zaq.ne.jp/kagerou/ ライターになりたい人に届けるメー

河野 陽炎さんの他のストーリー

  • 乳腺外科で手術を受けた2年後に、ヨット乗りになり、ボートの免許とチェーンソーの資格を取った話

  • 河野 陽炎さんの読んでよかったストーリー

  • 【くれくれ体質なクズだった私が「180°変わって」会社を興した話】はじめての海外オーストラリアで過ごした1年