貧乏こそ神 我が母まいくばあの話

13

1章〔平成編〕 八十二才。おもろいばばあ

 

まいくばあ。外人さんじゃないれっきとした日本のばばあ。実は僕の母だ。

昔飼っていた犬(ダックスフント)の名前がマイクで、その頃からうちの子供たちがまいくばあちゃんと呼び始めて、それがまいくばあに変わり結局ニックネームになった。

牛の背中といわれるほどの(自分で言っているのだが)たくましい背中、製材所で長い間働いて得た勲章、曲がった指(小材を縛る時にできた)、合う靴を探すのに苦労する幅広い足(その割に短い)、常に前かがみに小走りに歩き、自転車をぶっ飛ばす。

ユニークな言葉を発し(本人は言いたいことを言っているだけですが)、まさに自然天然の人。

 

いつもいっしょうけんめいであわてもので、エネルギーに満ちたスーパーばばあは戦時中世代。人生さまざま色模様、つらいことは経験済みの折りこみ済みだ。

心身頑健はとても有難くも、おカネのほうはとんと縁がなく、いつもピーピーしながらたくましく生き抜いてきたお間抜け物語となっております。

 

さあ第一幕開場します。クスッとしてネ。

 

 

 

 

 

『ぶっ飛びばばあ』

 

わが母、通称「まいくばあ」八十二才。巷では元気な高齢者が多いと思いますが、その中でもこのばばあはたぶんトップランナー。

お盆に帰省した孫、ひ孫がまいくばあの家に遊びに行った。人気者なのでチビたちは入りびたり状態となる。夕方僕が彼らを車で迎えに行く。

「わしも行くわ」と言うから、「じゃ車へ乗っていけよ」と言うと、「自転車で行く」

そこから約一,五キロ先の僕の家まで自転車で車のあとを走り出した。急に消えたと思ったらほぼ同着で我が家についた。

「近道飛ばしてきた」。車とほぼ同速度の自転車ばばあ。

その帰りは大雨になった。「車で送ってくよ」「いらん。わしゃ濡れてもへーき」

さらに「帰ったら風呂へ飛び込んだらいいだけじゃ」と風雨の中を自転車で走って行った。

ヤツはおもしろい風呂の入りかたをする。浴槽に三十センチくらいしか湯を溜めない。そこに横這いになってからだをローリングする。「水がもったいない」

だから「風呂に飛び込んだら」って言うけど、その実は「風呂場に飛び込む」だけ。  1

逞しいへんなヤツ。

●まいくばあ「元気のコツ」

じぶんのことはじぶんでやる。そのほうが気が楽だヨ。

 

読んでよかった
このストーリーをブログ等で紹介する

前沢 しんじ

人生を渡っていく最強最高の友が言葉です。人生に起きる色々なことを「どう考えるか」、「何を選んで生きていくか」が自分の人生を決めます。メルマガではそんな考え方のヒントをお届けしています。エッセイスト前沢しんじが、よりよく生きるヒントをあなたに・・・

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

本質を知っているものが勝つ

7年頑張ったけど駄目でした。もう30歳を越えましたが、0から出直します。第3話【決心】

7年頑張ったけど駄目でした。もう30歳を越えましたが、0から出直します。第2話【目標】

7年頑張ったけど駄目でした。もう30歳を越えましたが、0から出直します。第1話【絶望】

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(17)

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(14)

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(13)

ぼくがぼくであることの土台

<お金・スキル・人脈ゼロ>の超凡人22歳が複数のメンターのアドバイスで3社起業した話

【最終話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話~第二章

瞑想することで100つの願い事が叶った話

『1級身体障害者』が『自殺』をする為に全国を旅した話

「会社を辞められない」という妄想を捨てたら転職できた

[ビリギャル]学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話

前沢 しんじ

人生を渡っていく最強最高の友が言葉です。人生に起きる色々なことを「どう考えるか」、「何を選んで生きていくか」が自分の人生を決めます。メルマガではそんな考え方のヒントをお届けしています。エッセイスト前沢しんじが、よりよく生きるヒントをあなたに・・・

前沢 しんじ

人生を渡っていく最強最高の友が言葉です。人生に起きる色々なことを「どう考えるか」、「何を選んで生きていくか」が自分の人生を決めます。メルマガではそんな考え方のヒントをお届けしています。エッセイスト前沢しんじが、よりよく生きるヒントをあなたに・・・

前沢 しんじさんの他のストーリー

  • 貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第2回)

  • 前沢 しんじさんの読んでよかったストーリー

  • 貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第43回)