私立理系の大学で休学を試みて失敗したが、大学への価値観が変わった話

このストーリーは悠司 柴田さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる

悠司 柴田さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(2)

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

32歳で「ものかき」として生きていくと決めた。会社を辞め、東京を離れ、33歳になった僕は今、こんな風に生きています。

初めての海外旅行13

《5話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

自分らしくを大切にする人生 その13 ~カミングアウトの決裂から10年以上、ある朝母がLGBTを兄に語り始める~

自分らしくを大切にする人生 その8 ~ガラクタ整理で人生が好転。体調を崩し、JICAを辞め、将来の展望が持てない不安な時期から、一転、ガラクタ整理師となり、本を3冊出版することに。~

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 最終話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 第三話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの一年間 第二回

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間

『1級身体障害者』が『自殺』をする為に全国を旅した話

不動産投資をやると決めた(5)とにかくやってみて分かったこと

悠司 柴田さんの読んでよかったストーリー

  • 日本一厳しい所に四日間行ったら、悩みがなくなって最高に幸せになれた話