フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第10話

▲他8件のストーリー
フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第10話
▼他19件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
235

憎悪と嫉妬

《これまでのあらすじ》初めて読む方へ

普通の大学生だった篠田桃子は借金返済をきっかけにショークラブ『パテオ』で働くことに。徐々に仕事に慣れ指名も取れるようになった桃子の内に少しずつ野心が芽生え始めていた。そんな中、イズミというホステスの指名客、飯島が桃子を指名してくる。戸惑う桃子だが…


夜の世界の暗黙のルールの1つに「人の客を横取りしない」というのがある。


初日、玲子が溜息まじりにフッと笑って言った。

「でもね〜、ここだけの話そんなの上辺だけ。店にとっちゃお客の希望通りにするのが第一だから。でも、それを表向き許すとそれこそ、そこら中で客とホステスの三角関係トラブルだらけになっちゃうでしょ。だから、極力やめておいた方がいいかもね」



それは、この世界に足を踏み入れたばかりの私だって分かる。

自分がやられたくないことは

他人にもしません

そういう話でしょ。


でも…今のこの状況は…


私は離れた席で客にしな垂れかかっているイズミを見た。

客の手を取って手相を見てワザとらしく驚いている。

腹の出たオヤジは、まんざらでもなさそうにヘラヘラ笑っている。



カランという音で私はハッと振り返った。

隣で飯島が自ら氷をグラスに入れていた。


「ゴメンなさい。私やります」


飯島は微笑してウイスキーをグラスに注いでいる。

「いいよ。どうしたの。何か考え事?」


「いえ、あの」


私は俯いてもう一度チラとイズミを見た。


「イズミか、ほら、あんなに愛想振りまいちゃってねえ」


飯島は忌々しそうにウイスキーを喉に流し込む。


「僕は今日杏ちゃんに会いに来たんだよ。だからそんな顔しないで」


私素直にハイと答えた。


飯島からに指名はこれで3回目だ。

でもイズミの出勤している日と重なったのは今日が初めてだった。


飯島が大学の同僚の失敗談をして私が笑った時


イズミがこちらを見た気がした。


私は内心ドキドキしながらも顔に貼り付けたような微笑みを

絶えず飯島に向けていた。



この頃から私に対する嫌がらせのような事が始まった。


端から見れば私のこの行動と態度は生意気で無知に見えただろう。


今まで私に関心を向けなかった者までが

目障りそうな視線を向けてくるようになった。


更衣室で時には嫌味や皮肉飛んでくることもあった。

「誰かさんって指名取りたくて必死らしいよ。私の客も狙われそう」

「ネコは可愛いけど、ドロボウ猫はタチ悪いよね」


イズミが言っているのではない。取り巻きのような仲間のホステスたちだ。

だから反論する事ができない。

したところでしらばっくれられるだけだ。


それはだんだんエスカレートしていった。

言葉だけじゃおさまらないらしく


カバンの紐が切られていたり

靴も何足も隠され買い直す羽目になった。


ある日、ロッカーを開けるとキラキラした魚の鱗みたいなのが

バラバラと足元に落ちてきた。

衣装はボロボロになっていた。

スパンコールがほとんど剥がされていたのだ。


入って来た数人のホステスたちが、私の方を見て

「えーーっ。どうしたのお?!かわいそう〜!!」

下手な芝居をしていた。

後に続いてきたイズミが言った。

「よっぽど誰かに恨まれるようなことでもしたんじゃない?」



私は悲惨になった衣装を着て更衣室を出た。

ショーメンバーが揃って幕が上がる段階で

佐々木が、おやおやという顔でおかしそうに私を見た。

たまたま居合わせた玲子も私を見ていた。

「どうしたの?それ。」


ホステスたちが皆、私と玲子を見ている。


「今日来て見たらこうなってました」


「その格好で本気で出る気でいたの?」


