働き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
7

働くのは当たり前で、働いているもの当たり前。その当たり前って本当に当たり前なの?


いつもの道を通り、いつもの席に座り、いつもの作業に取り掛かる。


そんな当たり前で、どこかつまんなくて、でもそれが居心地が良いようで、常に不満はあって・・・

それが仕事。それが社会。それが会社。それが働く。ってことなんだと思ってた。

いや、今も思っている。


気づけば、社会人となって10年が経ち。

振り返っても人に自慢できるようなことは特になく。

だけど、平穏でそれなりの幸せな時間も過ごしてきた。


その間、たくさんの出会いと別れがあり

その度に新たな楽しさと怒りが生まれては消えていった。

人が入れ替わる度に、自分はこのままでいいのか?と疑問は浮かぶが、

どんどん動けないなっていくのは確かで。


世の中に転職なるものをしてる人を知る度に羨ましくもある。

フラフラとしているのは、私の頭の中だけで十分だ。


何が正解で、何が間違いか。

正解なんてないし、間違いだってない。


そんなことを思っていると、ふっと

働き方=自分。

という公式が頭に浮かび。

その瞬間に、ゾッとした。


なんだか、ものすごく責められてる感じ。

なんで?どうして?

それはまるで、待ち合わせに遅刻した彼氏を全身全霊で責め立てる、容赦ない感じ。


やっぱ、外に向いてる剣は、

本当は自分を指している。

ってことなんだと、しみじみ思う。


よし、働き方、

いや、生き方を変えよう!!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

umisora hanacoさんが次に書こうと思っていること

|

umisoraさんの他のストーリー

  • 休みの日の昼間に何気に考えてしまうこと。