3.11!!元いじめられっ子の福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その4

8


2013年3月、23歳の頃から千葉県流山市に住んだ。

南流山駅から徒歩5分と好立地で7階のマンションかつエレベーター付きだ。

僕の部屋は703号室だ。

出来るだけ引っ越し費用を抑えるため、手荷物を増やし段ボールだけ

箱boonを使って送った。






ベットもそれなりにいいのを購入し、近くのお勧めのカフェ屋さんで

本を読んでいた。

当時お金のなかった僕は近くのカツ屋でカツ丼ばかり食べていた。

値段も安くて味もかなり美味しい。

昔福島の郡山で高校の頃の長期休みの時にバイトをしていたカツ丼に

味が非常に似ている。

福島の実家には他人に貸していて帰れなくなった。

僕には帰る場所がない。

その事が原因で50時間近く眠れなくなりマンションから飛び降りそうになったり、

武蔵野線のフォームに突っ込みそうになった。

正直この24歳で人生を終えておけば良かったと不謹慎ながら今でも思ってしまう。

21歳のころからアパートの敷金、礼金は出してもらえない。大学の学費は出さない。福島の実家には帰れない。おまけに親権破棄すらしてもらえなかった。
本当にどうしようもないゴミみたいな境遇だったからだ。

助けてくれないのなら親など初めからいないほうがいい。

孤児の方が遥かに良かった。自殺することだったり犯罪を

犯して死刑になることだって出来た。

僕は20歳のころ家を追い出され、地元の河川敷で

野宿をしたこともあるし、東京で1週間だけだけど

ネットカフェ難民にもなった。

滋賀県長浜市で住み込みの派遣工をしていたこともあった。

こんなゴミみたいな人生を送らせるならはじめから

ガキ4人も作るべきではなかったんだよ。

自分には為すべき手段など何もなかったからだ。

生まれてこなければ良かった。





23歳から24歳に掛けてフリーの仕事で生計を立てていたが

福島の実家に帰れないことが原因となり、働けなくなったことから

2014年4月下旬か5月上旬ぐらいに流山市役所に行き生活保護を受給した。

保護を受給中は東京都三鷹市にある井の頭病院と言う精神科の病院に通った。




武蔵野線の南流山駅から西国分寺で乗り換え中央線で三鷹駅まで通った。

2015年1月このままでは無限ループだし、

自分自身のためにも良くないので僕の方から保護を取り下げた。

実は生活保護を受給していると海外には行くことが出来ない。

月1回はケースワーカーさんが自宅に訪問したりと色々めんどくさい。

2015年1月23日西海岸のシリコンバレーに次ぐ世界第二の起業の地である

ニューヨークのシリコンアレーで働こうと航空券を買っていた。

ちなみに航空会社はユナイテッド航空。

ただ成田まで行ったが、結局ニューヨークには行かなかった。

結局翌年の2016年6月にシカゴ経由でニューヨークに行った。

アメリカン航空で行く予定だったけど遅延の影響で日本航空で

行くことになった。

それなりに日系の航空会社が一番良い

映画や音楽も聞けるし、機内食も美味しい。

ジョン・クロカワ‐のエベレストと火星を舞台にしたオデッセイを見た。




ニューヨークでは同じアメリカ西海岸のシリコンバレーに次ぐ

世界第二の企業の地であるシリコンアレーで働こうと思ったけど、

色々あってやめた。

機会があればもう一度ニューヨークで仕事を探したい。

比較的治安の良いクイーンズ区アストレアに住もうと思った。

mixbという不動産サイトでシェアハウスを

日本












読んでよかった
このストーリーをブログ等で紹介する

熊坂 翔吾

2011年3月11日の東日本大震災から現在に至るまでの自分の経路を書いています。詳細や写真なども徐々に付け加えます。地元福島に戻り、田舎暮らしをしたいと考えております。

|

熊坂 翔吾

2011年3月11日の東日本大震災から現在に至るまでの自分の経路を書いています。詳細や写真なども徐々に付け加えます。地元福島に戻り、田舎暮らしをしたいと考えております。

熊坂 翔吾

2011年3月11日の東日本大震災から現在に至るまでの自分の経路を書いています。詳細や写真なども徐々に付け加えます。地元福島に戻り、田舎暮らしをしたいと考えております。

熊坂 翔吾さんの他のストーリー

  • 3.11!!元いじめられっ子の福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その4

  • 熊坂 翔吾さんの読んでよかったストーリー

  • 3.11!!元いじめられっ子の福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その3