受験学(7)

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

受験学(7)

 第六章


   私も十代の頃は、女子に心をときめかせたものだが、娘を持ち、受験指導をするようになって女子のドライさに驚かされることが多い。優秀な女子たちは

「自分より勉強ができない人とつきあうのはチョット・・・」

 と言う。もちろん、収入も一定以上でないとイヤだと言う。当たり前かもしれないが、男子には厳しい条件だ。

 実際、各種調査を見ると収入が低い男性は未婚率が6割にもなる。金持ちは、1割くらいしか独身はいない。どんな男子に女性が近づくかは、明らかだ。

   年収が低い男性ほど、未婚率が高いというリニア(直線的)な傾向が認められます。年収200万未満のワーキング・プア層では、未婚率は6割近くにもなります。収入が上がるにつれそれは下がっていき、年収800万超のリッチでは1割前後です。

 私の塾生で、優秀な子たちは自分に不都合な事実にも目をそむけない。勉強ができない子たちは、自分に都合の悪い話には耳をふさぎ、目をふさぐ。そして、にっちもさっちも行かなくなってからジタバタする。手遅れなのに。

 具体的に言うと、解けなかった問題があると優秀な子は当たり前のように見直し帳のようなものに書き写して復習する。ダメな子は答えだけを先生に尋ねて書き写したら、それで復習した気になる。ヒドイ子は、やりっ放しというわけ。

 私は注意をしない。10年以上かけて身についた習慣を直させるには10年かかる。手遅れなのだ。注意すると、言い訳や反論ばかり。そんなんだから訂正ができなかったわけ。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブンさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

新しい教育の形!コメントぜひください!

高校中退して絶望していた少年が、ハワイ大学、自転車日本一周、英検1級取得、アメリカ放浪を経て伝えたい、生きるという話

自分を大切に扱うと起こる人生の変化について

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

ある小さな女の子の生きた姿

一番死にたくなる日、9月1日ー子どもたちに逃げ道を

TOEIC, IELTS満点でも意味がない!オックスフォード大学で通用しなかったゆとり世代の日本の英語教育!

大手財務コンサルティングの内定を取り消して、年収やキャリア採用を捨てた理由

ボクと彼女と就職活動

ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。

【色覚異常の話】周りの人達には、どうやら虹が虹色に見えるらしい。

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

インド滞在時に「詐欺被害に気をつけろ」との記述を読み、敢えて実際に試してみたら、素晴らしいドラマが展開された話 ~話せばわかる~

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

本氣で生きる人たち

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイさんの他のストーリー

  • (10位)文系人間に、数学講師ができるのか?

  • キョウダイさんの読んでよかったストーリー

  • (6位)、第七十一章 英検1級に合格すると、世界はどう見えるのか?