第6話 生まれ変わる【ドラゴンロード〜千葉から祈りの島五島列島へ 神に導かれた奇跡の旅〜】

▲他5件のストーリー
第6話 生まれ変わる【ドラゴンロード〜千葉から祈りの島五島列島へ 神に導かれた奇跡の旅〜】
▼他3件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
10


「彼の人生を手放そう」



そう肚に落ちた時から何かが大きく変わりはじめました。




いつもは


「誰か助けて!」



心の中でそう叫んでいましたが


誰も私を助けられないと受け入れたとき、自分の内側から 「声」 がしたのです。




そして 「この声に従わねば」 


自分の中にあったもう一つの「声」がそう言うのです。




最初は 「自分の声に従う」 ということはとても怖いことでした。


内臓が全部口から出てきそうなくらい苦しくて

右腕をもがれるような痛みに襲われたり


気が狂って壊れそうになることもたびたびありました。




それでも

「大丈夫だ」 

と言わんばかりの存在感でただ私の中にどっしりと構えているのです。






自分の声に従うということは、これ以上にない恐怖体験でもあります。



私は「声」に従いしばらく家を出ることにしました。


カウンセリングにも毎週通うようになりました。



最初はアルコール依存性の夫をなんとかしてくて夫婦でカウンセリングに行ったのですが、先生から


「奥様の緊張感が高いので、まずは奥様からやっていきましょうか」



そう言われた時、胸がザワザワしました。


「えっ?? 私は大丈夫なはず、、、、でもなに、このざわつきは?」




ずっと


「私は大丈夫」



そう思ってきましたが、全然大丈夫じゃなかったんです。


傷だらけで


ボロボロなのに


ずっとずっと無視をしてきました。



それから壮絶な体験と

神秘的な体験をすることになりました。



ずっと無理やり蓋をしてきたものが

一気にあふれてきて

鬱、パニック発作で仕事ができる状態じゃないのに、家をでてからも仕事を見つけ、仕事に無理して行っていたら

強制終了。



肺に穴があきました。


1ヶ月安静にして、またすぐに仕事に行ったら3日でまた肺に穴があき、ようやく観念しました。



「体は休めと言っているんだ」



体から「OK」が出るまで休むことにして

生活費は夫に出してもらうことにしました。



私はずっと

「必要とされている」

「役に立っている」

そう思われないと自分の存在価値がないような気がしていて

働いていないと自分の居場所はなくなりそうで

家出をしているのに養ってもらうって、そんなことありえないと思っていましたが

私が一番「ありえない」ということを突きつけられ、夫に言ってみたら

あっさり「いいよ」と言われました。



この時、気づきました。


どうせ夫に言っても無理だ

どうせ夫はやってくれるはずがない


私がそう決めつけていただけで

実はいつでも私の話を聞こうとしてくれていたのかもしれない。



肺に穴が開いてから2年くらい療養しました。


その間にたくさんのことがありました。


トラウマ治療によって

私が押し込めていた感情が溢れ出し

あんなに「守りたい」と思っていたのに夫への怒りがあふれてきて、自分が壊れそうになったり

両親への怒り、悲しみ、孤独感に押しつぶされそうになったり

精神的なこと以外にも

体も原因不明の現象が起きてきて

体重が激減


「地球で暮らせない」


そう思うほどの出来事が次から次へと起こってきました。




心のデトックス


魂のデトックス


細胞のデトックスが同時に起こり



現実と神秘世界を行ったり来たりしながら、

「自分へと戻る旅」 が始まりました。



つづく

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

椿 ナオミ

神に導かれ千葉から長崎・五島列島へ 祈りの島・五島列島でバスガイドになり、「なおみの部屋〜数秘術鑑定〜」、ツアーコーディネートもしています。

椿 ナオミさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

山なし谷だらけ。そんな母をみて思った事。

地下芸人を辞めて会社員になって感じたこと

マクドナルドで役立たずだった僕が、仏像彫刻家として生きて行くまでの話

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

1話 2人の子供は障がい。6年間不妊治療をしてやっと授かりましたが個性的な子供たち。さらに私の夫は…。私はエステティシャンの夢。波乱万丈な私の人生!<結婚してから不妊治療>

”2万人の中から選ばれたあの女優と同棲したけれど” 東証一部上場企業No.1営業マンがコテンパンにされて、全く太刀打ち出来なかった話

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

私が父でなくなった日

書籍化に釣られストーリーを書いたことから始まった夢へのストーリー

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

うつ病と戦いながら仕事と看病を続けていた忘れたくても忘れられないあの日のこと

クラスでハブられ、恋愛依存、就活全敗コミュ障の私が、国の「IT講習会」のおかげで就職できた話

就活失敗して内定がもらえなかったからMBAにいったらスゴイことになった話

転職大魔王伝「オレ、結婚相談所に就職。」1

新卒で大手SIerに入った時の話

椿 ナオミ

神に導かれ千葉から長崎・五島列島へ 祈りの島・五島列島でバスガイドになり、「なおみの部屋〜数秘術鑑定〜」、ツアーコーディネートもしています。

椿 ナオミ

神に導かれ千葉から長崎・五島列島へ 祈りの島・五島列島でバスガイドになり、「なおみの部屋〜数秘術鑑定〜」、ツアーコーディネートもしています。

椿 ナオミさんの他のストーリー

  • 第10話 私のひとしずく「はちどり食堂」【ドラゴンロード〜千葉から祈りの島五島列島へ 神に導かれた奇跡の旅〜】

  • 椿 ナオミさんの読んでよかったストーリー

  • 第7話 アルケミスト【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】