フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第31話

このエントリーをはてなブックマークに追加
31

《これまでのあらすじ》初めて読む方へ

あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店のナンバーワンを目指していたが、恋心を抱きつつあった店のチーフマネージャー佐々木が店を辞めショックを受ける。そんな矢先、佐々木からの店を取り仕切る立場の玲子に裏切られていたことを聞いた桃子は、玲子をいつか見返すことを誓い、半ば陥れるやり方で、一位の座を手に入れた。取り巻きたちとホスト遊びなどするようになった桃子は、シンヤという1人のホストに出会う。そして彼に誘われ、初めて店の外で会う約束をする。




「ホントさ、最近思うんだ。

  この世界じゃないところで桃子に出会いたかったなって」



シンヤは、改まったように私を見据えてから

いつも以上に低いトーンの声で言った。


その瞳には少女漫画か、とツッコミみたくなるような

キラキラ星がいくつもありそうだった。


こんな風に少し残念そうに笑うシンヤに

彼を指名するオバサマはとろけまくっちゃうんだろうか…


私は、そうだねと言い、彼に調子を合わせ残念そうに微笑み

ストローに唇をあてカクテル吸った。


内心は、ホストのくせに純情ぶっちゃってと

それまでの疲れもあって半分シラけた気持ちだった。




私たちは当時、若者の間で流行っていたビュッフェスタイルの

イタリアンでたらふく食べた後、ゲーセンでバカみたいにお金を使った。


シンヤは自称ユーホーキャッチャーの名人らしく

1時間あまりで両手で抱えきれないほどの商品をゲットした。

急遽100円ショップで一番大きい袋を購入したが

それでも入りきらないくらいだった。

ほんの気まぐれでショーケースを見つめていた私に

シンヤはその中の商品いくつも取ってくれた。

一番大きいもので有名キャラクターのカーペットがあった。

後はほとんどヌイグルミだ。

私は既にヌイグルミなど好きな年齢ではなかったし

これ全部、杏のために取ったんだよと言われても

正直、嬉しくなかったが、私を喜ばそうと張り切るシンヤを

見ているうちにペースに巻き込まれ、無邪気に喜んでいた。


私たちは、そんなどうしようもない戦利品を抱え

この居酒屋に落ち着いたところだった。

シンヤは普段、小洒落たBARなどには縁がないらしく

入る時、しきりに気にしていた。


私は連日、同伴する客に超一流の料亭や、寿司屋、フランス料理などに連れて行かれるので

逆にこのような大衆居酒屋が新鮮さを感じるくらいだった。


そして注文したカクテルが揃ったところで

シンヤの冒頭のセリフを聞かされたと言うわけだ。




伏し目がちな視線を彼に戻すと

意外にも、まだ彼の視線は私に向けられていた。


何だか充血しているような目だった。

この夜、彼が何杯飲んだかもう分からなかったが

ウォッカなどアルコール度数の強い酒を煽る姿を

何度も見たような気がする。



「どうかした?」



私が言うとシンヤは、瞬きもしないで言った。



「杏はさ、どうして俺に自分の店に来いって言わないの?」



「え…それは」


私は言葉に詰まった。

客は大勢いるし、ホスト通いはただの遊びと割り切っていた。

そこでシンヤにたまたま出会っただけであって

自分の店にも来て指名してくれだなんて思ったこともなかった。


いや、それだけだろうか…?



「だってさ、私がシンヤ指名して、シンヤも私を指名だなんて

   考えたら変だよ?私が一方的に会いに行けばいいじゃない」



「ホントは俺に顔出して欲しくないんじゃないの?

