家族のコミュニケーション-その14  配偶者の親と付き合う

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

結婚生活で大きな問題になりやすいのは、配偶者の親です。

特に嫁、姑の確執はドラマにもなります。

 

なぜそうなるのか、どうすればいいのか。

 

ある妻の声:

夫の母は何でも私のすることが気に入りません。

事ごとに意見を述べ、私を非難します。

でも私の両親も夫を厳しく非難します。

お互いにとても憂うつになります。

 

ある夫の声:

母は最初から妻のあら探しばかり、誉めません。

妻の両親も同じで、私の欠点を誇張してはなします。

人を馬鹿にして笑いのネタにします。

 

確かに夫と妻、それぞれの両親の争い事は、ドラマにもよくなっています。

それほど日常的に起こっています。

笑いのネタになりますが実際はとても深刻です。

 

ある妻の声:

夫の母は何かと私たちの生活に口を挟んできました

私は夫にあたっていました。

夫は私と母の板挟みになって辛い思いをしています。

 

◆◆なぜそうなるのでしょうか◆◆

いくつも理由は考えられます。

 

大きな問題は嫉妬です。

若い妻と結婚した自分の息子が取られたと思うのです。

自分たちは脇へ追いやられて、息子のためにもう何も出来なくなった。

若いので家庭をきちんとおさめていけないと思うのです。

大切に育てた息子なので、もっときちんと世話してほしいと思うのです。

 

当然母親は若い妻より何でも上手に出来るでしょう。

出来て当たり前です。

若い妻の方が何でも上手に出来る事など期待する方が

どうかしてます。そんなことがあるはずはありません。

 

夫婦仲があまり良くない場合。

夫から依頼された母親は妻の欠点や問題点を探しに

やってきて、あることない事を言いたがるかもしれません。

時には離婚を望んでいるなど、ほのめかすかも知れません。

夫婦にとってはとても危険な存在にさえなります。

 

夫婦の問題を配偶者ではなく、それぞれの親に相談すると、

問題は深刻になります。

良いアドバイスはもらえるものの、

その分家庭の中が覗かれる事になります。

少なくとも、何かの説明が必要になったりして

干渉されているように感じる事になります。

 

 

◆◆具体例を考えましょう◆◆

【ケース1】

配偶者が何でも自分の親に相談する。

近くに住んでいるので、両親が毎日やってくる。

孫が生まれてからは、何かと干渉がひどくなった。

 

■関係する事柄:

夫も妻も自分の家庭を築きあげる責任があります。

親の家庭の延長ではありません。

全く異なる家族を築いて行くのです。

 

新築の家を建てるのであって、増築するのではありません。

これは経済的な独立も精神面、身体面、感情面での親離れを意味しています。

全く親とは違う家庭を作っていくと言う認識を持つこと。

すべて関係する人に知らせる必要があります。

 

親に対する態度が変化することになります。

もし親離れをしきらない夫がいたら、どうなりますか。

子離れしきらない親がいたらどうでしょうか。

 

■何ができますか。:

考え方の違い。自分の考え方と配偶者の両親の考え方が違うのです。

 

少し時間をかけて、観察してみます

観察日誌をつけてみます。

親の傾向が分かれば対策も分かります。

自分の好みのやり方とどこが違うかも分かってきますので

 

話し合う際の資料になります。

 

相手の間違い探しではありません

問題視して、攻め立てる材料にするわけでもありません

そんなことをしてはなりません。

 

もっと大人の対応をしてみましょう。

 

親の事で夫婦がいつも争うようだとしたら、

それは親の問題ではなく、夫婦の問題だと言えます。

夫と妻も全く同じ考えではないでしょう。

ですから、お互いに観察ノートをつけて、

それぞれの調整を図ってみて下さい。

傾向と対策をいたしましょう。

 

問題は冷静に扱うほど良い結果になります。

感情的になると失敗する場合が多いです。

観察ノートをお互いに見せ合ってみる。

配偶者の観点で物事を見るように努めます。

何でも一緒に問題に取り組みましょう。

夫の問題は妻の問題でもあります。

 

妻の母親、父親と自分がうまくやっていけない時には

妻が夫を援助できます。

決して自分の両親の方を持ったり、一緒になって夫を責めたりしません。

 

 

【ケース2】

夫の両親と同居しています。

家も小さいので、すごく干渉されています。

実際にノイローゼになりそうです。

お料理、掃除、洗濯ものの干し方、

なんでもお互いに「合わない」と実感しました。

 

■関係する事柄:

ハッキリしているのは、親の家庭の延長にあるのではありません。

全く別の家族を築いているのです。

そのことを両親に伝えて、別々の考えであることを理解して貰う。

親が自分たちの意見を押し付けてくる場合

同居しているゆえに、問題がそう簡単ではない。

お互いに歩み寄る努力も必要になってきます。

 

■何ができますか。:

全く別の家族であることを理解して貰う。

干渉する部分とそうできない部分に切り分けて考える。

親の動機を見極める。嫌がらせなのか、誠意なのか。

よく話し合う事はより重要です。

何でも話し合いで解決できると信じる事。

時間をかけて、何度も何度も話し合ってみて下さい。

きっと妥協点を見いだせます。

話し合いの目的は良い関係を築くことです。非難しあう事ではない。

勝ち負けを決めるわけでもないので、良い関係、友になる努力をする。

親として両親に敬意を払いつつ、言うべきことは言う努力。

親が必要以上に干渉してきたときにどう対応するかを決めておく。

 

 

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

もも と つばさんが次に書こうと思っていること

|

家族・育児のタグがついたストーリー

2016年4月4日 滞在リミット4時間で地元警察のお世話になる

2015年12月 ばあちゃんの入院

2014年9月 帰省 果たして許すとは何か?

私の妹は辻調理専門学校の講師を経て、大好きなディズニーランドのウェルカムセンターでバイトするために正社員をやめる。そのために一時期姉の私と二年同居した話。

2014年9月 帰省 そして対峙すべき者

2014年9月 帰省 ばあちゃんとの再会

2014年9月 帰省 序章

2014年9月 帰省 妹の顔が分からない

ぼーっとしたい。けどママにはぼーっとする時間はない。週末、祝日はデジタルデトックスする方法。緊急や出欠以外のLINEを休日に休んでみた話。

苦しい時期の乗り越え方?

物に魂が宿ります「お気に入りのお弁当箱との別れ」

ママは強いというけど、強くならざるを得ない話。働くなら保育園(でも正社員じゃないと入るのは難しい)預かり保育のある幼稚園にいれてもママが働く大変さは変わらない。入園式では先生を待遇のいい都内に引き抜かれた園長先生が幼稚園の経営の大変さを語った話。

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

猫に与えちゃいけない物!

もも と つばさんの他のストーリー

  • 家族のコミュニケーション-その9  たたかれる夫