玲子は誰にやられたのか聞かなかった。


私はうまく答えられずにうなだれていた。


「みんなも忘れないでちょうだい。私たちはお客様に夢を与える仕事をしてるの。

特にショーはその花形、お客様に時間を忘れるくらい夢中になってもらわなきゃダメ。

そのくらい提供してなんぼよ。」


玲子は改めてボロをまとった私を見た。


「その格好で夢が与えられると思うの?」


私は首を横に振った。


「誰がやったのかは聞かない。でもショーを台無しにする人は

私が許さないから。」


皆、シンとなって聞いていた。


玲子はボーイに指示を出し、代わりの衣装を持ってこさせた。



ショーが終わると私は気が抜けたようにトイレの個室にしゃがみ込んだ。


なぜか悔し涙が出た。



本音は欲しかった。


指名がもっと欲しかった。


どんどん指名を取って時給を上げたかった。

それからここでの地位も。


いつのまにか、私はこの店で野心を隠せなくなっていた。



私は幼い頃から負けず嫌いなところがあった。


でも目立ちたくない気持ちが勝っていた。


名指しで褒められるレベルまではあえていかないようにしていた。


人と争うことはもっと嫌いだったから。

普通で平穏な生活を壊したくなかったから。




でも、すでに私はここにいる以上普通ではないのだ。


私の抑えてきた野心が暴れだしたのはそのせいだ。


たった200円の時給アップのために飯島からの指名が欲しかった。


忘れていた。

自分がこんなに欲張りだったなんて。



ドアがノックされた。

私は涙を拭き 「はい」と返事した。


「杏、上を目指す気持ちは大切よ。この世界では欲がなきゃ勝てない」

玲子の声だった。


「でも、それは皆同じ。聞いたことあるでしょ?イズミのこと。

あの子は体張って指名取ってるのよ。この意味わかるよね?

入店して半年でベスト10入りしたのは簡単なことじゃない。たとえたった1人の客だってね。

ぽっと出のアナタに客を奪われることは彼女にとっては見過ごせないことなの」


私は涙を拭いた。

それはそうだ。


「まあ、気持ちが落ち着いたら出てきなさい。」



そう言うとヒールをカツカツ鳴らして玲子は去っていった。


私はすぐ立ち上がりドアを開けた。


佐々木が立っていた。

「お、復活したか。なかなか骨のあるやつじゃんお前。

んじゃ早速ヘルプついてもらおっか」


佐々木は馴れ馴れしく私の背中を押した。

嫌なので足早に歩いた。


歩いた先でハッとした。

飯島とイズミが座っていた。


なんで…

動揺を隠せないまま、2人の向かいの椅子に座った。


飯島が照れくさそうにイズミを見つめながら

「いやね、杏ちゃんこいつ勝手なんだよ。

やっぱり僕の隣が1番居心地いいなんて言ってさ」


どうやら元のサヤに収まったらしい。


私はそうですかと言って自分のグラスに水を入れた。

イズミは別人のように満面の笑顔で


「はい、杏ちゃん乾杯〜」と言って飯島と共にグラスを合わせてきた。


意味深な視線を交わし合い話す2人を

私はじっと見ていた。

漠然とだが分かったことがある。

飯島は私をイズミへの当てつけに使ったのだ。


最初から乗り換える気なんかなかった。


それから2人の間に何かがあったのだろう。


イズミにとって既に私は自分の行く先を阻む存在ではなくなった。

それは勝ち誇ったような微笑みが物語っていた。


アンタはただの盛り上げ役

これに懲りてもう人の客に手を出さないことね


彼女の目は時折私にそう語りかけてきた。




帰りの終電車に揺られながら

私は心の中で誓った。


もう2度と人の客なんか欲しがらない。


それどころか自分の客で手一杯になってやる。

そうだ


いつか自分の客でこの店をいっぱいにしてやる。


もう人を羨ましがったりしない。

そんな自分はヤダ。



ふと、由美の顔が浮かんだ。



入学したばかりの頃


すぐに私に近づいてきた由美。


都会的でお嬢様育ちの由美が

なぜ、地方出身の垢抜けない母子家庭の私を?