   なんたって 杏は、 パテオのナンバーワンだもんな〜」


そこには、わずかな皮肉が込められていたが

私は知らん顔してタバコを取り出した。



シンヤがライターを手にしたが

私は手をかざし、今夜はそういうのいいから

と笑った。

そっか、とシンヤも笑う。 



「なんか変だよ、今日のシンヤ」



「いや、俺、今こうしてパテオのナンバーワンとデートしてんじゃん。

   すごいなーと思ってさ」


シンヤはまた私を真正面からじっと見つめている。

私は構わず豪快に煙を吐き出した。


シンヤを客として見ない理由が

と何となくわかる気がした。

言葉にできないけど。




その時だった。



シンヤの目からツーっと光るものが流れた。


それが涙と分かるまで少しかかった。


シンヤがジャケットのポケットからハンカチを出して拭っている。



「な…なに、どうしたの?シンヤ」



「いや、俺もビックリしてる。うわ、また出てきた」



シンヤがハンカチで目を抑えているのを

私はあっけに取られたように呆然と見ていた。



シンヤは目を潤ませながら、苦笑した。



「おかしい、マジ涙腺壊れたかも」



「どうしたの?!  なんかあったの?」



いや、さすがに飲みすぎた

と言って彼は首を横に振った。


「杏てさ、もともと優秀な学生だったんでしょ。

  なんでキャバなんかで働くの?」



「え…」



「俺なんか馬鹿だから、受けた大学全部落ちまくってさ。

  色々やったけど続かなくて、先輩の紹介でこの世界は入ったけど

  それでもこんな仕事でたまんねえって思うときあるよ。

  これでもさ、ハートは綺麗に残してんだ。オレ流っ言うのかな

  そういうポリシーみたいなもの大事にして生きてるつもりでさ」



カクテルのせいか、シンヤの言ってることが分からなくなってきた。


黙ったままの私をチラと確認してからシンヤは言った。



「杏、一緒にやめない?」



私は、顔を上げてシンヤの目を見た。

先ほど以上に熱く潤んだ眼差しをしている。

怖いほどだった。



「…な、何言ってんの?」



「本気だよ、俺! 杏とならやり直せる気がするんだ。

  金と時間持て余して、男に相手してもらいたくて来てる

  女たちと杏を同類に見られたくない、店の奴にも、誰にも…

  な!一緒にこの世界から抜け出そうぜ!」



「分からないよ、言ってること」


私がそうハッキリした口調で言うと

シンヤは小さく頷き、ははと笑った



「 だよな、唐突すぎか」


シンヤはシートにもたれ目を閉じた。

今夜はやっぱ飲みすぎたよと微かに笑って言った。

その姿勢のままタバコをくわえたので

私は、反射的に動いて先端に火を灯してあげた。

体に染み付いているいつもの習慣のように

ごく自然に



「さすが〜、俺より素早い動きだったよ今」


シンヤは笑って煙を吐き出した。


「さすがナンバーワンだー」



「シンヤこそ…」


私は静かな目でシンヤを見ていた。

シンヤは目を閉じていた。

宙を仰いでドーナツ型の煙を吐き出した。



「なんでホストなんかやってんの…」


シンヤは何も答えず、天井に顔を向けていた。

金髪に染めた前髪が長く、目が開いているのか分からなかった。

その角度だと端正な顔立ちが、いつも以上に際立って見えた。


嫌いだ…

私は、その上を向いたままの若い男に無言で言った。



自分だけ純粋でいたいだなんて

無知で身勝手で…

潔さのかけらもない

佐々木が、もしここに居合わせていたら

ナニ格好つけてんだよっ!テメーは!って

張り倒しかねない。


嫌いだ…

あんたなんて

ずっと中途半端でいればいいんだ


私も、目を閉じた。

酔いのせいか、宙に浮かびその中に溶け込むかのように

心地良かった。





彼と店の外であんな風にあったのは


あれが最初で最後だった


私は、彼の変に潔癖すぎるところと

押し付けがましさが嫌になり


彼を指名するのを止めた。


別に嫌いになったわけではなかった。

あの暑苦しいほどの眼差しから逃げたかったのだ。

あの目は私をナンバーワンとして尊重する目じゃなかった。


むしろ憐れみが込められていた。

大学のクラスメートたちと同じ目だった。


私は彼に制裁を与えたかった。

自分を思い上がるなという無言のメッセージのつもりだった。


そして、彼が反省した頃

また気まぐれで彼を指名しようかなと気軽に考えていた。


けれどそれこそが

思い上がりだったと気づいたのは

それから何年も経ってからだった。



以来、私が彼を指名することはなかった。



あの夜から数週間くらい過ぎた頃だったろうか


シンヤは、この夜の世界どころか

この世から、永遠にいなくなってしまったから。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみてね!

Yoshida Maikoさんが次に書こうと思っていること

|

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみてね!

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみてね!

Yoshidaさんの他のストーリー

  • フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第10話

  • Yoshidaさんの読んでよかったストーリー

  • ❼シングルマザー子連れで海外就職するまで。