受験学(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加
6

受験学(4)

  第三章

  では、自分で全ての計画を立てるしかない。つまり、参考書や問題集を用意して自分で勉強を始めるわけだ。すると、

「学校の宿題や課題に追い回されて、それどころじゃない!」

 という声が聞こえる。

「クラブで忙しいから、勉強時間が確保できない」

 という声も聞こえる。

 塾生の子からも、よく聞く声だ。

 しかし、考えて欲しい。

「どうして宿題をやらなければいけないのか」

「このままクラブを続けていて志望校に合格できる順位に到達できるのか」

 と真剣に考える必要がある。

http://storys.jp/story/18470

   ところが、方法論など既に分かっている。数学なら、「チャート」「1対1」「チェック&リピート」などを2週ほどやり、志望校の赤本で仕上げる。その間に、時間があればZ会をやり河合や駿台の模試を受ける。

 やることはみんな同じだ。よく言われるように「何をやるか」ではなくて「どう使うか」や「どれだけ思いいれがあるか」が全てだ。だから、講師は教科内容について一流の知識と指導方法を身につけているだけでは不十分。

 人として、どのように生きてきたか、生きているか。それを生徒は見ていて、見習う。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブンさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

winbest設立から1年がたってみて思ったこと

自己犠牲野郎の戯言(たわごと)【其の二・完】

24歳ニートの僕が、謎にインドネシアに行って社長になるまでの話。後編

24歳ニートの僕が、謎にインドネシアに行って社長になるまでの話。前編

28歳大学生で入学した僕が32歳新卒採用で内定を6つもらう奇跡(実話)体験談編

幸せのしっぽ

小さな花屋の小さな話 1

ストーリーを人力でお届けする『デリスト!』はじめました!

大卒1年のサラリーマンが100万円で飲食店を起業した秘話

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

わたしは入社1日目で転職を決意した。

第2話 不思議な力【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

第1話あーすじぷしー【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

ソーシャル上で呼びかけたら、あっという間に夢が叶った

年収3億円の美人女子大生メンターの教え

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイさんの他のストーリー

  • オータムブリーズ(強い人)

  • キョウダイさんの読んでよかったストーリー

  • (6位)、第七十一章 英検1級に合格すると、世界はどう見えるのか?