第7話 孤独を抱きしめる【ドラゴンロード〜千葉から祈りの島五島列島へ 神に導かれた奇跡の旅〜】

▲他6件のストーリー
第7話 孤独を抱きしめる【ドラゴンロード〜千葉から祈りの島五島列島へ 神に導かれた奇跡の旅〜】
▼他2件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
12

孤独を抱きしめる


今までずっと「自分以外の誰か」ばかりみてきて、自分のことを置き去りにしてたけど、夫の問題を通して自分と向き合わざるをえなくなった。



私は本当の自分と向き合うことがとっても怖くて、それで夫の問題ばかり見てきたことにようやく気がつきました。



夫を助けたいのではなく

自分を助けてほしいとずっとずっと叫んでいました。


家を出て、働かなければ迷惑をかけてしまうと思っているのに肺に穴があき、仕事に行けないことに罪悪感を感じ、何の役にも立たない自分と向き合うことが最初は苦しくて、怖くて、自分はどうなるのか不安におびえていましたが

少し時間が過ぎると落ち着いてきて

自分と向き合う時間の大切さに気づき

「孤独」になることをずっと恐れていたけど、孤独と向き合い、そして孤独に寄り添って、孤独を抱きしめたら深い深い癒しがもたらされ私はずっと探し求めていた「愛」と出会うのです。



私はずっと私に認められたくて

光も闇も抱きしめてほしくて

孤独に耐え、私が振り向くのを待っていました。



私は、私に一番愛されたかったのですよね。




誰よりもさみしがり屋で
誰よりも孤独が怖くて
誰かに合わせた人生を歩いてみたけど
ほんとにうまくいかなくて
気がついたらボロボロになっていました。

孤独になることを一番恐れていたけど
私を闇から救い出してくれたのは「孤独」でした。




このころ、何かに突き動かされるように

書を書くようになりました。



私は孤独を敵としない

孤独に背を向ければ

目の前は嘘が広がるだけ

孤独を味方にできた時

真実を見る勇気を与えてくれる




私は自分の中にある叫びを

書で表現することで

自分の中の光と闇を統合していくのでした。




ひとつひとつその作業を繰り返し

私は決断します。



「離婚しよう」





私は誰かが隣にいてもいなくても

自分らしく生きていきたい。


自分の足で歩いていきたい



私は自分の人生に責任を持つ覚悟をしました。




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

椿 ナオミ

神に導かれ千葉から長崎・五島列島へ 祈りの島・五島列島でバスガイドになり、「なおみの部屋〜数秘術鑑定〜」、ツアーコーディネートもしています。

椿 ナオミさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

実話!魔法のランプが3つの願いを叶えてくれたすごい話。

31歳 妊娠4ヶ月 肺ガン発見から妊娠継続治療法を選択し命をかけ出産をしたシングルマザー〜出産編〜

ボクが京大を7回受けたワケ

京大英語で8割、京大数学で7割をとった方法

余命2ヶ月!末期ガン宣告された父を持った娘の日記-3-

タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

大切な人を失った女の10年+αの話

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

『常識とは18才までに積み上げられた先入観の堆積物にすぎない』

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第7回〜完結編〜)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

3.11のあの日 東京で

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

椿 ナオミ

神に導かれ千葉から長崎・五島列島へ 祈りの島・五島列島でバスガイドになり、「なおみの部屋〜数秘術鑑定〜」、ツアーコーディネートもしています。

椿 ナオミ

神に導かれ千葉から長崎・五島列島へ 祈りの島・五島列島でバスガイドになり、「なおみの部屋〜数秘術鑑定〜」、ツアーコーディネートもしています。

椿 ナオミさんの他のストーリー

  • 第9話 九十九里へ移住【ドラゴンロード〜千葉から祈りの島五島列島へ 神に導かれた奇跡の旅〜】

  • 椿 ナオミさんの読んでよかったストーリー

  • 僕がジャニーズを辞めた理由