看護師として生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加
5

勤務。



地元の病院で



オリエンテーションを受けた。



同期には準看護師の子がいた。



同世代だか、



正看護師と準看護師。



何か見えない壁があった。



病院には年配の看護師が多く、



7割が準看護師。



そんなおばちゃん達の目は冷たく、



嫌な感じだったのを覚えてる。



何も出来ない



ただ資格だけある私が、



本当にうっとおしかったんだろうと思う。



白衣を貰って勤務初日。



職員全員の前で自己紹介。



「あー、これが仕事か。」



って思った。



靴下はルーズソックスだったけど。



そこから、仕事を教えて貰う看護師も



準看護師の人だった。



とにかく業務優先で、



早く使えるようになれ!と言う感じが



ひしひしと伝わって来た。



私の仕事は、



とにかく注射を出来るようになる事。



毎日毎日の日勤は



毎日毎日注射責任者と書いてあった。




業務別看護だったから、



1人1人の看護師に割当てられた仕事があり



「処置責任者」

「バイタルサイン担当」

「注射責任者」

あとはリーダー業務の人。



私は朝仕事に行くと、

30cm×40cmくらいの銀のトレイの中に


名札の付いたアンプルが山ほどあり、


それをガラス注射器に詰めると、


15本くらいにはなる。


5~50ccまで様々。



それを順番に患者さんに打って行く。


「翼状針は使わないでね。コストかかるから。」


と先輩看護師に言われる。



こんな量を普通の注射針で刺すなんて


しかもガラス注射器…。


熟練した看護師なら出来る技だが、



私みたいな新人には到底無理。


ガラス注射器は少し傾けるだけで、

注射針から薬剤が漏れて来たり、

反対に傾ければ

ガラスの内筒が落ちて来たり…


それはそれは扱いには技がいる。



何本注射器を割り…


何回ズル休みしたかわからない…。



だって、



「いつまで(時間)かかってんの!!」

「また割ったの!?」



って怒られてばっかりなんだもん…。





読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私が「ストーリーカウンセリング」を立ち上げるまで 【あなたの人生も必ず何かに導かれている】

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(2)

ソフトバンクの孫社長に個別コンサルしてもらったら。気がついたら起業してた話。

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

医療事務でのイジメで人間をやめようと思った日の記憶

「安定していけば、生涯年収2億円」僕は大学を辞めることを決めた。

〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜【第一話】『うつ病になった日…』

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

共感覚から見た「 不安 」と「 希望 」の色

【地球の裏側で元ホストと旅をして学んだ魔法の言葉】

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

典型的なコミュ障理系院生だった自分が某大手お菓子メーカーの飛び込み営業チームのリーダーとしてなんとか一年間務め上げた話 その①

Kaoruさんの他のストーリー

  • 看護師として生きる。