長野の魅力(ニジマス・ワカサギ釣り)

このエントリーをはてなブックマークに追加
42

すっかり冬らしくなりました。雪も偶にチラホラと降るような天候になり長野もすっかりと冬らしくなりました。長野は冬になると寒さが厳しくなる為、釣りを行う事を躊躇ってしまいます。ですが冬こそ魚たちは活発に動く季節でもあります。その為、厳しい寒さに耐えながら冬場の釣りはそれなりに良い結果へ結びついて釣りが一番楽しい時期でもあります。

今日は冬での長野でおこなう釣りの魅了について等々力好泰が記載していこうと思います。

ワカサギはほぼ長野全域で釣れる魚ですが、冬のワカサギ釣りと言えば氷上で釣り上げるのが格別です。普段より荷物が多くなりますがポイントを掴めば沢山釣れますので是非オススメです。目をあまり離せませんが子供達を連れて行うと良い思い出になります。

氷上でのワカサギ釣りで必要な物は穴あけ電動ドリルやシャベル(穴を掘った時に浮かぶ氷をどかす為)、イスと足を置ける発泡スチロールがあると楽に待ちながら釣りを楽しめます。必ず軍手は厚手で複数枚用意する事も忘れずに準備して下さい。軍手が濡れたら即交換です。またワカサギ釣りは専用の竿になるのも注意です。もし揃わなくてもほとんどの場所でレンタルができるので安心して下さい。松原湖や立岩湖、霊仙寺湖が有名な表情の釣り場になります。場所によって釣りが可能な時期はもちろん営業する時間も違うので事前に調べていく事をおススメします。


長野では有名なニジマス釣りが有ります。ほとんどがキャッチアンドリリースになります。釣れたら直ぐに川に戻す事がルールになります。ニジマスは川にもよりますが犀川ではどの時期でも釣れることが多いのですが、やはり秋から冬にかけて活発に活動をする時期です。意外に初心者の方でも冬でしたら大物のニジマスが釣れたりします。ここから釣りが好きになるきっかけや上達する人が多いので是非犀川での釣りをおススメします。おかっぱりでも十分寒いので防寒具は必ず忘れない事。また釣れたらメチャクチャ暴れてきますので釣れた後の対処法もここで慣れておきましょう。そっと釣竿からとってあげる事や写真等を撮影したら直ぐに放してあげる事が大切です。


長野では釣り初心者でも十分に満喫が出来て色んな経験が身に付くのでオススメです。また色んな人が釣りをしておりますがキチンとルールを守り釣りを楽しんで頂くことが、長野だけではなく釣りを行う為の基本ルールです。このルールを守れない方が今でも一部の方が存在するのが現状です。キチンとルール把握をして楽しむ事が一番のルールです。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

長野は魚の宝庫みたいですね。等々力さんの様に近所に良い釣り場があることは、うらやましいです。釣りとは大分ご無沙汰ですが、また釣りをやりたくなりました。

魚が多いのはもちろん、自然を体感しながらする釣りは最高に気持ちが良いですよ。ぜひもう一度釣りをしましょう。

等々力 好泰

等々力好泰:妻と子供と長野で暮らすサラリーマンです。長野の自然と釣りを楽しむのが人生の楽しみになりつつあります。

|

等々力 好泰

等々力好泰:妻と子供と長野で暮らすサラリーマンです。長野の自然と釣りを楽しむのが人生の楽しみになりつつあります。

等々力 好泰

等々力好泰:妻と子供と長野で暮らすサラリーマンです。長野の自然と釣りを楽しむのが人生の楽しみになりつつあります。

等々力 好泰さんの他のストーリー

  • 長野でのアウトドア生活

  • 等々力 好泰さんの読んでよかったストーリー

  • 25歳の楽天的眉太男がワーホリでカナダに渡り、念願のブロンズ彫刻を学ぶ為に彫刻家の弟子となり、現地で師匠と2人展を開催。その後アーティストになった話。