眠れない夜は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
5
どちらかというと、寝つきは悪い方だと思う。
だから、眠れない夜なんて、そう珍しくない。

慣れないのは、そんな時の有効活用。

眠れない夜。ってさ、全然眠くないわけではなくて、
どちらかというと、眠たい。
でも、頭が寝かせてくれない。
だから、ベッドで横になって過ごすことになる。

目もつぶっていたい時なんて、本当に余計なことしか考えなくて、ますます寝れなくなる。
それでもいつかは眠りに落ちることになるので、もっと安心してその時間を過ごせれば、どんなに楽しいことやらと、今、冷静になりつつある頭では思ってきた。

いや、言いたいよね。
ベッドに入って眠りに落ちるまでの時間が至福の時ですって!
あ、これ、普通にあるね。
全然意外性もなけりゃ、珍しいことでもない。

ただ、私にとっては、新しい試みだってことなだけ。

そんなもんか。
新たしいこととか、考えてもみなかったことって、自分以外の人にとったら、当たり前過ぎて、逆に私の当たり前の方が思ったことがないこと。
なのかもしれない。

そうだとしたら、ビビリの私にとっては、少しは生きやすい世の中なような気もしてきた。

そんじゃ、これから至福の時間、始まります!
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

umisora hanacoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

Disney行きには乗れるのに、人生を変える新幹線には乗らないの?③

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<3章>

精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿 人を嫌うときは必ず自分の心に問題があるって話。

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

本来の自分について~22年間自分壊しを続けた私~12終

タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法

やくざを泣かせた5歳の息子の話

【世界一可愛いおばあちゃんになったる宣言!】Baby Angel ♡ 赤ちゃん天使がくれた贈り物

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 10

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第1回)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿①辛い時にこそ面白がろう!

住所不定無職の旅人なのに結婚することが出来た話①

貧乏時代

umisoraさんの他のストーリー

  • 働き方