でも当時は彼女の隣を歩くことが誇らしかった。


「桃子は可愛いよ、メイクとファッションさえ変えれば、背も高いしさ」


皆から注目される由美にそう言われ嬉しかった。

由美は自分が専属モデルになれないのは身長が低いせいだと言った。

確かに由美は元が良いし、メイクもファッションも完璧だった。

私の持っていないものをなんでも持っていた。


プライドが高く、少しわがままなところはあるけれど

ずっと自慢の友達でいてくれると思っていた。



そんな矢先、私の中で彼女への気持ちが変わる出来事があった。


1年生の終わり頃のことだ。


仲良しグループ4人で旅行に行った時

1人の車で長野へ行った帰りだった。

私はお金が足りなくなってしまった。

カードも使えず困っていると

由美が、1万円札を出して

「これ使って」と言ってきた。


決して小さな金額じゃないので躊躇する私に

「いいって、友達でしょ!」

と屈託なく笑う由美に私は感謝した。


ところが旅行から戻り数日後

学校でお金を返そうとすると彼女は

なぜか受け取ってくれないのだった。


何度言っても答えは同じだ。

「私貸すって言ってないでしょ。私たち友達でしょ、だからいいの、ねっ!?」


私はなす術もなく差し出したお札を財布に戻すしかなかった。


そして彼女の友達としての優しさなのだと思うことにした。


お気楽なもんだ。




その直後だった、大学のカフェで由美を見かけ声をかけようとした時


聞こえてしまったのだ。


由美は携帯電話を耳に当て、片方の手でカップの中のココアをくるくるかき混ぜながら

ためらいもなく話していた。


「合コンの誘い?先輩も好きだよね〜。可愛い子?ハイハイ分かってますって。

え?桃子?でも…」


私はなぜか彼女の背後に立ち、次の言葉に聞き耳を立てていた。


「やめといたほーがいいかもよ。あの子スっごくビンボーだから。

着てる服も安もんでダサいし。あ、そうそうこの前の旅行の時なんかね

急にお金に貸してとか言ってきてさ、仕方ないから貸したの。

でもね未だに返してくれないんだよ〜ひどくない?もういいんだ。施しって思うことにした!」


私は硬直した。


そしてそのまま午後の授業にも出ず家に帰った。

由美の顔を見たくなかった。


施し…


この言葉が私の中でグルグル回っていた。


ひどい

なんで?なんであんなひどいこと言われなきゃならないの?


涙が次々頬を濡らした。


本当の友達だって思っていたのに。


私はその日を境に彼女と距離を置くようになった。


経済的に恵まれ友人が多い彼女を素直に羨ましいと思えなくなった。


施し…


この言葉が未だ私を苦しめる。



施しなんて受けない。


私は今朝届いた由美からのメールを開いた。


『この前の医大生飲み会すっごく盛り上がったよ〜。桃子も来ればよかったのに。

でね、私…なんと××大学の医学部の彼が出来ちゃった!彼ね将来、病院の跡取りなんだって。

ところで桃子は拓哉くんとうまくいってるの?拓哉くんこの前のバーベキュー寂しそうだったよ』

私は携帯電話を乱暴に閉じた。


もういい…



私はシャワーに入ってベッドに入った。


私は分岐点に立っていた。


私はもう普通の大学生には戻れない。

あそこに本当の自分の居場所なんてない。

私は私だけの居場所を探すのだ。

私が私になれる絶対的な居場所を



今夜も拓哉からの着信が5回もあった。


また、不機嫌な彼をなだめるのかと思うとウンザリしてくる。


私は彼女としてふさわしい人間じゃない。

これはもう随分前から分かっていたことだった。


もう彼への想いが私の中に残ってはいないことにも。


そうだ。はっきりさせなければならない。


私はもう一度携帯を開いた。

それから少し緊張した面持ちでそれを耳に当てた。






読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshida Maikoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~1:高校時代まで~

第二回:沖縄の人(沖縄に移住するおはなし)

キミは「レオナルドダヴィンチ」ではない!

死ぬまで逃げ切ると心に決めている話

ちくわに母を殺されたハタチの大学生の話

メンタルコントロールによって12kg痩せた記録 【part1】

12話 2人の子供は障がい。6年間不妊治療をしてやっと授かりましたが個性的な子供たち。さらに私の夫は…。私はエステティシャンの夢。波乱万丈な私の人生!<ムスメがてんかん。薬の調整をしている時おそろしいことが!>

ケチ男が全財産の5万円を握りしめて、タイに新婚旅行に行ったおかげで、ビジネスが軌道に乗り始めた話。

就活を中断し初めてのひとり旅。何もかも分からなくなって辿りついた1つの答え。「自分で証明するしかない!」

【色覚異常の話】周りの人達には、どうやら虹が虹色に見えるらしい。

鬱病の心に響いた、たったひとつの言葉

母親から聞いた、ちょっと驚く不思議な話

【リアルカイジ】元公務員K氏に教わった違法カジノで自分の人生がたった180日で○○になり、その後●●になった話

なぜ「ニューヨーク=自由」「日本=窮屈」なのか

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshidaさんの他のストーリー

  • フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第8話

  • Yoshidaさんの読んでよかったストーリー

  • 【番外編】萌え系お好み焼き屋のコンセプトをなぜ変更したか(1)ターゲットは誰