眠れない夜は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
5
どちらかというと、寝つきは悪い方だと思う。
だから、眠れない夜なんて、そう珍しくない。

慣れないのは、そんな時の有効活用。

眠れない夜。ってさ、全然眠くないわけではなくて、
どちらかというと、眠たい。
でも、頭が寝かせてくれない。
だから、ベッドで横になって過ごすことになる。

目もつぶっていたい時なんて、本当に余計なことしか考えなくて、ますます寝れなくなる。
それでもいつかは眠りに落ちることになるので、もっと安心してその時間を過ごせれば、どんなに楽しいことやらと、今、冷静になりつつある頭では思ってきた。

いや、言いたいよね。
ベッドに入って眠りに落ちるまでの時間が至福の時ですって!
あ、これ、普通にあるね。
全然意外性もなけりゃ、珍しいことでもない。

ただ、私にとっては、新しい試みだってことなだけ。

そんなもんか。
新たしいこととか、考えてもみなかったことって、自分以外の人にとったら、当たり前過ぎて、逆に私の当たり前の方が思ったことがないこと。
なのかもしれない。

そうだとしたら、ビビリの私にとっては、少しは生きやすい世の中なような気もしてきた。

そんじゃ、これから至福の時間、始まります!
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

umisora hanacoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~1:高校時代まで~

第二回:沖縄の人(沖縄に移住するおはなし)

キミは「レオナルドダヴィンチ」ではない!

死ぬまで逃げ切ると心に決めている話

ちくわに母を殺されたハタチの大学生の話

メンタルコントロールによって12kg痩せた記録 【part1】

12話 2人の子供は障がい。6年間不妊治療をしてやっと授かりましたが個性的な子供たち。さらに私の夫は…。私はエステティシャンの夢。波乱万丈な私の人生!<ムスメがてんかん。薬の調整をしている時おそろしいことが!>

ケチ男が全財産の5万円を握りしめて、タイに新婚旅行に行ったおかげで、ビジネスが軌道に乗り始めた話。

就活を中断し初めてのひとり旅。何もかも分からなくなって辿りついた1つの答え。「自分で証明するしかない!」

【色覚異常の話】周りの人達には、どうやら虹が虹色に見えるらしい。

鬱病の心に響いた、たったひとつの言葉

母親から聞いた、ちょっと驚く不思議な話

【リアルカイジ】元公務員K氏に教わった違法カジノで自分の人生がたった180日で○○になり、その後●●になった話

なぜ「ニューヨーク=自由」「日本=窮屈」なのか

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

umisoraさんの他のストーリー

  • 働き方