僕は2度…死んだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
13

地方の小さな部落で育った。

父には二つの家族があり、母はヒステリーで僕を殴る。

共働きの毎日で、祖母が僕の母親の代わりをした。


お金には不自由をしなかったが、心がすごく渇いていた。


やがて不良と呼ばれトラブル続き。

暴力沙汰にシンナー。何処に向かえばよいのか…帰る場所もなかった。


僕が16歳の時、父は病気で死んだ。

やせ細る手で、少しの金を僕に渡し「遊んでこい」と言い残し目を閉じた。


それが父と交わした”最後の言葉”

毎日が荒れた…生きる意味なんて何も見つからなかった。

あっけなく人が死ぬのだと目の当りにした時、あまり悲しみも湧かなかった。


ドアノブに首を吊って「僕は死んだ」

でも目が覚めて、目を背けたい現実にワレルような頭痛を感じ泣き崩れた。


何も変わらない現実と、加速する不情意。

鑑別所にも入所する事になった。


出所してわずか…僕には何もなかった。

ギターと少しの小銭をポケットに入れ名古屋に上京した。


音楽だけが現実からの解放と安らぎをくれた。

ホームレスだったけど、久屋大通公園のベンチから見上げた夜空には、春の兆しのような希望の温かさを感じていた。


数か月後、仲間ができた。

音楽というワードから葛藤の日々が始まる。


3年の月日は濁流のように激動に青春を押し流し、夫々が流れに身を任せた。


反対を押し切り、内縁とし結婚生活を送る事になった。

子供もできた。


夢は夢で終わらせようと思った。


充実して笑えたはずが、なぜか心に大きな穴が空いていた。

どうしようもない気持ちを暴力にたより、彼女はいつしか疲れていた・・・


結局、彼女と子供はいなくなった。

後悔以上に、自分自身に失望した。


また、何もなくなった。


僕を見かねた人がチャンスをくれた。

音楽制作の会社を立ち上げる事になった。


毎日、死ぬ気で働いた。

こだわりなんて…何時のまにか無くしていた。


ドイツ車にフランス時計…

人を見下すようにタワーマンションから行き交うサラリーマンを見て過ごす日々。


家中の市販薬を集め、水に溶かしこんで飲んだ…「きっと僕は死んでいる」

何の夢も見なかった…蛍光灯の眩しさに知らない場所で目が覚めた。


病院のベッド。


心配していた母がタイミングよく僕を助けてくれた。

結局…生かされている事を感じざる負えない。


会社を譲った。

2年くらい何もせずに色々考えた。


髪の毛も2日に一度…3日に一度…1週間に1度…どんどん廃人になる自分がわかる。

何を食べて今日を生きているのかも覚えていない。


フェイスブックで1人の人と出逢う。

本当はすごく臆病で、寂しがり屋で、人以上に敏感だという事に気づかせてくれた。

それ以上に、もう一度、未来へ歩く事を教えてくれた。手を差し伸べてくれた。


君は今はいない。思い出にするほど遠い過去ではない。

でも…僕らが思い描いていた未来が「今ここには在る」


株式会社グローバルコミュニケーション

僕は君が疑問に思った「ほんの些細」と、性別への理解をより深めただけ…


僕達は新しいリユースの分野を確立し、また、新たなコミュニケーションを深めようと進化をたどる。


今年2016年、社長を辞任する。

僕らの「意思」は「継承」され、若き力が明日を創る。


新たな未来を創る為に、僕も歩き出そうと思う。


時々思う。

本当は「2度…死んだ」のだと。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

浅居 伯徳

株式会社グローバルコミュニケーションの代表取締役。 松本一志さんの兄・松本隆博 氏・ビジネスプロデューサーの岡野弘文 氏らと共に「不満買取センター」の初期メンバーにて広報を務める。 ビジネスウーマンの夏波夕日 氏と共にラブランの開発・提供を行う。 買取117グループにて、日本で初となる「下着リ

浅居 伯徳さんが次に書こうと思っていること

|

浅居 伯徳

株式会社グローバルコミュニケーションの代表取締役。 松本一志さんの兄・松本隆博 氏・ビジネスプロデューサーの岡野弘文 氏らと共に「不満買取センター」の初期メンバーにて広報を務める。 ビジネスウーマンの夏波夕日 氏と共にラブランの開発・提供を行う。 買取117グループにて、日本で初となる「下着リ

浅居 伯徳

株式会社グローバルコミュニケーションの代表取締役。 松本一志さんの兄・松本隆博 氏・ビジネスプロデューサーの岡野弘文 氏らと共に「不満買取センター」の初期メンバーにて広報を務める。 ビジネスウーマンの夏波夕日 氏と共にラブランの開発・提供を行う。 買取117グループにて、日本で初となる「下着リ

浅居 伯徳さんの他のストーリー

  • 僕は2度…死んだ