OL hanacoの赤裸々ならぬ、黒裸々な世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
7

「お電話、ありがとうございます。」いかにも営業用の甲高いこでが響くオフィスは、私にいろんな感情を掻き立てる。


仕事が大好きだとは決して言えないが、もうちょっとやりがいのある仕事をしたかったと、たまに沸き起こる感情を、大好きな食べて愚痴を言い合うことでなんとか押し殺しながらも、社会人をなんとかやっている。

正解なんてないこの人生、でもまぁ、後悔は尽きない。あの時、この道を選ばなかったら。。。なんてことはもう悲しくなるくらい自分い問いてみたが、そっちの道を選ばなかった人生しか経験できない以上、その答えは永遠に出ない。

自分の過去を消し去りたい。それは今の自分とこれからの自分をも否定すること。そんなことをアドバイスされたことだってあるが、思っちゃうことは思っちゃう。そう簡単に割り切れたり、思いを変えれるのなら、苦労もしないし人生バラ色だ。そう、私は人生を後悔と凹みでいい感じに刺激を加えた人生を送りたいから、送っているようなものだ。

そんなちょいと腹黒いOL hanacoの赤裸々ならぬ、黒裸々な世界を、たまにでいいので暇つぶしにでもいいので、ちょっこし覗いていってください。



読んでくれてありがとう。

umisora hanaco

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

umisora hanacoさんが次に書こうと思っていること

|

umisoraさんの他のストーリー

  • 働き方