理想の自由な結婚生活に至るまで。その2

このストーリーは冨永 あゆみさんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!

このストーリーを聞きたい人:

  • Collins Kazu
このエントリーをはてなブックマークに追加

冨永 あゆみさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

まとめ:今回の体験で分かった人生を変える3つのからくり|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

僕がお金をたくさん稼ぎたいと思っている理由

大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。

[あとがき]友人Bの死が、俺に与えてくれた物

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

24歳ナースが、インドでチフスになった話

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

コーギーと過ごした3494日と12時間くらい。うちに来てから旅立つまでの毎日。

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

広汎性発達障害と言うものも知ってから変わったこと

冨永 あゆみさんの他のストーリー

  • アメリカ留学した17歳のはなしpart.1

  • 冨永 あゆみさんの読んでよかったストーリー

  • 壊れたゲーム機を回収して年商3億円の事業を立ち上げた話