恋愛経験0の私。純朴な警察官との出会いは職場の上司から勧められた婚活パーティーでした。しかしその警察官は・・・その③

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

二次会の場所は、商工会議所から紹介されたさびれたスナックであった。


そのスナックは、小綺麗にしてはいるけれど、場末感が抜けない感じだった。

私たち以外にも、カウンターに座り1人で呑みに来ている常連客らしき人達が数名いた。

みんなでカラオケをしていると、銀行員の人達と今度、バーベキューしようという話になった。

そんな中、警察官の人がトイレに行くと立ち上がり、私たちの座っている狭いテーブルの上のウーロンハイを靴で倒してしまった。

そして、トイレから帰ってきた警察官は、今度はおでこから血を流して帰ってきた。トイレの棚にぶつけたとのことだった。

その時の私は、なぜかそんなドンクサイ警察官にときめいてしまっていた。


私は、間違った道を進み始めていた。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

小鳥 遊さんが次に書こうと思っていること

|

小鳥 遊さんの他のストーリー

  • 女子高出身。恋愛経験0。

  • 小鳥 遊さんの読んでよかったストーリー

  • 新卒で入庁した公務員時代に見た人々の話〜第1話 古き良き大将: オヤジ〜