【第21話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

▲他20件のストーリー
【第21話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。
▼他3件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
7

再入院

父の誕生会から季節はいくつか過ぎ、また春がきた。

私と姉は少しずつ会話はしていたが、私が父の面会に行くことは稀だった。

行ったとしても、姉と二人で行くことはなく、一人で少し顔を出す程度。

そして、2015年5月も終わる頃、私の元へ相談員さんから電話が来る。

相談員さん
お父さんですが、昨日からオシッコが出なくなって、微熱も続いているので、これから病院へ行きます。保険証を病院へ持ってきていただけますか?
自分
わかりました、すぐに向かいます。

父は10年以上前に、胆管結石から敗血症、多臓器不全になりかけ、生死の境を彷徨ったことがある。その時は一命を取り留めたが、私はその時に尿が出ないこと=生命に関わることだいうのを十二分に理解していた。

今回は何が原因だ?

この頃になると、施設から電話がくるだけで心臓がバクバクし、通話ボタンを押す手が震えるようになっていた。それなのに、面会に行く回数は減っているのだから、なんという親不孝者。


指定された病院へ向かい、父の検査を待つ。

そして診断の結果、排泄機能が弱り働かなくなっていたため、膀胱内に膿が溜まっていたことが原因だった。尿道カテーテル(尿管に細い管を入れるアレ)を入れ、全ての膿や排泄物を出してもらい、今後はカテーテルを入れっぱなしにするという結論になった。

もう父は、自力ではオシッコも出せないのだ。これが現実だ。


念のため、熱が下がるまでは経過観察入院となったが、おそらく数日で退院できるとのことだった。

父は、カテーテルが不快なのか、ずっと気にしていた。

当たり前だ、ずっと管が入りっぱなしで、生活していくのだ。


曰く世間では

「病院でいくつも管や装置に繋がれて、何もできないまま死ぬなんて嫌だ(可哀想だ)」

「ぽっくり死にたい」

なんて言う。

家族だって、何も好きでそうさせたいわけじゃない。

このままじゃあ腎不全になりますよ、と言われそれさえクリアできれば今まで通り生活できる、というのであれば管をつけない選択肢があるのだろうか。あるかもしれないな。でも私の中にはなかったんだよ。


そして、1本なら可哀想じゃなかったとして、それが他の箇所に何本以上なら可哀想なのか。


そんなことに正解なんてない。

本人が明確な意思表示をできなければ、決断をくだすのは家族や周りの人間だ。

私と姉は、ここから父の命を秤にかけるのだ、それも何度も。


つづく

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

ヨシザワ ハル

介護、親の死。考えないようにしていたことと向き合った日々を書いていきます。

ヨシザワ ハルさんが次に書こうと思っていること

|

家族・育児のタグがついたストーリー

【5話/薄れる冒険者としての自我】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

第164章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~1:高校時代まで~

Best wishes for your 20th Birt

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

【2話/ゆとり世代】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

【プロローグ/佐藤さん】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

何年もこの症状なんだから少しは理解してよね。

何故、猫はパソコンやゲームをしている時に邪魔をしてくるのか?

猫の花粉症!?シロの苦悩

救急車は生命の危機以外では呼ばないでと、救急車を利用したときに某総合病院で言われた話。救急車を呼ぶのはこんなときの3つのポイントを学んだ話。

サバサバ系の妹が大泣き!!看護学校から見えてきた人材育成の問題点について大学生の僕が考えてみた。

動物が人間に与える癒し効果を考える

二匹の猫が教えてくれた攻略法

猫の肉球の感触を調べてみる

ヨシザワ ハル

介護、親の死。考えないようにしていたことと向き合った日々を書いていきます。

ヨシザワ ハル

介護、親の死。考えないようにしていたことと向き合った日々を書いていきます。

ヨシザワ ハルさんの他のストーリー

  • 【第8話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

  • ヨシザワ ハルさんの読んでよかったストーリー

  • 社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(最終回)