研究者を目指していた大学院生が起業するまで〜鬱編〜

このストーリーは小林 啓介さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!

このストーリーを聞きたい人:

  • Osada Hiromi
  • 岡田 修
このエントリーをはてなブックマークに追加

小林 啓介さんが次に書こうと思っていること

|

キャリア・転職のタグがついたストーリー

就職活動振り返り(2017年6月-7月)

得たものと失ったもの(33歳)

夜のホーチミンにて - 会社を辞めた23歳が真剣に将来について考える 〜前編〜

月収19万円だった私が、ある日突然、年収360万円の副収入の道を手に入れた話

東大生のリアルすぎる就活日記【第一話】

今の現状について ni

第13話「アメリカの洗礼 続き そしていよいよ授業を選択する時」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第12話「アメリカの洗礼」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第11話『バークリー音楽院?バークリー音楽大学?』⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

「東京のお父さん」って、何だろう?

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

第10話『バークリー音楽大学へ行った事』⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第8話『諦める、という決断』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