ジョギングの正しい走り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
8

キツイトレーニングを行っているのに効果が全くでない。そうなるとモチベーションが続かなくなり続行不可能で結局失敗に終わります。しかし、そのキツイトレーニングは本当に正しいフォームだったのでしょうか?正しい時間帯だったのでしょうか?正しい食事をとっていたのでしょうか?実は効果がある裏技等を阿南英樹が紹介して行こうと思います。今回は誰でも道具が無くてもトレーニングが可能な『ジョギング』をお伝えしていきます。


【ジョギングと食事】

程度によりますが、いくらダイエットで始めたからと言って食事を抜いてジョギングは絶対止めて下さい。貧血で倒れます。軽めのランニング(ウォーキングよりもやや早い程度の足踏み)で行う位でしたら栄養価の高いバナナやリンゴ等をジョギング30分前には取る事にしましょう。

ガッツリ走る場合は絶対に炭水化物や脂質キチンと走る2時間前に摂取する事!走る事は沢山エネルギーを使用する行為です。栄養の無い体は全く効果がありません。ジョギングは有酸素運動です。有酸素運動の特徴は食事サイクルを早くする事。栄養を沢山搾り取って新しい栄養を取りこもうと食事の循環が早くなります。余分な栄養が残るから人間は太ってしまうのです。

ダイエットは余分な栄養を残さないようにすれば可能という事です。走る必要性が無い社会になってしまったからこそメタボや生活習慣病という言葉が流行ったのです。それを踏まえた上で栄養を使わせる為に走るという仕組みを考えれば皆が大好きな言葉『美味しく痩せられる』のです。


但し暴食は絶対にNGです。マラソン選手では無いかぎり人が走れる距離はたかが知れています。あくまで適量の炭水化物と脂質、糖分です。


【正しい姿勢で走ろう!】

ジョギングはほぼ全身の筋肉を使い動かします。正しい姿勢では無いと筋肉を使ってない場所が存在したり、極端に偏った筋肉痛が発生したりします。

まずは上半身のフォームです。下半身も意識する為、骨盤を意識しながら走る事。頭の中心が体の真ん中を通り最終的には両足の中心に辿り着くようなイメージです。分かりづらければ両膝を地面に付けて立ってみましょう。それが正しい上半身の姿勢です。それと胸は張り過ぎないようして下さい。

下半身のフォームは重心によって変わります。踵に重心が入ってしまいとても前へ走りにくい状態になります。前方姿勢過ぎて上半身が歪む原因になってしまう事に繋がります。必ず両足の中心をとって走るイメージをする事です。


【裏技は時間帯とマスク】

ジョギングは夜よりも朝走る事をおススメします。朝走ると丸一日の代謝が良くなりダイエット効果に最適です。

冬とは限らずにマスクを着用してジョギングする事をおススメします。短時間で栄養サイクルを早くすれば、その分はキツイですが得した気分になれます。何故マラソン選手は酸素が薄い高地に出向き走るのかというと呼吸力が高まりその分栄養の消費量が早くなります。

いつもと同じ距離をマスク有りで走ると、とても疲れます。ですがそのおかげでより強力なダイエット、栄養サイクルに繋がります。だからと言って無理は絶対にいけません!息苦しいと思ったらマスクを一旦外して休憩を入れる事も大切です。ぜひ活用してみて下さい!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

阿南 英樹

阿南英樹の肉体改造の知恵袋。筋トレや食事療法などいろいろ学び駆使して30代を乗り切っています。

|

阿南 英樹

阿南英樹の肉体改造の知恵袋。筋トレや食事療法などいろいろ学び駆使して30代を乗り切っています。

阿南 英樹

阿南英樹の肉体改造の知恵袋。筋トレや食事療法などいろいろ学び駆使して30代を乗り切っています。

阿南 英樹さんの他のストーリー

  • 私が体を鍛える理由