子どもたちと里山保全の活動

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

 児童養護施設の子どもたちと一緒に里山保全の活動に参加しました。

森の間伐の手伝いやゴミ拾いなど里山の自然を守るだけでなく、落ち葉で焼き芋をする楽しいイベントもありました。

自然とふれあい、思いっきり楽しんだ子どもたちは、みんな表情が生き生きと輝いていました。

ボランティアは自分たちも元気になれる活動だと実感しました。

その楽しさを他の人とも共有できるよう、これからも参加を続けたいと思います。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

若けりゃヨシ男と白馬の王子を待ち望むアラフォー女性【エピソード1 若けりゃヨシオの実態】

つづき…

⑪ 無一文で離婚した女が、女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「ああ、肌色が消えていく」

星空の絨毯の下で出会った第2の家族 in オーストラリア

雑誌を作っていたころ(60)

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

総額6万円の吉原高級ソープの原価計算

普通の主婦の普通じゃなかった半生 15 (実話自伝)登校拒否〜身障者〜鬱病からダイバーへ

マタニティマークの話。

飲んだ帰りに紛失したパスケースを警察に届けてくれた人がお礼を要求してきたので会いに行ったら恐ろしいことが起きた

キャバ嬢の本性4つ

時効だから話す殺人事件 第五回

@SOHO創業者が語る、『順風満帆の人生を送っていると思われている私が、実は結構”失敗”と”挫折”を経験してきた話』

中度難聴だと知って変わったこと

水田 昌宏さんの他のストーリー

  • 知っているつもりだった

  • 水田 昌宏さんの読んでよかったストーリー

  • 3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その1