【第23話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

▲他22件のストーリー
【第23話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。
▼他1件のストーリー
6

「胃ろうをしない」という選択

私達は、胃ろうをしないという決断をした。

決め手となったのは、父本人の意思だった(と思いたい)。


父が食事を摂れなくなり、何度か病院へ検査をしにいったのだが、そのうちの1日のことだった。

検査までしばらく待ち時間があり、施設から付き添っていてくれた看護師さんとも胃ろうの相談をしてたりしたのだが、ちょうど看護師さんが施設に電話連絡をするため席を外し、ストレッチャーに寝ていた父と二人になった時があった。


父の認知症はなかなかに進んでいて、会話のキャッチボールもままならない事が増えていたが、それでも普通に会話できるときも勿論あったので、思い切って父に聞いてみたのだ。

自分
父ちゃん、ご飯食べるのしんどいかい?もし父ちゃんが希望するなら、胃ろうって方法もあるよ。
???
自分
胃ろうってね、お腹を少し切って、そこに管を通して、胃に直接栄養を入れるんだよ。そこできちんと栄養とれて元気になれば、また口からご飯食べられるようになるかもしれない。

すると、父はいやそーーなをして、首を横に振ったのだ。

自分
わかった、父ちゃんの嫌なことはしないから、やらない。安心して。

話の内容を半分も分かってなかったかもしれない。病院で話したから、今すぐに手術されると思ったのかもしれない。私の見間違いかもしれない。

でも、私は父の意思を受け取ったと思った。

その後、姉にこの時のことを話し、姉は信じてくれた。

こうして、この先何度も胃ろうの選択を聞かれることがあったが、私達は「しない」を貫いた。

ここだけは、これまでもこれからも、絶対後悔しない。


そして、父は秋に「奇跡の復活」を成し遂げる。


つづく


読んでよかった
このストーリーをブログ等で紹介する

ヨシザワ ハル

介護、親の死。考えないようにしていたことと向き合った日々を書いていきます。

ヨシザワ ハルさんが次に書こうと思っていること

|

家族・育児のタグがついたストーリー

中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

 文部科学省選定ドラマ「愛を乞うひと」を観て感じたこと

長野の思い出の味

3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関すること。

地下1階から11階へ ~フリーターから3年で会社社長になった弱虫バンドマン~【プロローグ】

現実から逃げちゃだめだ。とはいえ、年末は真田丸とバックトゥーザフューチャーで現実逃避をしていた私だ。そんなメルブ調で語る勇者ヨシヒコも好きな話。

【第24話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

【第23話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

【第22話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

家族のコミュニケーション-その22  家庭の平和を促進する

家族のコミュニケーション-その21  負債に対処する-その2

家族のコミュニケーション-その20  負債に対処する-その1

家族のコミュニケーション-その19  言い争いをやめるには

家族のコミュニケーション-その18  “だんまり戦術”を回避する

家族のコミュニケーション-その17  相手の話をよく聞く

ヨシザワ ハル

介護、親の死。考えないようにしていたことと向き合った日々を書いていきます。

ヨシザワ ハル

介護、親の死。考えないようにしていたことと向き合った日々を書いていきます。

ヨシザワ ハルさんの他のストーリー

  • 【第4話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

  • ヨシザワ ハルさんの読んでよかったストーリー

  • 自分では上手くやれていると思うすべての人たちへ