料理で伝わった母の愛。

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は、普通の家庭に生まれた。

きっとSTORYS.JPなら、
  • 珍しい体験をさせて貰いながら育った!ありがとう母!
  • 絶縁状態だった母が病気に...。
  • グレてた時、母の愛を知って更生!
系の話が多いんじゃないかと思うけど、
僕は、普通の家庭に生まれたし、母はずっと健康だし、残念ながら僕はグレてもなかった。

ただ、いわゆる一般家庭とちょっとだけ違うのは、こじんまりとした自営業で、親の休みなんて無かったって事。

小さい頃は、
土日は母の運転する車で祖母の家に預けられ、母はそのまま出社。
1人祖母の家で、ブロック遊びをしたり、"パンダコパンダ"という虎と大熊猫がハイテンションで繰り広げる大活劇(アニメ)を繰り返し見たりしてた。
弟が生まれてからは1人では無かったけれど、だいたいそんな感じ。
平日も、学校から帰ってきても帰っても両親はおらず、テレビを見てたかと思う。

休日は無くて当たり前、
「お仕事頑張ってね!」って毎回言ってあげられるような愛想の良い子供では無かったけれど、わがままは言えないって理解していた。

このまま行けば、母親の愛に飢えて〜〜みたいなストーリーになっちゃいそうだけど、僕は、親に愛されていないと感じたことはなかった。


仕事で忙しい母に、愛されていた!と思う理由

それは、仕事以外の時間で、全力投球の愛情を注いでくれたと感じているから。
特に、家事の1つ、"料理"でかなりの愛情を注いでくれた。

お弁当

「ごめんね。休みがほとんど無くて」って言って、本当に申し訳なさそうにする母だけど、中学・高校と弁当が要るようになれば、毎日5時に起きて作ってくれて、
たまに、「ごめんねー、サボって冷凍食品入れちゃった。」って言われて弁当箱見ても、その1品の以外のおかずは全部手作り。

キャラ弁(笑)ではなくて、いわゆる普通のお弁当なのだけど、
前の日から弁当のためだけに唐揚げ用の肉を漬け込んでくれてたり、
アスパラとベーコンがあれば、ちゃちゃっと炒めものにしたらいいのに、ベーコンをアスパラにいちいち巻いていたり、
弁当箱に少しでも隙間があれば、ちくわにきゅうり突っ込んで梅ペースト塗った簡単なおかずを即席で作って入れてくれたり。

それだけ手間かけて作っているの知っているから、
「いつも残さず食べてくれてありがとう。」って言われても、
いや普通じゃん。ってピンと来ない。

残せないし、そもそも美味しいから残したくないし。って感じの、正しく手間をかけたお弁当。
むしろ「毎日作ってくれてありがとう。」って今でも言いたいわ。
さすがに恥ずかしくて言えないから、ここで書かせてね。

晩ご飯

いつもの晩御飯担当は、早目に仕事を抜けられる祖母だったのだけど、
3ヶ月くらいにいっぺんくらいある母の仕事が休みの日は、決まって、腕によりをかけて美味しいご飯を作ってくれた。

味噌汁のダシは煮干しからとるし、ママ友から教わったレシピを自分でも研究してもっと美味しく作ってくれた。
小さい頃、僕の誕生日に奇跡的に休みが取れた日が一回だけあったのだけれど、イチゴのショートケーキを一緒に作った。

いつだったか、学校から帰ってきた時、いやに家が焦げ臭くて、
「フランベしたら前髪燃えた〜!」って前髪とまつげがクルックルになった母が出てきたのも良い思い出。

(フランベ↓)

ビールはガソリンだって言って毎日頑張ってる母、
この間飲み会で記憶飛ばしたらしい母でも、
正しく付けるブラジャーの素晴らしさを、年頃の息子に説く母でも、
(※実家は婦人服店。このあたりの変態母STORYも書けそう。。。)

この人の息子で良かったなぁと思わせてくれます。

多分、僕が料理が好きなのって、
「頑張って作ってくれてありがとう!美味しいよ!」っていう、作った人への感謝や、食べる事を通じた触れ合いを強く感じるような家庭に生まれたからだと思う。

「僕は、親に愛されていないと感じたことはなかった」って書いたけど、
弟が生まれてすぐは、弟にお母さんを取られた!みたいな事はあったなぁ、と、ふと思い出しました。

無事、弟も大学に進学し、自分と父のお弁当を作るだけで良くなった母、
弁当どうしてるんだろうなぁと思いを馳せながら、今年はお酒に合いそうな南三陸の海の幸セットを送ります。

そんな母を尊敬する料理好き男子のSTORY
お読み下さり有難うございました。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

お母さんへの感謝の気持ちが込められていて、心があったかくなりました。親の作る食事の子供への影響の大きさを改めて実感しました。

Katsube Tatsuya

大学院を入学と同時に休学し、インドでイチゴを栽培しています。

Katsube Tatsuyaさんが次に書こうと思っていること

|

キイタハナシのタグがついたストーリー

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

IT企業が総出で本気で、一人の女性の誕生日を祝ったらこうなった

人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ⑦ 【最終回】

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった話⑤(番外編)

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話④

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話③

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話②

今まで出会った本当に怖い女の人の話

ものわすれた話

覚悟を決めて行動し始めた途端。 あなたの成功ストーリーは動き始める。

【3】痛みと温度が同居した日 ~決意の瞬間~

【1】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに~

【2】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに想像した世界~

iPhoneアプリ作成講座受講記録 5回目 やっとブラウザが完成!

Katsube Tatsuya

大学院を入学と同時に休学し、インドでイチゴを栽培しています。

Katsube Tatsuya

大学院を入学と同時に休学し、インドでイチゴを栽培しています。

Katsubeさんの他のストーリー

  • 変態を通じて視野を広げる経験。

  • Katsubeさんの読んでよかったストーリー

  • 最も好きな物を手放した悲しみを、最も嫌いな物が埋めてくれた|偏差値27だった大学生が、四ヶ月でTOEICスコアを測定不能から865点まで伸ばした話